人生の教科書



就職活動
丸刈りは、面接に不利なのか。
就職活動
圧迫面接で避けたい、5つのリアクション。
就職活動
親の職業や会社名について質問されたときの答え方。
就職活動
面接官を怒らせてしまったときの対処。
就職活動

面接官が見ている
30のポイント

お気に入り1 読んだ
15

自由で正直な発言とは、
面接官の気持ちや場の雰囲気を無視することではない。

自由で正直な発言とは、面接官の気持ちや場の雰囲気を無視することではない。 | 面接官が見ている30のポイント

面接では、自分の正直な気持ちを伝えることが大切です。

自分を正しく理解してもらうためには、思ったことや感じていることを、正直に表現することが大切です。

 

さて、こんな話を聞くと「自分が思ったことなら、何でも自由に発言すればいい」と解釈する人がいます。

それは少し違うのです。

自分が思ったことを何でも自由に発言すると、どうなるでしょうか。

失礼な態度や発言をしてしまい、相手を不快にさせるでしょう。

話す内容ばかりに気を取られ、空気を読むこともおろそかになるでしょう。

結果として、自分勝手で一方的なコミュニケーションになるのです。

これではいくら自由で正直な発言とはいえ、人間関係にひびが入ります。

面接官をおだてる必要はありませんが、相手の気持ちや場の雰囲気を完全に無視するのもよくありません。

結局のところ、面接もコミュニケーションです。

私たちが普段会話するとき、相手の気持ちや場の雰囲気を考えながら会話をしますが、それと同じ。

面接でも、面接官の気持ちや場の雰囲気を考えながら会話をするものです。

コミュニケーション能力は、一朝一夕で身につくものではありません。

相手の気持ちや場の雰囲気を考えながら会話をするのは、普段の会話の積み重ねです。

つまり、普段の会話が、面接の練習の一部にもなっているわけです。

自由で正直な発言は、あくまで面接官や雰囲気を考えた上で心がけましょう。

面接官の気持ちや場の雰囲気を考えるからこそ、より適切な態度や発言ができるようになるのです。

まとめ

面接官が見ているポイント その15
  • 面接官の気持ちや場の雰囲気を考えた上で、
    自由で正直な発言をする。
一言で終わる回答なら、もう少し具体的な説明を加えたい。

もくじ
(面接官が見ている30のポイント)

同じカテゴリーの作品