就職活動

面接官が見ている
30のポイント

お気に入り5 読んだ
30

面接官の反応が悪かったのにもかかわらず、
内定になる理由とは。

面接官の反応が悪かったのにもかかわらず、内定になる理由とは。 | 面接官が見ている30のポイント

「面接官の反応はいまいちだった。ところが結果は内定。なぜだろうか」

「面接の手応えが悪かったにもかかわらず、内定が出た。とても不思議」

ときどき内定をもらった人から聞かれる言葉です。

てっきり不採用と思い込んでいたところで、内定をもらうと、意外な結果に驚くでしょう。

普通に考えると、面接官の反応が悪ければ、内定の見込みは小さいはず。

なぜ、このような現象が起こるのでしょうか。

一言で言えば、応募者の誤解です。

応募者は一般的に、きちんとした人間として見られるため、必死になります。

面接前には、何度も面接の練習をするでしょう。

少しでも好印象になるよう、面接では常に笑顔を心がけ、身だしなみや言動には細心の注意を払います。

一方で面接官は違います。

面接官は、自分がどう見られようと気にしません。

面接官の仕事は、あくまで採用です。

応募者の適正さえ見極めれば十分であるため、自分が好印象に思われなくてもかまわないと考えています。

そのため面接官は、自分の発言や態度に無頓着である場合が多い。

その面接官の無頓着な様子が、応募者には「反応が悪かった」「手応えがいまいち」などと映る場合があるのです。

面接官の反応が悪かったとしても、実際は分かりません。

裏では、きちんと評価はされている場合がよくあります。

応募者は、面接官の反応にかかわらず、常にベストを尽くしましょう。

面接官の反応が悪かったと感じても、希望を持つことです。

最終的な結果は、通知が来るまで、本当に分からないのです。

まとめ

面接官が見ているポイント その30
  • 面接官の反応が悪かったにもかかわらず、採用になる理由を知る。
まとめ

もくじ
面接官が見ている30のポイント
面接官の反応が悪かったのにもかかわらず、内定になる理由とは。 | 面接官が見ている30のポイント

  1. 採用活動する側が最重視するのは、やはり面接。
  2. 面接官は、嘘を見抜くが、本気も見抜く。
  3. 面接の受け答えは、クイズではない。
    就業意欲を伝える場。
  4. 面接官が、能力より重視していることとは。
  5. 面識のある応募者には、親しみが湧きやすい。
  6. 質問の流れを想定しておく。
  7. 面接室のドアが最初から開いている場合、ノックは必要か。
  8. 「失礼します」と「失礼いたします」。
    好ましいのはどちらか。
  9. カバンを椅子の上に置くのは、基本的にマナー違反。
  10. 都合上、余計な荷物がある場合、面接に持参してもいいのか。
  11. 荷物置き場がない場合の、カバンやコートの置き方。
  12. 面接官からいただいた名刺は、どうすればいいのか。
  13. 名刺に注意を奪われ、大事なことを忘れていないか。
  14. 座り方だけで、人間性を判断される場合もある。
  15. 自由で正直な発言とは、面接官の気持ちや場の雰囲気を無視することではない。
  16. 一言で終わる回答なら、もう少し具体的な説明を加えたい。
  17. 研修について、しつこく聞きすぎない。
  18. いくらきれいなメイクでも、厚化粧では若々しさが失われる。
  19. 希望の業務について質問するとき、面接官が抱く不安とは。
  20. 学生時代に頑張ったこととして、アルバイトを紹介してもいいのか。
  21. 強すぎる個性が、悪いのではない。
    悪いのは、仕事を妨げる個性。
  22. 話を否定されても、社交辞令だと考える。
  23. なぜベテランの面接官は、同じ質問を2回繰り返すのか。
  24. なぜ面接官は、他社の選考状況を聞くのか。
  25. なぜ面接官は、アパートの家賃を質問するのか。
  26. なぜ面接では、ストレス解消法をよく聞かれるのか。
  27. 特技を答えた後によくある流れとは。
  28. 10年後の自社について質問する、面接官の意外な心理とは。
  29. 最後の質問は、面接官の記憶に残りやすい。
  30. 面接官の反応が悪かったのにもかかわらず、内定になる理由とは。

同じカテゴリーの作品