就職活動

面接官が見ている
30のポイント

お気に入り4 読んだ
19

希望の業務について質問するとき、
面接官が抱く不安とは。

希望の業務について質問するとき、面接官が抱く不安とは。 | 面接官が見ている30のポイント

面接では、希望の業務について質問されることがあります。

「希望する仕事はありますか」「やってみたい業務はありますか」などです。

採用するにあたり、応募者に希望する業務があれば、参考にしたいと考えます。

応募者の能力を少しでも発揮できる配置があるなら、企業にとっても歓迎です。

もし応募者に仕事が制限される事情があれば、早めに把握しておくほうが、業務の調整もしやすくなります。

 

さて、この質問をするとき、面接官はある不安を抱いていることにお気づきですか。

面接官の立場としては、内心、びくびくしながら質問をしているでしょう。

希望の業務についての質問は、早期離職率を上げやすい質問だからです。

どういうつながりがあるのでしょうか。

応募者が希望の職種を言って入社した場合、希望の仕事ができると思い込みやすいためです。

実際のところ、新入社員が対応させられる仕事は、補助や雑用の仕事が大半です。

応募者の期待値を上げやすいため、入社後、希望の仕事をさせてもらえないときの失望が大きくなる。

その結果、仕事を辞めやすくなるのです。

応募者としても、あくまで希望であることを伝え、むやみに大きな期待を抱かないのが賢明です。

希望どおりの仕事をさせてもらえれば、ラッキーと思うくらいがいいでしょう。

新入社員として、与えられた仕事は何でもするくらいの心持ちで対応するほうがいいでしょう。

与えられた仕事を1つ1つ丁寧にこなしていけば、いずれ実績を認められ、希望の仕事を早くやらせてもらいやすくなります。

まとめ

面接官が見ているポイント その19
  • 希望の業務を質問する面接官の心理に気づく。
学生時代に頑張ったこととして、アルバイトを紹介してもいいのか。

もくじ
面接官が見ている30のポイント
希望の業務について質問するとき、面接官が抱く不安とは。 | 面接官が見ている30のポイント

  1. 採用活動する側が最重視するのは、やはり面接。
  2. 面接官は、嘘を見抜くが、本気も見抜く。
  3. 面接の受け答えは、クイズではない。
    就業意欲を伝える場。
  4. 面接官が、能力より重視していることとは。
  5. 面識のある応募者には、親しみが湧きやすい。
  6. 質問の流れを想定しておく。
  7. 面接室のドアが最初から開いている場合、ノックは必要か。
  8. 「失礼します」と「失礼いたします」。
    好ましいのはどちらか。
  9. カバンを椅子の上に置くのは、基本的にマナー違反。
  10. 都合上、余計な荷物がある場合、面接に持参してもいいのか。
  11. 荷物置き場がない場合の、カバンやコートの置き方。
  12. 面接官からいただいた名刺は、どうすればいいのか。
  13. 名刺に注意を奪われ、大事なことを忘れていないか。
  14. 座り方だけで、人間性を判断される場合もある。
  15. 自由で正直な発言とは、面接官の気持ちや場の雰囲気を無視することではない。
  16. 一言で終わる回答なら、もう少し具体的な説明を加えたい。
  17. 研修について、しつこく聞きすぎない。
  18. いくらきれいなメイクでも、厚化粧では若々しさが失われる。
  19. 希望の業務について質問するとき、面接官が抱く不安とは。
  20. 学生時代に頑張ったこととして、アルバイトを紹介してもいいのか。
  21. 強すぎる個性が、悪いのではない。
    悪いのは、仕事を妨げる個性。
  22. 話を否定されても、社交辞令だと考える。
  23. なぜベテランの面接官は、同じ質問を2回繰り返すのか。
  24. なぜ面接官は、他社の選考状況を聞くのか。
  25. なぜ面接官は、アパートの家賃を質問するのか。
  26. なぜ面接では、ストレス解消法をよく聞かれるのか。
  27. 特技を答えた後によくある流れとは。
  28. 10年後の自社について質問する、面接官の意外な心理とは。
  29. 最後の質問は、面接官の記憶に残りやすい。
  30. 面接官の反応が悪かったのにもかかわらず、内定になる理由とは。

同じカテゴリーの作品