食の可能性を広げる
30の言葉

10
0

仕事ができる人は、
必ずいい食事を取っている。

仕事ができる人は、必ずいい食事を取っている。 | 食の可能性を広げる30の言葉

エサのような貧相な食事では、いい仕事はできない

仕事ができるようになりたいなら、いい食事を取ってください。

いい食事なくして、いい仕事はできないからです。

あなたの身近に「仕事のできる人」はいませんか。

仕事が速く、スキルも高く、いつも精力的に取り組んでいる人です。

もしいるなら、その人の食生活に注目してみてください。

おいしいものを食べているでしょう。

きちんと3食を取っているでしょう。

栄養バランスの取れた食事を取っているでしょう。

おやつタイムも楽しんでいるでしょう。

たまには贅沢な外食を楽しんでいるでしょう。

いい食事を取っているに違いありません。

仕事といえば、知識やスキルばかりに目がいきがちですが、きちんと食に目を向けることが大切です。

食は、私たちの源です。

力の源、元気の源、笑顔の源です。

エサのような貧相な食事では、いい仕事はできません。

頭がぼうっとしたり集中力が出なかったりして、パフォーマンスの低下を招き、本来の力を発揮できなくなります。

「なんて私は貧しい食事をしているのだろう」と思うだけでも悪影響です。

自己肯定感に悪影響を与え、セルフイメージも下がってしまいます。

いい食事を取らないのは、仕事をサボっているのと同じです。

いい食事をするから、最高のパフォーマンスを発揮できる

むやみに食費を削らないでください。

食費を削ると、節約はできても、肝心の仕事ができなくなります。

ミスや失敗が増え、評価に悪影響を及ぼし、地位も収入も不安定になるばかり。

食費の削減がエスカレートして悪循環に陥ります。

食事は、私たちの土台です。

いい食事をするから、エネルギーがチャージされます。

しっかり頭が働いて、集中力が出るようになり、ハイパフォーマンスで仕事ができます。

いい食事だからこそ心が満たされ、気力も精神力もみなぎってきます。

仕事ができるようになりたいなら、知識やスキルも大切ですが、まずいい食事を取りましょう。

食に力を入れることです。

おいしいものを食べて、しっかり栄養を取って、身も心も満たされた状態を作り出しましょう。

いい食事を取るから心身が満たされ、力も気合も入ります。

頭の回転がよくなって、集中力も出て、高いパフォーマンスを発揮できます。

なかなかうまくいかないことがあっても、普段からいい食事を取っていれば「まだできる!」と根気が出ます。

大事な勝負所では、120パーセントの力を発揮できるでしょう。

普段からいい食事を取っていれば、繁忙期で大変なときでも踏ん張りが利くようになります。

2日や3日の徹夜も平気になって乗り越えられるでしょう。

いい食事をするから、最高のパフォーマンスを発揮できるのです。

仕事において、食事ほど基本かつ重要なことはない

おいしいものを食べましょう。

栄養バランスの取れた食事を取りましょう。

たまには外食をして、リッチな気分を味わいましょう。

品目数も、できれば30品目を目標にしたい。

実際はなかなか難しい目標ですが、品目数を増やしておくに超したことはありません。

最高のパフォーマンスのために、食に投資しましょう。

仕事において、食事ほど基本かつ重要なことはありません。

食にお金がかかっても、仕事につながることなので有意義なことです。

いい仕事をしたいなら、食費は節約するより、むしろ多くかけていくのが正解です。

食の可能性を広げる言葉(10)
  • いい仕事をしたいなら、きちんといい食事を取る。
「ゆっくり食べる」と「だらだら食べる」は、似て非なるもの。

食の可能性を広げる30の言葉
食の可能性を広げる30の言葉

  1. 食の可能性を広げるパワーフレーズ。<br>「今日も1日おいしく食べよう」
    食の可能性を広げるパワーフレーズ。
    「今日も1日おいしく食べよう」
  2. 食べたことがないものを見つけたら、とりあえず食べてみよう。
    食べたことがないものを見つけたら、とりあえず食べてみよう。
  3. 安いネタだからといって、食べ方・味わい方が適当になっていないか。
    安いネタだからといって、食べ方・味わい方が適当になっていないか。
  4. 最近「食の話題」を楽しんでいますか。
    最近「食の話題」を楽しんでいますか。
