人生の教科書



読み上げ動画・音声
就職活動
企業研究をすればするほど、選考通過の可能性が上がる。
就職活動
特技は、自分で作り出せるもの。
書き方しだいで、武器にできる。

面接官ている
30ポイント

お気に入り1 読んだ
27

特技えたによくあるれとは

接では、特技について質問されることがあります。

  • 「暗記が得意」

  • 「語学なら自慢できる」

  • 「歌なら誰にも負けない」

人それぞれ、自慢できる特技があるでしょう。

特技の答え方は自由ですが、面接ですから、できるだけ仕事に関係した特技を答えるといいでしょう。

 

さて、特技で気をつけたいのは、それだけではありません。

本当に気をつけたいのは、特技を答えた後。

特技を答えた後によくある流れがあるのです。

「その場でやってほしい」という注文です。

 

たとえば「特技はフランス語です」と答えたとします。

特技というくらいですから、面接官は、高いレベルを期待するでしょう。

ごく自然な興味関心が湧き「では、フランス語で自己紹介をしてください」という流れになりやすいのです。

ここで、フランス語による自己紹介がスムーズにできればいいのですが、思わぬ展開に、慌てることもあるでしょう。

しどろもどろの自己紹介になると、せっかくアピールした特技の印象が台無しになります。

「今はできない」「とっさにはできない」などの逃げるような回答でも、やはり好印象が半減するでしょう。

特技を答えるときは「その場でやってほしい」と言われる展開を予想して、準備しておく必要があります。

あなたの特技は何ですか。

いきなり実演を依頼されても、特技らしくスムーズに美しくこなせることが大切です。

特技の準備をした上で面接に向かうと、安心です。

面接官が見ているポイント その27

  • 特技えるときは
    そのでやってほしいわれる展開予想して、
    準備しておく
10年後の自社について質問する、面接官の意外な心理とは。

もくじ
(面接官が見ている30のポイント)

同じカテゴリーの作品