食生活

食の可能性を広げる
30の言葉

  • 食の可能性は
    「おいしくもないがまずくもない」という食べ物にある。
食の可能性を広げる30の言葉

もくじ

食の可能性を広げるパワーフレーズ。
「今日も1日おいしく食べよう」

食の可能性を広げるパワーフレーズ。「今日も1日おいしく食べよう」

「今日も1日頑張ろう」
1日の気合を入れるときの定番フレーズですね。
誰かに教わったわけではありませんが、よい1日にしたいと思ったとき、自然と浮かんでくる言葉でしょう。

大好物を食べた後は、しばらく運気が高まっている。

大好物を食べた後は、しばらく運気が高まっている。

運気を高めたいなら、簡単な方法があります。
大好物を食べましょう。
大好物を食べれば、ぐっとテンションが上がって元気になれます。

日々の食事は、褒めるトレーニング。

日々の食事は、褒めるトレーニング。

食事をするたびに、何か1つ褒めてみましょう。
食べているものについて、何でもいいので素晴らしいところを見つけて褒めるのです。
褒める力を鍛える機会になります。

すべての食事は、一期一会。
完全に同じものは二度と楽しめない。

すべての食事は、一期一会。完全に同じものは二度と楽しめない。

食事をするたびに「この食事を楽しめるのは最初で最後」と考えてください。
「普段から食べ慣れている食事だ」
「目の前の料理は、何度も食べたことがあるもの」

食欲の季節を、秋に限定しない。

食欲の季節を、秋に限定しない。

食欲の季節といえば「秋」です。
秋になって涼しくなると、夏に減退していた食欲が戻ってきます。
冬に向かって脂肪を蓄える意味もあって、秋は食欲を発揮する季節とされています。

最近「食の話題」を楽しんでいますか。

最近「食の話題」を楽しんでいますか。

最近「食の話題」を楽しんでいますか。
天気や季節の話題ばかりになっていないでしょうか。
趣味や仕事の話題ばかりという人もいるでしょう。

食の可能性は、デパートの試食コーナーにある。

食の可能性は、デパートの試食コーナーにある。

デパートの食品売り場では、無料で一口の味見ができるところがあります。
「試食コーナー」です。
お店の人がにこにこしながら声をかけてくれます。

素晴らしい料理が、メニューの裏側に

素晴らしい料理が、メニューの裏側に

外食に行くと、メニュー表があります。
メニューの一覧は、表だけでなく、裏にも書かれていることがあります。
表側だけを見て「これがすべて」と思って満足すると、裏に書かれているメニューに気づけません。

ミーハーな人を否定することは、食の可能性の制限につながる。

ミーハーな人を否定することは、食の可能性の制限につながる。

ミーハーを否定しないことです。
ミーハーを否定することは、食の可能性を制限することです。
ミーハーと食の可能性は無関係に思えますが誤解です。

おいしそうに食べるだけで、世界の幸せに貢献できる。

おいしそうに食べるだけで、世界の幸せに貢献できる。

おいしそうに食べている人を見かけることはありませんか。
・大きな口をあんぐり開ける
・にこにこしながら食べる

食べ歩きが許される場所は、食べ歩きを楽しむチャンス。
ちょっとした非日常感を味わえるだろう。

食べ歩きが許される場所は、食べ歩きを楽しむチャンス。ちょっとした非日常感を味わえるだろう。

一般的に食べ歩きは、行儀のよいことではありません。
食べながら歩いていると、親から「座って食べなさい」と叱られた経験があるでしょう。
特に公共性の強い場所は、食べ歩きが禁止されているのが一般的です。

目の前に集中する習慣は、仕事や勉強に限ったことではない。
食事にも同じことがいえる。

目の前に集中する習慣は、仕事や勉強に限ったことではない。食事にも同じことがいえる。

人生を幸せに生きるなら「目の前に集中する習慣」が欠かせません。
目の前に仕事があるなら、仕事に集中します。
目の前に勉強があるなら、勉強に集中します。

スランプから抜け出したいなら、きちんと食事を取ること。

スランプから抜け出したいなら、きちんと食事を取ること。

スランプから抜け出したいなら、きちんと食事を取りましょう。
スランプに陥っているときは、くよくよしたり元気がなかったりして食事を軽視しがちです。
・食事をとらない

