食生活

日々の食事をおいしく食べる
30の方法

1
7

おいしく食べるつもりがないなら、
食べるな。

おいしく食べるつもりがないなら、食べるな。 | 日々の食事をおいしく食べる30の方法

おいしく食べるつもりがあるかどうか

 

食事の際は、おいしく食べるつもりで食べましょう。

「おいしく食べようとしたが、口に合わなかった」という場合ならいいのです。

「おいしく食べよう」と心がけています。

特に初めて食べるものは、実際に食べてみないと味がわかりません。

実際に食べてみた結果、好みに合わないことがあり、それは仕方ありません。

 

「苦手な食べ物ではありが、久しぶりにチャレンジしてみた」という場合もOKです。

年齢を重ねると、味覚や味の感じ方が変わることがあるもの。

「今なら食べられるかもしれない」と思って、久しぶりにチャレンジしてみた結果、やはり口に合わないこともあります。

残念な結果ではあるものの、少なくともポジティブ思考とチャレンジ精神があります。

おいしく食べるつもりだったのもの、結果としてうまくいかなかった場合ならいいのです。

問題は、最初からおいしく食べるつもりがない場合です。

 

最初からおいしく食べるつもりがないのはよくない

 

最初からおいしく食べるつもりがないのはよくありません。

  • おいしく食べようとしない
  • 「まずい」と思って食べようとする
  • 食べ物の悪口を言いながら食べる
  • 食事を遊び道具のように扱う
  • 最初から残したり捨てたりするつもりで食べる

 

最初からおいしく味わう気もないのに、食べるのはよくありません。

食事に感謝するどころか、軽く考えています。

食への冒瀆ぼうとくであり、罪深いことです。

命をささげてくれた食べ物を無駄にすることになります。

私たちのために命をささげてくれた動植物から恨まれることになるでしょう。

食の神様からも嫌われます。

おいしく食べるつもりがなければ、食べないほうがましです。

 

 

おいしく食べようするから、おいしく味わえる

 

食事をするときは、まずおいしく食べるもつもりになることが大切です。

本当においしいかどうかは別として、まずおいしく食べようという姿勢や気持ちが必要です。

「きっとおいしいだろう」

「しっかり味わおう!」

「きちんと味わって食べよう!」

おいしく食べるつもりになって、食べ物を口に運んでください。

心の中で小さく念じるだけでかまいません。

苦手な食べ物であっても「おいしいかもしれない」という期待を持って食べればいい。

おいしく食べようという気持ちが心の調味料となり、ますますおいしく味わえるようになります。

日々の食事をおいしく食べる方法(7)
  • おいしく食べるつもりで食べる。
ながら食いは控えよう。
食事中は、食べることに集中するのが一番。

もくじ
日々の食事をおいしく食べる30の方法
おいしく食べるつもりがないなら、食べるな。 | 日々の食事をおいしく食べる30の方法

  1. 普通に味わうのではない。<br>積極的に味わうのだ。
    普通に味わうのではない。
    積極的に味わうのだ。
  2. おいしいものを探すより、おいしく食べる方法を身につける。
    おいしいものを探すより、おいしく食べる方法を身につける。
  3. おいしいからおいしそうに食べるのではない。<br>おいしそうに食べるからおいしくなるのだ。
    おいしいからおいしそうに食べるのではない。
    おいしそうに食べるからおいしくなるのだ。
  4. どんなにおいしい食事も、汚れたテーブルでは台無し。<br>おいしい食事は、きれいなテーブルがあってこそ楽しめる。
    どんなにおいしい食事も、汚れたテーブルでは台無し。
    おいしい食事は、きれいなテーブルがあってこそ楽しめる。
  5. 食事の所要時間をあと1分伸ばそう。<br>おいしさを楽しむ時間が1分長くなる。
    食事の所要時間をあと1分伸ばそう。
    おいしさを楽しむ時間が1分長くなる。
  6. 食べる前に「おいしそう」と言おう。<br>食べているときは「おいしい」と言おう。<br>食べ終わったら「おいしかった」と言おう。
    食べる前に「おいしそう」と言おう。
    食べているときは「おいしい」と言おう。
    食べ終わったら「おいしかった」と言おう。
  7. おいしく食べるつもりがないなら、食べるな。
    おいしく食べるつもりがないなら、食べるな。
  8. ながら食いは控えよう。<br>食事中は、食べることに集中するのが一番。
    ながら食いは控えよう。
    食事中は、食べることに集中するのが一番。
  9. 料理を食べながら、使われている食材をイメージしよう。<br>「肉眼」だけでなく「心の目」でも楽しむ。
    料理を食べながら、使われている食材をイメージしよう。
    「肉眼」だけでなく「心の目」でも楽しむ。
  10. 相手の食べ残しが気になったときが大切だ。
    相手の食べ残しが気になったときが大切だ。
  11. 新鮮な驚きや発見は、食べ慣れたものにある。
    新鮮な驚きや発見は、食べ慣れたものにある。
  12. 「いただきます」を言い忘れたら、食事中に言ってもいい。
    「いただきます」を言い忘れたら、食事中に言ってもいい。
  13. 「まずいかな」と思いながら食べない。<br>「おいしいかな」と思いながら食べよう。
    「まずいかな」と思いながら食べない。
    「おいしいかな」と思いながら食べよう。
  14. おいしく感じたら、きちんと「おいしい」と言うことが大切。
    おいしく感じたら、きちんと「おいしい」と言うことが大切。
  15. 嫌なことばかりの1日であっても、夜においしい食事をすれば、幸せに締めくくれる。
    嫌なことばかりの1日であっても、夜においしい食事をすれば、幸せに締めくくれる。
  16. たまには目をつぶりながら食事をしてみよう。
    たまには目をつぶりながら食事をしてみよう。
  17. 食べ終わった食器を流しに持っていくまでが食事。
    食べ終わった食器を流しに持っていくまでが食事。
  18. 無性に食べたくなったときのカップラーメンは、最高においしい。
    無性に食べたくなったときのカップラーメンは、最高においしい。
  19. 食が細くなって落ち込む必要はない。<br>食の質を上げればいいのだ。
    食が細くなって落ち込む必要はない。
    食の質を上げればいいのだ。
  20. 食事をおいしく楽しむコツは、深呼吸。
    食事をおいしく楽しむコツは、深呼吸。
  21. 同じ食べ物でも、食べ方が変われば味わいも変わる。<br>食べ方の数だけ、食の楽しみが増える。
    同じ食べ物でも、食べ方が変われば味わいも変わる。
    食べ方の数だけ、食の楽しみが増える。
  22. 料理を作るプロがいるなら、料理を食べるプロもいていいはずだ。
    料理を作るプロがいるなら、料理を食べるプロもいていいはずだ。
  23. 楽しい雑談は、料理をおいしくする魔法の調味料。
    楽しい雑談は、料理をおいしくする魔法の調味料。
  24. きちんと「香り」も楽しんでいますか。
    きちんと「香り」も楽しんでいますか。
  25. 走るから食べるのではない。<br>食べるために走るのだ。
    走るから食べるのではない。
    食べるために走るのだ。
  26. 調味料を加えることが当たり前になっていないか。<br>たまには調味料なしで食べてみよう。
    調味料を加えることが当たり前になっていないか。
    たまには調味料なしで食べてみよう。
  27. 元気が出ない原因は、食事にあるのかもしれない。
    元気が出ない原因は、食事にあるのかもしれない。
  28. おなかがぺこぺこになったら喜ぼう。<br>普段よりおいしく感じるチャンス。
    おなかがぺこぺこになったら喜ぼう。
    普段よりおいしく感じるチャンス。
  29. おいしい料理を食べたいなら、おいしい料理を作れるようになればいい。
    おいしい料理を食べたいなら、おいしい料理を作れるようになればいい。
  30. 最後の一口を、気持ちを込めてきちんと味わう。
    最後の一口を、気持ちを込めてきちんと味わう。

同じカテゴリーの作品