人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
就職活動
10年後の自社について質問する、面接官の意外な心理とは。
就職活動
親の職業や会社名について質問されたときの答え方。
就職活動
分からない質問は、無理に答えないことも礼儀。
就職活動
採用活動する側が最重視するのは、やはり面接。

面接官ている
30ポイント

お気に入り1 読んだ
25

なぜ面接官は、
アパート家賃質問するのか

なぜ面接官は、アパートの家賃を質問するのか。 | 面接官が見ている30のポイント

接で意外と質問されるのが、住んでいるアパートの家賃です。

  • 「今住んでいるアパートの家賃は、いくらですか」

アパートの家賃と採用は関係ないと思いますが、もちろん無意味に質問しているわけではありません。

この質問にも、きちんと意味があります。

なぜ面接官は、アパートの家賃を質問するのか。

それは、応募者を採用した後の生活を心配しているからです。

企業によっては、試用期間が設けられていることがあります。

試用期間とは、本採用の前、試験的に一定期間働かせ、職務能力を判断する期間です。

見習い期間に近いと考えてもいいでしょう。

特に試用期間を設けている企業では、初任給の低さが目立ちます。

まだ正社員ではないため、最低賃金、かつ時給で計算されるのが一般的です。

たとえ正社員で入社したとしても、新人としてしばらくの間は、低い給与が続くでしょう。

雇ってから数カ月間・数年間は、貧乏な生活になることが予想されます。

生活費の中でも、特に大きな比重を占めるのは、家賃です。

「家賃は、手取り給与の3分の1以下に抑える」という基準が、世間の相場です。

応募者を採用した後、低い初任給で生活ができるかを心配して、面接官は家賃を質問するのです。

言い換えれば、この質問をする面接官は、配慮のある優しい面接官とも言えます。

家賃は正しく答えましょう。

「高い家賃ではないか」と指摘されたときは、家賃の低い物件への引っ越しについて、話を持ち出すといいでしょう。

具体的な計画は未定でも、そういう話を持ち出すだけで、面接官の心証は良くなります。

節約する生活を心がける決意を見せれば、面接官の心配を取り除けます。

実際のところ、働き始めてしばらくの間は、貧乏な生活が続くはずです。

新入社員の間は、できるだけ生活の維持費を下げておくのが賢明です。

面接官が見ているポイント その25

  • 面接官アパート家賃について質問する意味理解する
なぜ面接では、ストレス解消法をよく聞かれるのか。

もくじ
(面接官が見ている30のポイント)

同じカテゴリーの作品