  5. 食欲の季節を、秋に限定しない。
    食欲の季節を、秋に限定しない。
  6. プレゼンの様子を客観的にチェックするなら、食事の様子を客観的にチェックすることもあっていいはずだ。
    プレゼンの様子を客観的にチェックするなら、食事の様子を客観的にチェックすることもあっていいはずだ。
  7. 食の可能性は、デパートの試食コーナーにある。
    食の可能性は、デパートの試食コーナーにある。
  8. どんなに素晴らしい料理も、ぼろぼろの食器では台無し。
    どんなに素晴らしい料理も、ぼろぼろの食器では台無し。
  9. ミーハーな人を否定することは、食の可能性の制限につながる。
    ミーハーな人を否定することは、食の可能性の制限につながる。
  10. 仕事ができる人は、必ずいい食事を取っている。
    仕事ができる人は、必ずいい食事を取っている。
  11. 「ゆっくり食べる」と「だらだら食べる」は、似て非なるもの。
    「ゆっくり食べる」と「だらだら食べる」は、似て非なるもの。
  12. 目の前に集中する習慣は、仕事や勉強に限ったことではない。<br>食事にも同じことがいえる。
    目の前に集中する習慣は、仕事や勉強に限ったことではない。
    食事にも同じことがいえる。
  13. スランプから抜け出したいなら、きちんと食事を取ること。
    スランプから抜け出したいなら、きちんと食事を取ること。
  14. あなたは自分の大好物を、きちんと把握できていますか。
    あなたは自分の大好物を、きちんと把握できていますか。
  15. お金持ちだからゆっくり食べるのではない。<br>ゆっくり食べるからお金持ちになるのだ。
    お金持ちだからゆっくり食べるのではない。
    ゆっくり食べるからお金持ちになるのだ。
  16. 外食ができないのは、お金がないのではなく、勇気がないだけ。
    外食ができないのは、お金がないのではなく、勇気がないだけ。
  17. 大成功をしたら、外食しよう。<br>大失敗をしたときも、外食しよう。
    大成功をしたら、外食しよう。
    大失敗をしたときも、外食しよう。
  18. 腹が立ったら食事のことを考えよう。<br>あっという間に落ち着く。
    腹が立ったら食事のことを考えよう。
    あっという間に落ち着く。
  19. 食費を削っても、削りすぎるな。
    食費を削っても、削りすぎるな。
  20. 一目惚れをしている自分に気づいてください。
    一目惚れをしている自分に気づいてください。
  21. 「落としたあめは捨てるしかない」と考えていないか。
    「落としたあめは捨てるしかない」と考えていないか。
  22. 普段食べないような高級菓子を贈ると、普段食べないような高級菓子を贈られる。
    普段食べないような高級菓子を贈ると、普段食べないような高級菓子を贈られる。
  23. ダイエットには、スローテンポの音楽が効果的。
    ダイエットには、スローテンポの音楽が効果的。
  24. 食の可能性は「おいしくもないがまずくもない」という食べ物にある。
    食の可能性は「おいしくもないがまずくもない」という食べ物にある。
  25. 食べすぎた罪悪感は、運動で晴らそう。
    食べすぎた罪悪感は、運動で晴らそう。
  26. 食わず嫌いは、食の機会損失。<br>食べたこともないのに「食べられない」と決めつけない。
    食わず嫌いは、食の機会損失。
    食べたこともないのに「食べられない」と決めつけない。
  27. 「おなかがすいた」と言う人は、そう言うことで空腹感を紛らわせようとしている。
    「おなかがすいた」と言う人は、そう言うことで空腹感を紛らわせようとしている。
  28. 言葉を失うほどおいしいものを食べた経験はあるか。
    言葉を失うほどおいしいものを食べた経験はあるか。
  29. 何でもないときに豪華な外食をするのも、1つのライフスタイル。
    何でもないときに豪華な外食をするのも、1つのライフスタイル。
  30. 今日の食事のことを日記に書こう。<br>日々の食事も、素晴らしい日記ネタ。
    今日の食事のことを日記に書こう。
    日々の食事も、素晴らしい日記ネタ。

同じカテゴリーの作品

4:50

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION