食生活

おいしく楽しく外食をする
30の方法

  • 外食の理由は何でもいい。
    「今週はまだ外食をしていない」と理由で出かけよう。
おいしく楽しく外食をする30の方法

もくじ

外食の理由は何でもいい。
「今週はまだ外食をしていない」と理由で出かけよう。

外食の理由は何でもいい。「今週はまだ外食をしていない」と理由で出かけよう。

あなたが外食するときといえば、どんなときでしょうか。
・お祝いのとき
・週末に家族がそろったとき

きちんとした服に着替えてからレストランに行くと、よりおいしくいただける。

きちんとした服に着替えてからレストランに行くと、よりおいしくいただける。

食生活を豊かにするコツは「服装」にあります。
外食でレストランに行くことがあるでしょう。
自分へのご褒美ということもあれば、自炊が面倒くさいときもあるはずです。

外食ができないのは、お金がないのではなく、勇気がないだけ。

外食ができないのは、お金がないのではなく、勇気がないだけ。

なぜあなたは外食をためらうのか。
一番の理由は「お金」ではないでしょうか。
「外食はお金がかかるから」

新しいお店を開拓したいと言いつつ、新しいお店を避けていないか。

新しいお店を開拓したいと言いつつ、新しいお店を避けていないか。

「新しいお店を開拓したい」と言う人がいます。
新しいお店には、新鮮な雰囲気があります。
素晴らしい美食と出会えるかもしれません。

カレンダーに外食の予定を書くと、未来が輝いて見えるようになる。

カレンダーに外食の予定を書くと、未来が輝いて見えるようになる。

カレンダーに外食の予定を書くことはありますか。
カレンダーに書くことと言えば、イベント関係が多いでしょう。
記念日や誕生日、打ち合わせや出張、デートや旅行といったイベントが一般的です。

食べる前に、どんな味かイメージしてみよう。
クイズの答え合わせをする感覚で食べてみよう。

食べる前に、どんな味かイメージしてみよう。クイズの答え合わせをする感覚で食べてみよう。

初めて食べるものがあったとき、どんな食べ方をしますか。
まず味わってみようと普通に食べてみる。
もちろんいきなり味わってみるのもいいですが、食生活を豊かにするなら、ここに工夫の余地があります。

「また来ますね」を社交辞令で終わらせていないか。

「また来ますね」を社交辞令で終わらせていないか。

レストランで食事を終えたとき、お店の人に挨拶をします。
このとき、定番のセリフがあります。
「ごちそうさまでした。おいしかったです。また来ますね」

未開のお店に誘われたら「行く!」と即答する人が、チャンスをつかむ。

未開のお店に誘われたら「行く!」と即答する人が、チャンスをつかむ。

あるとき友人から未開のお店に誘われることがあります。
「○○がおいしいお店を見つけたんだけど行ってみない?」
その飲食店には一度も行ったことがありません。

食の楽しみは、メニューを選ぶところから始まっている。

食の楽しみは、メニューを選ぶところから始まっている。

レストランで食事を楽しむ瞬間といえば、どんなときでしょうか。
やはり料理を食べているときではないでしょうか。
おいしい料理を食べるためにレストランに来ているのですから、当然のことと思われます。

「おいしいですか」という聞き方は、相手を困らせる質問。

「おいしいですか」という聞き方は、相手を困らせる質問。

食べたことがないものがあると、おいしさの程度が気になります。
写真のないメニューなら、なおさらわかりにくいでしょう。
このとき、店員さんに「これっておいしいですか」と聞く人がいます。

おいしいお店を見つけるのも、才能。

おいしいお店を見つけるのも、才能。

「おいしいお店をよく知っているね」
お店情報に詳しくて褒められることはありませんか。
おいしいお店を見つけるのが得意という人もいるでしょう。

たまには豪華な料理を食べておかないと、本当に人生を楽しめない。

たまには豪華な料理を食べておかないと、本当に人生を楽しめない。

突然ですがあなたに質問です。
最後に豪華な料理を食べたのはいつですか。
「普通の料理」ではなく「豪華な料理」であることがポイントです。

単語で注文する人は、お店の人からも食の神様からも嫌われる。

単語で注文する人は、お店の人からも食の神様からも嫌われる。

飲食店で注文の際、単語になっている人がいます。
「ホットコーヒー」
「牛丼、並」

「○○風」とつけば、もはや違った食べ物と考えていい。

「○○風」とつけば、もはや違った食べ物と考えていい。

レストランでは時折「○○風」という料理を見かけることがあります。
「ミラノ風ドリア」
「ロシア風ポテトサラダ」

あらゆる料理は生もの。
提供されたら、1分1秒でも早く食べ始めよう。

あらゆる料理は生もの。提供されたら、1分1秒でも早く食べ始めよう。

あらゆる料理は生ものです。
生ものと言えば、寿司や刺し身といったものをイメージしますが、その限りではありません。
どんな料理でも、時間が経てば、変化を起こしていきます。

