人生の教科書



就職活動
自由で正直な発言とは、面接官の気持ちや場の雰囲気を無視することではない。
就職活動
本来、本気なら、ためらいはない。
就職活動
面接官は、敵ではない。
就職活動
相槌は、打たない人より打つ人のほうが、賢く見える。
就職活動

面接官が見ている
30のポイント

お気に入り5 読んだ
2

面接官は、
嘘を見抜くが、
本気も見抜く。

面接官は、嘘を見抜くが、本気も見抜く。 | 面接官が見ている30のポイント

面接官は、ベテランの社会人です。

これまで多くの面接を対応して、さまざまなタイプの応募者を見てきています。

さまざまな発言も、おおむね聞き慣れているはずです。

  • 「御社が第1志望です」

  • 「御社で働きたい気持ちでいっぱいです」

  • 「御社の商品・サービスに魅力を感じました」

応募者の発言するときの態度で、本気かどうかを見極めます。

整った発言も、心がこもっていなければ、きれい事であると見抜かれるでしょう。

整った嘘も、面接官の前では、丸裸なのです。

 

しかし、その状況を、逆に生かしてください。

面接官は、嘘を見抜きますが、本気も見抜きます。

あなたの就業意欲が本気なら、やはり伝わるのです。

面接官は、ベテランであればあるほど、実は突破しやすい。

あなたが本心から思って発言しているなら、きちんと見抜いて、評価してくれます。

面接に挑むときには、本気になることです。

「この企業で働きたい!」という強い気持ちを持って、面接に臨んでください。

本気になれば、態度から積極性がみなぎり、目も自然と輝きます。

就業意欲を、体全体で表現できるのです。

まとめ

面接官が見ているポイント その2
  • 「この企業で働きたい!」という強い気持ちを持って、
    面接に臨む。
面接の受け答えは、クイズではない。
就業意欲を伝える場。

もくじ
(面接官が見ている30のポイント)

同じカテゴリーの作品