就職活動

面接の練習で心がける
30のポイント

読んだ お気に入り1
30

余裕があれば演じてほしい、
面接官の役。

余裕があれば演じてほしい、面接官の役。 | 面接の練習で心がける30のポイント

面接の練習において、余裕があれば、ぜひ演じてほしい役があります。

面接官です。

応募者ではなく、面接官の役も演じてみてください。

 

たとえば、あなたが面接官になり、友達を応募者とします。

逆の立場になることで、面接官の見方や感じ方を疑似体験できるでしょう。

面接官を演じて、初めて気づく点があるはずです。

目を見て話す重要性も笑顔の印象も、面接官の立場になれば、よく実感できるでしょう。

「面接官からは、こう見えているのか」と分かれば、視野が広がって、対策も立てやすくなるはずです。

圧迫面接も、する側になってみます。

わざと、次のような意地悪な発言で、応募者を困らせてみましょう。

「自信なさそうな話し方だね」

「成績が悪いね。よくこんな内容で応募してきたね」

「履歴書を見たけど、きれい事なのは分かっているよ」

圧迫面接をする側になれば、圧迫するときの面接官の心理にも気づけるでしょう。

圧迫面接で嫌がらせを言うのは、面接官にも罪悪感があり、なかなか大変なのです。

必須ではありませんが、余裕があれば、ぜひ挑戦してみてください。

さまざまな立場を経験することは、視野や考え方を広げることに貢献します。

本を読むだけでは分からない、貴重な体験ができるはずです。

まとめ

面接の練習で心がけるポイント その30
  • 余裕があれば、面接官の役も演じてみる。
まとめ

もくじ
面接の練習で心がける30のポイント
余裕があれば演じてほしい、面接官の役。 | 面接の練習で心がける30のポイント

  1. 練習不足で面接を受けるのは、落ちに行くようなもの。
  2. 面接は、礼儀作法を身につける場ではない。
  3. 面識がなければ、自己紹介はフルネームが基本。
  4. 完璧な言葉遣いは、実はベテランの社会人でも難しい。
  5. 何かをしながら、お辞儀や挨拶をしない。
  6. たった1秒を心がけるだけで、お辞儀の印象はよくなる。
  7. お辞儀で意外によくあるのは、よろける失敗。
  8. 入退室のマナーは、何回練習すればいいのか。
  9. 自信のある態度と横柄な態度は、紙一重。
  10. 面接で最もよく見られるのは、目。
  11. はっきり考えていないことは、はっきり話すこともできない。
  12. 気持ちの表現は、ボディーランゲージが効果的。
     ただし、過度には注意。
  13. 話し方の練習は、鏡1枚でできる。
  14. 天然ぼけと言われやすい人は、面接でも要注意。
  15. あなたが思う普通は、本当に普通なのか。
  16. 絶対ミスを避けるのは、絶対無理。
  17. 学歴が優秀でも、口を開けていると、間抜けに見える。
  18. 友達を、敬語の練習相手としてみよう。
  19. 面接の練習相手として、最適な人とは。
  20. 「そこまでする必要があるのか」と思ったときが、人生の分かれ目。
  21. 採点大会として批評し合えば、ゲーム感覚になる。
  22. 面接官の質問が終わってから、返事を始める。
  23. 面接は、練習をすればするほど、うまくなる。
  24. 就職課での面接の練習を、見落としていませんか。
  25. 親に面接の練習を手伝ってもらう。
    少しでも練習量を増やせるなら、意味がある。
  26. 自分の面接対応を録画して、客観視する。
  27. 他人の面接対応を見るのも、練習の一環。
  28. 面接まで時間がないとき、何をすれば、最も効果的か。
  29. 模擬面接用のチェックシート。
  30. 余裕があれば演じてほしい、面接官の役。

同じカテゴリーの作品