本当に外食を楽しみたいなら、おごってもらうより身銭を切るほうがいい。

本当に外食を楽しみたいなら、おごってもらうより身銭を切るほうがいい。

外食を楽しむとき、おごってもらうことに注意してください。
もちろんおごってもらうのが悪いわけではありません。
おごってもらってもいいのです。

期待外れのお店であっても、悪口は言わない。

期待外れのお店であっても、悪口は言わない。

おしゃれな外観のお店があると、期待ができます。
「わあ、おしゃれなお店だな!」
第一印象がいいと期待できます。

当たりのお店のときは、遠慮なく、たっぷり褒めていい。

当たりのお店のときは、遠慮なく、たっぷり褒めていい。

期待外れのお店だったとき、悪口を言うのはよくありません。
お店の人に聞こえてしまうと、むっとされるでしょう。
一緒に食事している人がいれば、気分を悪くさせてしまい、悪口を言うあなたの印象も悪くなります。

第一印象の悪いレストランでも、もう一度楽しんでみる。

第一印象の悪いレストランでも、もう一度楽しんでみる。

第一印象の悪いレストランに遭遇することがあります。
「あのレストランはサービスが悪かった。もう二度と行かない」
そう思うかもしれませんが、決めつけるのはよくありません。

満席は怖くない。
待ち時間にメニューを見れば、時間を有効に活用できる。

満席は怖くない。待ち時間にメニューを見れば、時間を有効に活用できる。

外食に行くと、満席で待たなければいけないことがあります。
「申し訳ございません。ただ今、満席です。少し待ちいただけますでしょうか」
このとき、むっとしてはいけません。

食券機のボタンを押すとき、乱暴になっていないか。
食券を手渡すとき、がさつになっていないか。

食券機のボタンを押すとき、乱暴になっていないか。食券を手渡すとき、がさつになっていないか。

外食の際、お店によって「食券機」が設置されています。
食券機が設置されていれば、口頭ではなく、食券を使って注文をします。
先にお金を払って、出てきた食券をお店の人に手渡します。

お食事券は、早めに使おう。
もたもたしていると、後悔することになる。

お食事券は、早めに使おう。もたもたしていると、後悔することになる。

お食事券を手に入れることがあります。
人からもらうこともあれば、何かの景品で当たることもあるでしょう。
お食事券を持っているなら、早めに使ってしまいましょう。

全額負担の順番は交互でなくていい。
最終的に貸し借りのバランスが整えばいい。

全額負担の順番は交互でなくていい。最終的に貸し借りのバランスが整えばいい。

人と食事の際、こちらが食事代を全額負担することがあります。
「今日の食事代は、こちらで全部出しますね」
食事の場では、割り勘がふさわしくない場面があります。

嫌なことばかりの1日であっても、夜においしい食事をすれば、幸せに締めくくれる。

嫌なことばかりの1日であっても、夜においしい食事をすれば、幸せに締めくくれる。

嫌なことばかりの1日があります。
不自然なくらい嫌なことが立て続けに起こることがあるでしょう。
電車に乗り遅れる、遅刻をする、忘れ物をする、仕事でミスをする、上司から叱られる、誤解される、体調が悪くなる、残業になる。

食べたいものを食べるために、遠くまで出かけることもあっていい。

食べたいものを食べるために、遠くまで出かけることもあっていい。

テレビや雑誌では「美食特集」を見かけることがあります。
「話題のレストラン」
「おすすめのラーメン店」

雨の日は、外食日和。

雨の日は、外食日和。

雨の降る日は、どことなく気持ちもどんよりします。
そのためでしょうか。
雨が降っていると、なかなか外食する気が起きません。

自分たちが寄せた席を、そのままにして退店していないか。

自分たちが寄せた席を、そのままにして退店していないか。

団体でお店に入ったとき、席を寄せることがあります。
カフェやフードコートといった自由席の場合、自分たちで席を動かすことが可能です。
自由席であれば、自分たちで席を寄せてくっつけるのはマナー違反ではありません。

タイミングによって味が変わることも、外食の面白さ。

タイミングによって味が変わることも、外食の面白さ。

外食をするとき、タイミングによって味が変わることがあります。
何度も注文したことがある料理であれば、いつもと違うとすぐわかります。
「おや、いつもと同じ料理のはずなのに、今回はちょっと雰囲気が違うな」

相席になっても嫌な顔をしない。
笑顔で快諾する人になろう。

相席になっても嫌な顔をしない。笑顔で快諾する人になろう。

お店が混んでいるとき、相席になることがあります。
知らない人と同じ席につくことになるので、相席にちょっと抵抗を感じる人も多いもの。
「あまり嬉しくないな」と思う人も多いことでしょう。

何でもないときに豪華な外食をするのも、1つのライフスタイル。

何でもないときに豪華な外食をするのも、1つのライフスタイル。

あなたに新しいライフスタイルを提案します。
「何でもないときに豪華な外食をする」というライフスタイルです。
あなたが豪華な外食をするときといえば、どんなときでしょうか。

同じカテゴリーの作品