人生の教科書



読み上げ動画・音声
就職活動
なぜ、荷物置き場のない面接が多いのか。
ビジネスマナー
テーブルの上に、バッグを置かない。
就職活動
必要最小限の荷物が好ましい。
旅行
ロストバゲージを防ぐ簡単な方法。
就職活動
都合上、余計な荷物がある場合、面接に持参してもいいのか。
デート
男性は、荷物運びを手伝った女性を、好きになる。

面接官ている
30ポイント

お気に入り2 読んだ
11

荷物置がない場合の、
カバンコート

接では、荷物置き場がない状況が珍しくありません。

「荷物置き場くらい準備するのが当然」と思いますが、そこには裏の意図があります。

面接は、応募者の礼儀作法を確認するのが役目の1つ。

企業は、荷物置き場がない場合の応募者の対応を見るため、わざと準備しない場合があります。

 

さて、荷物置き場がない場合、カバンやコートは、どこに置けばいいのでしょうか。

  • カバン

カバンは、椅子の上に置いてはいけません。

カバンは地面に置くのが前提であるため「カバンの底も汚れている」というのが、一般的な認識です。

当然ですが、テーブルの上は言語道断です。

たとえ誰も座っていない椅子でも、許可がないかぎり、勝手に置くのは控えたほうがいいでしょう。

カバンは、椅子の横に立てておきます。

就職活動でカバンを選ぶ際は、できるだけ立てられるタイプを選ぶのが賢明です。

もし、立てられないカバンでなければ、椅子の脚に立て掛けておきます。

  • コート

コートは、荷物置き場がなければ、椅子の背もたれにかけましょう。

面接中は、椅子にもたれないのが原則ですから、大きなしわにはならないはずです。

もし、背もたれのない椅子なら、コートをたたんで膝の上に置きます。

  • そのほかの手荷物

そのほかの手荷物は、荷物の種類にもよりますが、カバンと同様、椅子の横に置くのが一般的です。

 

ただし、椅子やテーブルの上に置く必要のある状況があれば、面接官の許可を得てから、置かせてもらいましょう。

面接官が見ているポイント その11

  • 荷物置がないときのカバンコート理解する
面接官からいただいた名刺は、どうすればいいのか。

もくじ
(面接官が見ている30のポイント)

同じカテゴリーの作品