人生の教科書



スキル
人には人のテンポがある。
成功哲学
個性を否定しない。
個性を武器にする。
就職活動
アルバイトの面接で、正社員になれる可能性を聞いていいのか。
就職活動
普通のスーツが、面接官を最も安心させる。
就職活動
なぜ、発言が棒読みになるのか。
就職活動
面接官の反応が悪かったのにもかかわらず、内定になる理由とは。
就職活動

面接官が見ている
30のポイント

お気に入り3 読んだ
21

強すぎる個性が、
悪いのではない。
悪いのは、
仕事を妨げる個性。

強すぎる個性が、悪いのではない。悪いのは、仕事を妨げる個性。 | 面接官が見ている30のポイント

面接は個性を主張しすぎると、面接官に嫌がられる傾向があります。

考え方が偏っていたり、自己主張が強かったり、わがままであったりなどです。

 

たしかに個性は大切ですが、あまり強すぎると、仕事に支障が出る可能性があります。

一般企業の多くは、まだ何も染まってない人を求める傾向があります。

自己主張ばかりする個性が強いと、教育が難しくなるため、選考で不利になる可能性があるのです。

 

さて、こうした話を聞くやいなや「個性はすべて封印すればいい」と思い込む人がいます。

真っ白な状態を演じて、完全に普通の状態で面接に挑もうとします。

ここに誤解があります。

個性がまったくないのもよくないのです。

すべての個性をなくすと、どうなるでしょうか。

印象が薄い。

大きな特徴もない。

人間的な魅力もない。

個性がまったくなくなると、仕事で生かせる点もなくなり、これはこれで選考が不利になるのです。

個性に対して、誤解していませんか。

強すぎる個性が悪いのではありません。

悪いのは、仕事を妨げる個性です。

仕事に生かせる個性なら、隠すべきではなく、どんどんアピールしたほうがいい。

  • 「リーダーシップがある」

  • 「英語が得意」

  • 「体力に自信がある」

仕事に生かせる個性は、ほかの人と差をつける強力な武器になります。

すべての個性を封印すればいいわけではありません。

仕事に生かせる個性は、むしろしっかりアピールしなければいけないのです。

まとめ

面接官が見ているポイント その21
  • すべての個性を封印するのではなく、
    仕事に生かせる個性は、
    どんどんアピールする。
話を否定されても、社交辞令だと考える。

もくじ
(面接官が見ている30のポイント)

同じカテゴリーの作品