食生活

食の喜びと感動を増やす
30の言葉

  • 幸せな人は、
    おいしさの幅が広い。
食の喜びと感動を増やす30の言葉

もくじ

幸せな人は、おいしさの幅が広い。

幸せな人は、おいしさの幅が広い。

幸せな人とはどんな人でしょうか。
それは、おいしさの幅が広い人です。
幸せな人は、何を食べても「おいしい」と言って喜びます。

食の感動体験は、やってくるものではなく、出会いに行くもの。

食の感動体験は、やってくるものではなく、出会いに行くもの。

食の感動体験を待っていませんか。
「どこかにおいしいものはないかな」
「誰かおいしいものをプレゼントしてくれないかな」

食欲があることは、素晴らしいこと。

食欲があることは、素晴らしいこと。

食欲は、もともと私たちに備わっている欲求です。
食欲を感じたことがない人はいません。
苦労や努力がなくても、自然と感じることができます。

とてもおいしいときだけ喜ぶのではない。
ちょっとおいしいときもきちんと喜ぼう。

とてもおいしいときだけ喜ぶのではない。ちょっとおいしいときもきちんと喜ぼう。

「これ、すごくおいしい」
「本当においしいね」
「うまい、おいしい、最高!」

食費を削りすぎると、不幸な結果を招く。
食費にお金をかけることは、自分のため。

食費を削りすぎると、不幸な結果を招く。食費にお金をかけることは、自分のため。

将来の貯蓄のために食費を減らそうと励んでいる人も多いでしょう。
もちろん節約は大切なことです。
無駄遣いを省くことは、素晴らしい心がけです。

お店に入るのに理由はいらない。
「なんとなく」でいい。

お店に入るのに理由はいらない。「なんとなく」でいい。

お店に入るのに、いちいち理由を考えないことです。
いちいち理由を気にしていては、外食に対して心理的な抵抗が生まれます。
お店に入りにくくなり、外食を楽しむ機会が減ってしまいます。

私たちは、歴史を食べている。

私たちは、歴史を食べている。

食生活を豊かにするポイントの1つ。
それは「歴史を知ること」です。
歴史と食生活は無関係に思えますが、誤解です。

下を向いて歩く癖のある人は、新しいお店を見つけられない。

下を向いて歩く癖のある人は、新しいお店を見つけられない。

新しいお店を見つけるとき、注意したい癖があります。
それは、下を向いて歩く癖です。
下を向いてある癖はありませんか。

間食とはいえ、れっきとした食事の1つ。
量は少なくても、じっくり味わう。

間食とはいえ、れっきとした食事の1つ。量は少なくても、じっくり味わう。

昼食と夕食の間には、小さな食事があります。
そうです、間食です。
毎日のおやつタイムと言ってもいいでしょう。

おいしいものを見つけただけで「運命」を感じていい。

おいしいものを見つけただけで「運命」を感じていい。

運命とは、どんな瞬間をいうのでしょうか。
・将来のパートナーとなる人と出会ったとき
・素晴らしい人と出会って、人生観が変わったとき

カレンダーに外食の予定を書くと、未来が輝いて見えるようになる。

カレンダーに外食の予定を書くと、未来が輝いて見えるようになる。

カレンダーに外食の予定を書くことはありますか。
カレンダーに書くことと言えば、イベント関係が多いでしょう。
記念日や誕生日、打ち合わせや出張、デートや旅行といったイベントが一般的です。

