人生の教科書



就職活動

面接官が見ている
30のポイント

お気に入り3 読んだ
3

面接の受け答えは、
クイズではない。
就業意欲を伝える場。

面接の受け答えは、クイズではない。就業意欲を伝える場。 | 面接官が見ている30のポイント

面接の答え方を難しく考える人がいます。

 

たとえば「職場の雰囲気とやりがいのどちらが大切ですか」という質問があるとします。

あなたなら、どう答えますか。

一見すると、どちらも重要で、選ぶのが難しく感じるでしょう。

 

しかし、選ぶのが難しく感じるのは、正解を求めているからではないでしょうか。

ここに誤解があります。

正解を考えるのは、試験勉強の影響です。

面接の受け答えは、クイズではありません。

面接官に迎合する場でもありません。

あくまで、就業意欲を伝える場です。

  • 「私にはこんな強みがある。この強みを生かして御社に貢献したいので、働かせてほしい」

就業意欲を面接の受け答えを通して伝える場なのです。

採用するかどうかを決めるための面接ですから、自分の強みをしっかりアピールして、就業意欲を伝えなければいけません。

したがって、就業意欲を自分らしく伝えられる選択なら、どちらを選んでもいいのです。

面接官からの評価を気にしません。

難しく考えず、どちらが自分にとって能力を発揮しやすいか、素直に考えてみましょう。

職場の雰囲気のほうが自分の能力を発揮しやすいと思うなら、職場の雰囲気を重視します。

 

一方、やりがいのほうが自分の能力を発揮しやすいと思うなら、それも正解です。

正解は、常に自分の中にあるのです。

まとめ

面接官が見ているポイント その3
  • 面接は、
    クイズではなく、
    就業意欲を伝える場と考える。
面接官が、能力より重視していることとは。

もくじ
(面接官が見ている30のポイント)

同じカテゴリーの作品