執筆者:水口貴博

日々の食事をおいしく食べる
30の方法

29
3

おいしい料理を食べたいなら、
おいしい料理を作れるようになればいい。

おいしい料理を食べたいなら、おいしい料理を作れるようになればいい。 | 日々の食事をおいしく食べる30の方法

「おいしい料理を食べたい」

そう思ったとき、あなたならどうしますか。

最初に取りかかるのは、料理のおいしいレストランを探すことではないでしょうか。

雑誌やインターネットの美食情報から、おいしい料理のお店を探すでしょう。

自分が知っているお店の中から、おいしい料理を出すお店を思い出すでしょう。

知人友人から「おいしい料理のお店を知っている?」と聞くこともあるはずです。

もちろんそうした方法も悪くありませんが、おいしい料理を食べる方法はほかにもあります。

身近な方法であるため、多くの人が見落としがちです。

自分がおいしい料理を作ればいいのです。

料理の腕を磨けば、おいしい料理を作れるようになります。

自分がおいしい料理を作れるようになれば、いつでも自宅でおいしい料理を食べることができます。

自分で作るメリットは「自分好みの味に調整できる」という点

料理の腕が上がるにつれて、おいしい料理を作れるようになります。

自分で作るメリットは「自分好みの味に調整できる」という点です。

自分の好みを一番よく知っているのは、自分です。

自分で作る料理ですから、風味や味わいなど、自分好みの味に仕上げられます。

料理の腕が上がれば、お店の料理と同じか、それ以上においしく作れるようになるでしょう。

自分が作った料理であれば、自然と気持ちがこもるので、なおさらおいしく感じるはずです。

シンプルな料理でも、自分が作った料理なら、特別おいしく感じるに違いありません。

料理の腕は、一生の財産

料理の腕は、一生の財産です。

いったん料理の腕が上がれば、それはスキルとなって身につき、下がることはありません。

あなたの料理の腕が上がれば上がるほど、それだけおいしい料理にありつけます。

もちろん料理の勉強が必要になりますが「自分磨き」と思えば、意味や価値も出てくるはずです。

手間暇はかかりますが、考えようによっては気分転換やストレス解消にもなるでしょう。

自炊をすることになるので、節約にもなるはずです。

さまざまなメリットがあっていいことずくめです。

おいしい料理は、探すのではなく、作ればいいのです。

自分が料理人となって、自分好みの味に仕上げ、自分だけの特別料理を作りましょう。

世界一の料理人は、あなたです。

世界一おいしい料理を提供するお店は、自宅なのです。

日々の食事をおいしく食べる方法(29)
  • おいしい食事にありつくために、おいしい食事を作れるようになる。
最後の一口を、気持ちを込めてきちんと味わう。

日々の食事をおいしく食べる30の方法
日々の食事をおいしく食べる30の方法

  1. 普通に味わうのではない。<br>積極的に味わうのだ。
    普通に味わうのではない。
    積極的に味わうのだ。
  2. おいしいものを探すより、おいしく食べる方法を身につける。
    おいしいものを探すより、おいしく食べる方法を身につける。
  3. おいしいからおいしそうに食べるのではない。<br>おいしそうに食べるからおいしくなるのだ。
    おいしいからおいしそうに食べるのではない。
    おいしそうに食べるからおいしくなるのだ。
  4. どんなにおいしい食事も、汚れたテーブルでは台無し。<br>おいしい食事は、きれいなテーブルがあってこそ楽しめる。
    どんなにおいしい食事も、汚れたテーブルでは台無し。
    おいしい食事は、きれいなテーブルがあってこそ楽しめる。
  5. 食事の所要時間をあと1分伸ばそう。<br>おいしさを楽しむ時間が1分長くなる。
    食事の所要時間をあと1分伸ばそう。
    おいしさを楽しむ時間が1分長くなる。
  6. 食べる前に「おいしそう」と言おう。<br>食べているときは「おいしい」と言おう。<br>食べ終わったら「おいしかった」と言おう。
    食べる前に「おいしそう」と言おう。
    食べているときは「おいしい」と言おう。
