就職活動

面接官が見ている
30のポイント

お気に入り5 読んだ
1

採用活動する側が最重視するのは、
やはり面接。

採用活動する側が最重視するのは、やはり面接。 | 面接官が見ている30のポイント

応募者は、あらゆるイベントが重要です。

企業説明会やOB・OG訪問など、どのイベントも、企業の詳細を確認できる重要な場。

選考に影響することもありますから、手抜きをせず、緊張感を持った態度で臨むことが重要です。

 

しかしそれらは、あくまで就職活動をする応募者の視点。

逆に、採用活動をする企業が最も重視するのは、何でしょうか。

やはり、面接なのです。

筆記試験や履歴書だけで、採用が決まることは珍しいでしょう。

実際直接会って話す面接は、さまざまな採用活動の中で最重視されます。

履歴書の写真から受ける印象と、実際に会って話す印象とでは、別の印象を受ける場合が珍しくありません。

履歴書の自己PRと、実際に会って直接聞く自己PRとでは、やはり違った印象を受けるはず。

履歴書上の印象と直接会ったときの印象を、比較したとします。

より真実を表していると感じるのは、やはり面接での印象でしょう。

直接会って感じる印象ほど、強い説得力はありません。

面接で直接見聞きしたことは、直接本人から発せられた情報であるため、最も信頼できます。

したがって、採用活動する側としては、面接を最重視する傾向が強いのです。

当たり前と思うかもしれませんが、この事実を、しっかり留意しておくことです。

この事情を知れば、応募者としても、面接を最重視すべきであると分かるでしょう。

わずかな準備でも、印象に影響するなら、対策は無駄になりません。

 

たとえば「面接直前に靴を磨く」という小さな対策も、最重視される面接では、選考で有利に働く可能性があります。

面接は、採用活動における最大の山場。

採用担当者が最重視する面接では、わずかなことも手抜きせず、最大限の準備をした上で向かいましょう。

まとめ

面接官が見ているポイント その1
  • あらゆる採用活動の中でも、面接を最重視する。
面接官は、嘘を見抜くが、本気も見抜く。

もくじ
面接官が見ている30のポイント
採用活動する側が最重視するのは、やはり面接。 | 面接官が見ている30のポイント

  1. 採用活動する側が最重視するのは、やはり面接。
  2. 面接官は、嘘を見抜くが、本気も見抜く。
  3. 面接の受け答えは、クイズではない。
    就業意欲を伝える場。
  4. 面接官が、能力より重視していることとは。
  5. 面識のある応募者には、親しみが湧きやすい。
  6. 質問の流れを想定しておく。
  7. 面接室のドアが最初から開いている場合、ノックは必要か。
  8. 「失礼します」と「失礼いたします」。
    好ましいのはどちらか。
  9. カバンを椅子の上に置くのは、基本的にマナー違反。
  10. 都合上、余計な荷物がある場合、面接に持参してもいいのか。
  11. 荷物置き場がない場合の、カバンやコートの置き方。
  12. 面接官からいただいた名刺は、どうすればいいのか。
  13. 名刺に注意を奪われ、大事なことを忘れていないか。
  14. 座り方だけで、人間性を判断される場合もある。
  15. 自由で正直な発言とは、面接官の気持ちや場の雰囲気を無視することではない。
  16. 一言で終わる回答なら、もう少し具体的な説明を加えたい。
  17. 研修について、しつこく聞きすぎない。
  18. いくらきれいなメイクでも、厚化粧では若々しさが失われる。
  19. 希望の業務について質問するとき、面接官が抱く不安とは。
  20. 学生時代に頑張ったこととして、アルバイトを紹介してもいいのか。
  21. 強すぎる個性が、悪いのではない。
    悪いのは、仕事を妨げる個性。
  22. 話を否定されても、社交辞令だと考える。
  23. なぜベテランの面接官は、同じ質問を2回繰り返すのか。
  24. なぜ面接官は、他社の選考状況を聞くのか。
  25. なぜ面接官は、アパートの家賃を質問するのか。
  26. なぜ面接では、ストレス解消法をよく聞かれるのか。
  27. 特技を答えた後によくある流れとは。
  28. 10年後の自社について質問する、面接官の意外な心理とは。
  29. 最後の質問は、面接官の記憶に残りやすい。
  30. 面接官の反応が悪かったのにもかかわらず、内定になる理由とは。

同じカテゴリーの作品