今日の夕食は外食と決めれば、今すぐやる気が爆発する。

今日の夕食は外食と決めれば、今すぐやる気が爆発する。

なかなか仕事のやる気が出なくて困ることがあるでしょう。
「仕事のやる気が出なくて、だらだらしてしまう」
そんなとき、今すぐやる気を出す方法があります。

新しいお店は、自宅の近所にある。

新しいお店は、自宅の近所にある。

新しいお店は意外ところに隠れています。
隠れているといっても、本当に隠れているわけではありません。
あなたが気づいていないだけです。

未開のお店に誘われたら「行く!」と即答する人が、チャンスをつかむ。

未開のお店に誘われたら「行く!」と即答する人が、チャンスをつかむ。

あるとき友人から未開のお店に誘われることがあります。
「○○がおいしいお店を見つけたんだけど行ってみない?」
その飲食店には一度も行ったことがありません。

おいしそうに食べるだけで、世界の幸せに貢献できる。

おいしそうに食べるだけで、世界の幸せに貢献できる。

おいしそうに食べている人を見かけることはありませんか。
・大きな口をあんぐり開ける
・にこにこしながら食べる

おいしいお店を見つけるのも、才能。

おいしいお店を見つけるのも、才能。

「おいしいお店をよく知っているね」
お店情報に詳しくて褒められることはありませんか。
おいしいお店を見つけるのが得意という人もいるでしょう。

「○○風」とつけば、もはや違った食べ物と考えていい。

「○○風」とつけば、もはや違った食べ物と考えていい。

レストランでは時折「○○風」という料理を見かけることがあります。
「ミラノ風ドリア」
「ロシア風ポテトサラダ」

食べるのが遅いのは、幸せなことである。

食べるのが遅いのは、幸せなことである。

食べるのが遅いことに悩んでいる人がいます。
「食べるペースが遅いんです」
「早食いができないんです」

人気店・有名店を否定しない。

人気店・有名店を否定しない。

「あのお店は人気だね」
「あのお店は有名だよね」
そんなセリフを聞くやいなや、すぐ否定する人がいます。

食事と活動のサイクルが美しい人は、人生もうまくいく。

食事と活動のサイクルが美しい人は、人生もうまくいく。

しっかり仕事をしたいなら、まず腹ごしらえです。
精力的に活動するためには、食事が欠かせません。
食事とは、いわばガソリンです。

地球上にある全種類の食べ物を食べるつもりになる。

地球上にある全種類の食べ物を食べるつもりになる。

毎日同じものばかり食べていませんか。
毎日同じものを食べるのもいいですが、そればかりでは食の楽しみが広がりません。
地球上にある全種類の食べ物を食べるつもりになってください。

「まずい、まずい」と騒ぐのは、その食べ物に失礼だ。

「まずい、まずい」と騒ぐのは、その食べ物に失礼だ。

まずいからといって「まずい、まずい」と騒がないでください。
「正直に言っているだけ」と思うかもしれませんが、ネガティブな発言を連発するのはよくありません。
その食べ物も、好きでまずくなっているわけではありません。

まずくても、いらいらしない。
「まだ味覚が育っていないだけ」と、どっしり構えていればいい。

まずくても、いらいらしない。「まだ味覚が育っていないだけ」と、どっしり構えていればいい。

食べてみたところ「まずい」と感じることがあります。
口の中に嫌な味が広がって不快感を覚えます。
気持ち悪く感じて、眉間にしわが寄り、表情が崩れます。

年のせいで脂っこいものが苦手になっても大丈夫。
少量の範囲で楽しめばいい。

年のせいで脂っこいものが苦手になっても大丈夫。少量の範囲で楽しめばいい。

「年を取ってから脂っこいものが苦手になった」
「若いころのように、脂っこいものをがっつり食べるのはちょっと苦しい」
「年齢を重ねていくにつれて、あっさりした食事を好むようになった」

お店は今日もあなたを呼んでいる。
「おいで、おいで」という声に気づこう。

お店は今日もあなたを呼んでいる。「おいで、おいで」という声に気づこう。

一度も入ったことのないお店が、あなたを呼んでいます。
普段通り過ぎてばかりで、ちらっと見る程度です。
そのお店の声に気づいていますか。

おいしいものを食べて感動することがあるなら、まずいものを食べて感動することもあっていいはずだ。

おいしいものを食べて感動することがあるなら、まずいものを食べて感動することもあっていいはずだ。

おいしいものを食べると、私たちは感動します。
「わあ、なんておいしいのだろう!」
あまりのおいしさに感動の悲鳴を上げるでしょう。

クローシュは、自分で開けないのがマナー。
お店の人が開けて「わあっ!」となるのが演出。

クローシュは、自分で開けないのがマナー。お店の人が開けて「わあっ!」となるのが演出。

フランス料理のフルコースでは「ドーム型をした銀色の蓋」が登場することがあります。
お皿の上にかぶさっていて、中には料理が入っています。
あの蓋のことを「クローシュ」と呼びます。

「食べるのが趣味」という人に、不幸な人はいない。

「食べるのが趣味」という人に、不幸な人はいない。

「食べるのが趣味」という人を見かけることがあります。
「趣味は食べることです」
そう聞いたとき、あなたはどんなリアクションをするかです。

全額負担の順番は交互でなくていい。
最終的に貸し借りのバランスが整えばいい。

全額負担の順番は交互でなくていい。最終的に貸し借りのバランスが整えばいい。

人と食事の際、こちらが食事代を全額負担することがあります。
「今日の食事代は、こちらで全部出しますね」
食事の場では、割り勘がふさわしくない場面があります。

食べるという行為は、生きているうちしかできない。
「これが人生最後の食事」と思えば、どんな食事でも感慨深くなる。

食べるという行為は、生きているうちしかできない。「これが人生最後の食事」と思えば、どんな食事でも感慨深くなる。

食べるという行為は、生きているうちしかできません。
当たり前のことですが、この素晴らしさに気づくことが大切です。
食べるという行為は毎日行うことであり、まったく普通で日常的なことです。

同じカテゴリーの作品