人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
就職活動
最終面接の最後の質問は、経営に関する質問をすると好印象。
就職活動
「最後に何か質問はありますか」と聞かれたときの答え方。
就職活動
面接が終わった後の反省が大切。
就職活動
面接官の質問には、必ず意図がある。
就職活動
なぜベテランの面接官は、同じ質問を2回繰り返すのか。
就職活動
質問の適切な回答時間とは。

面接官ている
30ポイント

お気に入り3 読んだ
29

最後質問は、
面接官記憶りやすい

問の中でも侮れないのが、最後の質問です。

もちろん自己PRや志望動機も大切ですが、最後の質問には、ほかにはない、特別な重要性があります。

それは「余韻が残りやすい」という特徴です。

友達と会話をしたとき、別れ際の一言が印象に残りやすいのと同じです。

後に続く会話がないため、最後の一言が頭の中でこだまして、意味が何倍にも強調されます。

その結果、記憶にも残りやすくなるのです。

面接で「最後に何か質問はありますか」と聞かれたとき「特にありません」と答えるのは好ましくありません。

面接中の受け答えが立派でも、最後の質問で印象が悪くなると、就労意欲が足りないと、誤解されやすくなるでしょう。

後味が悪い余韻が続くのです。

逆に、自己PRや志望動機がいまいちでも、最後の質問で印象を改善できるチャンスもあります。

立派な質問ができれば、好印象の余韻がしばらく続き、応募者の印象を改善します。

最後の質問も気を抜かず、しっかり答えましょう。

質問内容は、就労意欲が伝わるような内容がおすすめです。

 

たとえば、作業内容の進め方、チーム構成など、具体的な仕事内容などです。

そのときに気づいた疑問を質問するのもいいですが、事前に聞きたい質問を考えておくほうが安心です。

後味のよい余韻を残せば、面接を気持ちよく締めくくれます。

面接官が見ているポイント その29

  • 後味のよい余韻すために、
    就労意欲わる質問準備をしておく
面接官の反応が悪かったのにもかかわらず、内定になる理由とは。

もくじ
(面接官が見ている30のポイント)

同じカテゴリーの作品