人生の教科書



読み上げ動画・音声
就職活動
面接で、ドアを開けたときの視線が重要。
就職活動
入室マナーの10ステップ。
就職活動
豪華な社長室や応接室には、特別なマナーが存在するのか。
就職活動
なぜ面接では、ストレス解消法をよく聞かれるのか。
就職活動
面接官を怒らせてしまったときの対処。
ビジネスマナー
濡れた手のまま、トイレから出てきてはいけない。

面接官ている
30ポイント

お気に入り2 読んだ
7

面接室ドア最初からいている場合
ノック必要

接室に入室する際、ドアが閉まっているとは限りません。

場合によっては、面接室のドアが最初から開いている場合もあるでしょう。

あるいは、そもそもドアのない部屋もあるはずです。

面接室の入室といえば、ノックが基本ですね。

欧米の映画では、ドアが開いていても、わざとノックして、入室を知らせる場面を見かけることもあります。

 

さて、面接室のドアが最初から開いている場合、ノックは必要でしょうか。

基本的に、不要です。

ノックの意味とは本来、ドアを開けて、入室を知らせる合図。

「ドアを開けます。入ってもいいですか」というサインです。

最初からドアが開いている状態なら、開ける合図の意味がないため、不要なのです。

 

ただし、完全に無言で入室するのはよくありません。

名前を呼ばれたら、大きな声で「はい」と言います。

入り口の手前で一度立ち止まり「失礼します」という挨拶とお辞儀をしてから、入室しましょう。

退室する際も、最初からドアが開いたままなら、締める必要はありません。

不安があれば「ドアは閉めたほうがよろしいでしょうか」と尋ねてもいいでしょう。

この考え方は、ドアのない面接室でも同様です。

面接官が見ているポイント その7

  • 面接室ドア最初からいている場合
    挨拶とお辞儀をしてから入室する

同じカテゴリーの作品