人生の教科書



読み上げ動画・音声
就職活動
正社員ではなく、アルバイトとして働いてほしいと言われたときの答え方。
投資
若いころの、時給のアルバイトには要注意。
就職活動
アルバイトの経験談は、目立ちにくい。
就職活動
アルバイトから正社員になるのは、どのくらい難しいのか。
就職活動
アルバイトに励んでいたことをアピールするときの注意点。
生き方
アルバイトを経験して、社会と仕事の実情を知る。

面接官ている
30ポイント

お気に入り1 読んだ
20

学生時代頑張ったこととして、
アルバイト紹介してもいいのか

生時代に頑張ったこととして、アルバイトを紹介できます。

アルバイトも、立派な社会経験の1つ。

アルバイトを通して得た学びや気づきなども多く、人生に役立っている実感もあることでしょう。

社会マナー、働く厳しさ、給料をもらう喜びなど、数多くの成長を得ることができる機会です。

もちろん面接でも、特に頑張ったこととして、アルバイトも紹介できます。

ただ、紹介するのはいいのですが「アルバイトだけ」という言い方は、避けたほうが賢明です。

勉強をしないで、アルバイトばかりしていたと誤解されやすいからです。

アルバイトに明け暮れた話をすれば「勉強はきちんとできているのだろうか」と思われるのは自然です。

面接官が知りたいのは、大学の中で何を学び、どう成長したのかという点です。

面接官は、学生時代に頑張ったことを通して、応募者の人柄を見ようとします。

ここで話す内容は、応募者の印象や評価につながりますから、慎重な選択が必要です。

紹介するなら、できるだけ学生らしい活動を優先して紹介したほうがいいでしょう。

学ぶ姿勢がよく伝わる活動を紹介したほうが、向上心にあふれる自分をうまくアピールできます。

どうしてもアルバイトを紹介したければ「勉強の延長」「課外活動の一部」などの言い方をすればよいでしょう。

あくまで学びという点を強調すれば、アルバイトの紹介も、勉強の一環として表現できます。

面接官が見ているポイント その20

  • 学生時代頑張ったことは、
    できるだけ学生らしい活動優先して紹介する

同じカテゴリーの作品