あなたは自分の大好物を、きちんと把握できていますか。

あなたは自分の大好物を、きちんと把握できていますか。

「大好物は何ですか」
そう聞かれたとき、あなたはすぐ答えることができるでしょうか。
普通の好物ではなく、大のつく好物です。

調味料を加えることが当たり前になっていないか。
たまには調味料なしで食べてみよう。

調味料を加えることが当たり前になっていないか。たまには調味料なしで食べてみよう。

私たちは、調味料を使って食べることがあります。
肉を食べるときは、たれをつける。
牛丼を食べるときは、薬味を入れる。

「朝から大好物を食べる」という選択肢もあっていい。

「朝から大好物を食べる」という選択肢もあっていい。

あなたが大好物を食べるのは、どんな時間帯ですか。
大好物にはスペシャルな印象があるためでしょうか。
「大好物=ご褒美」という位置づけで考えていることが多いもの。

おいしいものを見つけただけで「運命」を感じていい。

おいしいものを見つけただけで「運命」を感じていい。

運命とは、どんな瞬間をいうのでしょうか。
・将来のパートナーとなる人と出会ったとき
・素晴らしい人と出会って、人生観が変わったとき

腹が立ったら食事のことを考えよう。
あっという間に落ち着く。

腹が立ったら食事のことを考えよう。あっという間に落ち着く。

「ああ、腹が立って仕方がない!」
思いどおりにいかないときは、いらいらするでしょう。
私たちの日常では、むっとしたり腹が立ったりすることがあるものです。

食費を削っても、削りすぎるな。

食費を削っても、削りすぎるな。

食費を削ることがあるでしょう。
「最近、食費が多いかな」と思えば、日々の支出を見直し、食費を削ることがあるはずです。
もちろん適度の範囲で食費を削るのはいいのです。

食べることで、楽しめるようになる。

食べることで、楽しめるようになる。

食べないと、楽しめません。
仕事も趣味も人間関係も楽しめません。
日常全体を楽しめません。

「落としたあめは捨てるしかない」と考えていないか。

「落としたあめは捨てるしかない」と考えていないか。

あめを食べようとしたとき、うっかり落としてしまうことがあります。
つるっと指先からすべって、床に落ちてしまう。
特に小さなあめのときはよくあることです。

組み合わせの数だけ、食の楽しみもある。

組み合わせの数だけ、食の楽しみもある。

食の楽しみ方は、組み合わせで決まります。
ライスならライス単品で食べるのもいいですが、これにほかのメニューを加えます。
組み合わせて一緒に食べると、組み合わせの数だけバリエーションが生まれ、味わいも増えます。

お金が理由で、食べることを諦めない。

お金が理由で、食べることを諦めない。

「金欠だから」
「お金がないから」
「節約中だから」

食の可能性は「おいしくもないがまずくもない」という食べ物にある。

食の可能性は「おいしくもないがまずくもない」という食べ物にある。

いろいろなものを食べていると、微妙な印象の食べ物と出会うことがあります。
「おいしくもないがまずくもない」という食べ物です。
好きというわけではない。

食べすぎた罪悪感は、運動で晴らそう。

食べすぎた罪悪感は、運動で晴らそう。

「食べすぎた」と悔やむときがあります。
がつがつ早食いをしていると、勢いあまって腹八分目を超えてしまうことがあるでしょう。
気がついたときには満腹状態。

食わず嫌いは、食の機会損失。
食べたこともないのに「食べられない」と決めつけない。

食わず嫌いは、食の機会損失。食べたこともないのに「食べられない」と決めつけない。

食べたこともないのに「食べられない」と拒んでいませんか。
いわゆる、食わず嫌いです。
過去に食べたことがあって拒否するならわかります。

「おなかがすいた」と言う人は、そう言うことで空腹感を紛らわせようとしている。

「おなかがすいた」と言う人は、そう言うことで空腹感を紛らわせようとしている。

「おなかがすいた」と言われることはありませんか。

友人や職場の人から、ため息交じりでふいに言われることがあるものです。

年のせいで脂っこいものが苦手になっても大丈夫。
少量の範囲で楽しめばいい。

年のせいで脂っこいものが苦手になっても大丈夫。少量の範囲で楽しめばいい。

「年を取ってから脂っこいものが苦手になった」
「若いころのように、脂っこいものをがっつり食べるのはちょっと苦しい」
「年齢を重ねていくにつれて、あっさりした食事を好むようになった」

今日の食事のことを日記に書こう。
日々の食事も、素晴らしい日記ネタ。

今日の食事のことを日記に書こう。日々の食事も、素晴らしい日記ネタ。

日記をつけているなら、今日食べた食事のことを書きましょう。
食事は、小さなことなので流されがちです。
特別なイベントではありません。

あなたは、食の冒険者。
おいしいものを探す旅に出かけよう。

あなたは、食の冒険者。おいしいものを探す旅に出かけよう。

素晴らしい発見とは何でしょうか。
お気に入りの服を見つけること。
自分の長所や才能を見つけること。

同じカテゴリーの作品