    食べ終わったら「おいしかった」と言おう。
  7. おいしく食べるつもりがないなら、食べるな。
    おいしく食べるつもりがないなら、食べるな。
  8. ながら食いは控えよう。<br>食事中は、食べることに集中するのが一番。
    ながら食いは控えよう。
    食事中は、食べることに集中するのが一番。
  9. 料理を食べながら、使われている食材をイメージしよう。<br>「肉眼」だけでなく「心の目」でも楽しむ。
    料理を食べながら、使われている食材をイメージしよう。
    「肉眼」だけでなく「心の目」でも楽しむ。
  10. 相手の食べ残しが気になったときが大切だ。
    相手の食べ残しが気になったときが大切だ。
  11. 新鮮な驚きや発見は、食べ慣れたものにある。
    新鮮な驚きや発見は、食べ慣れたものにある。
  12. 「いただきます」を言い忘れたら、食事中に言ってもいい。
    「いただきます」を言い忘れたら、食事中に言ってもいい。
  13. 「まずいかな」と思いながら食べない。<br>「おいしいかな」と思いながら食べよう。
    「まずいかな」と思いながら食べない。
    「おいしいかな」と思いながら食べよう。
  14. おいしく感じたら、きちんと「おいしい」と言うことが大切。
    おいしく感じたら、きちんと「おいしい」と言うことが大切。
  15. 嫌なことばかりの1日であっても、夜においしい食事をすれば、幸せに締めくくれる。
    嫌なことばかりの1日であっても、夜においしい食事をすれば、幸せに締めくくれる。
  16. たまには目をつぶりながら食事をしてみよう。
    たまには目をつぶりながら食事をしてみよう。
  17. 食べ終わった食器を流しに持っていくまでが食事。
    食べ終わった食器を流しに持っていくまでが食事。
  18. 無性に食べたくなったときのカップラーメンは、最高においしい。
    無性に食べたくなったときのカップラーメンは、最高においしい。
  19. 食が細くなって落ち込む必要はない。<br>食の質を上げればいいのだ。
    食が細くなって落ち込む必要はない。
    食の質を上げればいいのだ。
  20. 食事をおいしく楽しむコツは、深呼吸。
    食事をおいしく楽しむコツは、深呼吸。
  21. 同じ食べ物でも、食べ方が変われば味わいも変わる。<br>食べ方の数だけ、食の楽しみが増える。
    同じ食べ物でも、食べ方が変われば味わいも変わる。
    食べ方の数だけ、食の楽しみが増える。
  22. 料理を作るプロがいるなら、料理を食べるプロもいていいはずだ。
    料理を作るプロがいるなら、料理を食べるプロもいていいはずだ。
  23. 楽しい雑談は、料理をおいしくする魔法の調味料。
    楽しい雑談は、料理をおいしくする魔法の調味料。
  24. きちんと「香り」も楽しんでいますか。
    きちんと「香り」も楽しんでいますか。
  25. 走るから食べるのではない。<br>食べるために走るのだ。
    走るから食べるのではない。
    食べるために走るのだ。
  26. 調味料を加えることが当たり前になっていないか。<br>たまには調味料なしで食べてみよう。
    調味料を加えることが当たり前になっていないか。
    たまには調味料なしで食べてみよう。
  27. 元気が出ない原因は、食事にあるのかもしれない。
    元気が出ない原因は、食事にあるのかもしれない。
  28. おなかがぺこぺこになったら喜ぼう。<br>普段よりおいしく感じるチャンス。
    おなかがぺこぺこになったら喜ぼう。
    普段よりおいしく感じるチャンス。
  29. おいしい料理を食べたいなら、おいしい料理を作れるようになればいい。
    おいしい料理を食べたいなら、おいしい料理を作れるようになればいい。
  30. 最後の一口を、気持ちを込めてきちんと味わう。
    最後の一口を、気持ちを込めてきちんと味わう。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION