人生の教科書



就職活動
親の職業や会社名について質問されたときの答え方。
就職活動
なぜ面接官は、アパートの家賃を質問するのか。
就職活動
分からない質問は、無理に答えないことも礼儀。
就職活動
面接の自己採点について質問されたときの答え方。
就職活動
答えられなかった質問の答えを、後で思い出したときの対応。
就職活動
緊張のせいで、質問内容を忘れたとき。
就職活動

面接官が見ている
30のポイント

お気に入り2 読んだ
28

10年後の自社について質問する、
面接官の意外な心理とは。

10年後の自社について質問する、面接官の意外な心理とは。 | 面接官が見ている30のポイント

面接は面白い。

面接では、面接官でも分からないことを質問することもあるからです。

 

たとえば「10年後、当社はどのようになっていると思いますか」という質問です。

面接でよく聞かれる、定番の質問の1つです。

質問をする主な理由は、応募者がどれだけ企業を理解して、具体的な未来を描いているかの確認です。

企業研究をしっかりしていれば、未来の予想を描きやすくなり、具体的に語ることができるでしょう。

 

ところが、ほかにも意外な理由が隠れていることにお気づきですか。

面接官も「自社の未来が知りたい」と思って、質問することもあるのです。

面接の練習では、客観視が大切です。

自分では自分の悪いところが見えにくいものですが、他人からはよく見えるもの。

面接対策として、自分の面接の様子を他人に見てもらい、客観的な意見を伺うことがあります。

実は、面接官にも、似たような状況があります。

社員だから自社を熟知しているはずですが、社員だからこそ、自社がよく見えないことがあります。

自分では自分を客観視しにくいように、社員は社員であるゆえに、自社を客観視しにくい状況があります。

そこで応募者から見て、10年後の自社について質問します。

応募者の企業研究の度合いを知るためもありますが、個人的な興味関心も若干混じっています。

面接官も人間です。

応募者を知るためだけでなく、自社を知るために、質問することがあるのです。

 

さて、10年後の未来に、正解はありません。

今まで企業研究を通して得た情報を最大限に生かして、その企業の10年後を前向きに語りましょう。

まとめ

面接官が見ているポイント その28
  • 10年後の自社について尋ねる面接官の、
    意外な意図に気づく。
最後の質問は、面接官の記憶に残りやすい。

もくじ
(面接官が見ている30のポイント)

同じカテゴリーの作品