食生活

食の喜びと感動を増やす
30の言葉

  • 幸せな人は、
    おいしさの幅が広い。
食の喜びと感動を増やす30の言葉

もくじ

いい外食をしようと思ったら、自分が何を求めているのか理解しておくことが大切。

いい外食をしようと思ったら、自分が何を求めているのか理解しておくことが大切。

「よし、食べに行こう!」
そう思ったら、まず確認してきたいことがあります。
「自分が何を求めているか」です。

「今度行ってみよう」と思ったお店に行ってみよう。

「今度行ってみよう」と思ったお店に行ってみよう。

気になるお店を見つけたとき「今度行ってみよう」と思うことがあるでしょう。
「あっ、ここに新しいお店がある。なんだかよさそう。今度行ってみよう」
新しいお店を見つけ、料理や雰囲気がよさそうなら「今度行ってみよう」と思うでしょう。

外食には、人生を変える力がある。

外食には、人生を変える力がある。

外食には、人生を変える力があります。
「人生を変える力」と聞くと大げさに思うかもしれませんが、大げさではありません。
たとえば、次のような経験はありませんか。

新しいお店は「いつもと違った道」にある。

新しいお店は「いつもと違った道」にある。

新しいお店を見つけるにはどうすればいいのでしょうか。
誰でもできる簡単な方法があります。
「いつもと違った道」を通ってみればいいのです。

食費を削りすぎると、不幸な結果を招く。
食費にお金をかけることは、自分のため。

食費を削りすぎると、不幸な結果を招く。食費にお金をかけることは、自分のため。

将来の貯蓄のために食費を減らそうと励んでいる人も多いでしょう。
もちろん節約は大切なことです。
無駄遣いを省くことは、素晴らしい心がけです。

「ラストオーダーです」と言われても焦らない。

「ラストオーダーです」と言われても焦らない。

閉店近くの時間になると「ラストオーダーです」と言われます。
ラストオーダーとは、閉店前の最後の注文ということです。
このときどうするかです。

にこにこしながら食事をするだけで、お店の雰囲気作りに貢献できる。

にこにこしながら食事をするだけで、お店の雰囲気作りに貢献できる。

雰囲気のいいお店は、入った瞬間にわかります。
お客さんがにこにこしながら食事を楽しんでいます。
あちこちからお客さんの楽しそうな話し声が聞こえてきます。

下を向いて歩く癖のある人は、新しいお店を見つけられない。

下を向いて歩く癖のある人は、新しいお店を見つけられない。

新しいお店を見つけるとき、注意したい癖があります。
それは、下を向いて歩く癖です。
下を向いてある癖はありませんか。

どれだけ最悪の外食でも、よかったところが1つくらいあるはずだ。

どれだけ最悪の外食でも、よかったところが1つくらいあるはずだ。

・店内の雰囲気が悪かった。
・「完売」で注文できなかった。
・注文を間違えられた。

まずくても、いらいらしない。
「まだ味覚が育っていないだけ」と、どっしり構えていればいい。

まずくても、いらいらしない。「まだ味覚が育っていないだけ」と、どっしり構えていればいい。

食べてみたところ「まずい」と感じることがあります。
口の中に嫌な味が広がって不快感を覚えます。
気持ち悪く感じて、眉間にしわが寄り、表情が崩れます。

店内に入ったら、まず雰囲気を楽しもう。
店内の雰囲気も、1つの芸術作品。

店内に入ったら、まず雰囲気を楽しもう。店内の雰囲気も、1つの芸術作品。

外食でお店に入ったら、まず雰囲気を楽しんでください。
店内に入った瞬間、あなたの五感にひしひし訴えかけてくるものがあるでしょう。
おしゃれなインテリア、センスのいい音楽、額縁に入った絵画、明るく照らされた照明、癒やされる観葉植物。

今日の夕食は外食と決めれば、今すぐやる気が爆発する。

今日の夕食は外食と決めれば、今すぐやる気が爆発する。

なかなか仕事のやる気が出なくて困ることがあるでしょう。
「仕事のやる気が出なくて、だらだらしてしまう」
そんなとき、今すぐやる気を出す方法があります。

あなたには「勝負飯」がありますか。

あなたには「勝負飯」がありますか。

勝負飯とは何か。
大事な局面の直前で、験担ぎとして食べる食事のことをいいます。
あなたには「勝負飯」はありますか。

料理を注文したら、ぼうっと待つのではない。
わくわくしながら待つのだ。

料理を注文したら、ぼうっと待つのではない。わくわくしながら待つのだ。

料理の注文を終えました。
注文を終われば、料理が出てくるのをしばらく待ちます。
待ち時間は注文した料理によって異なりますが、手の込んだ料理であればあるほど時間もかかるでしょう。

どちらもおいしそうと思ったものは、どちらを選んでも正解。

どちらもおいしそうと思ったものは、どちらを選んでも正解。

メニューを眺めていると、2択で迷うことがあります。
「こっちもおいしそうだけど、こっちもおいしそう」
1つを決めるとなると、一方を諦めなければいけません。

どんな料理かわからないときは、店員さんにきちんと聞く。

どんな料理かわからないときは、店員さんにきちんと聞く。

お店によっては「文字だけのメニュー」ということがあります。
写真がついていればイメージできますが、文字だけの場合、どんな料理なのかよくわからず首をかしげることがあるでしょう。
特に高級レストランでは、文字だけで書かれたメニューが一般的です。

予約ができるお店なら、きちんと予約をしていく。
当日であっても、できるだけ予約していくほうがいい。

予約ができるお店なら、きちんと予約をしていく。当日であっても、できるだけ予約していくほうがいい。

予約ができるお店なら、きちんと予約していきましょう。
「いちいち予約をするのは面倒くさい」
「別に予約をしなくてもいいのではないか」

新しい料理との出会いは、行きつけのお店にある。

新しい料理との出会いは、行きつけのお店にある。

新しい料理との出会いは、どこにあるのか。
それは、行きつけのお店にあります。
行きつけのお店であれば、何度も行ったことがあって、すっかりなじんでいることでしょう。

人気店・有名店を否定しない。

人気店・有名店を否定しない。

「あのお店は人気だね」
「あのお店は有名だよね」
そんなセリフを聞くやいなや、すぐ否定する人がいます。

フォーマルなレストランでは、料理に調味料を加えないのがマナー。

フォーマルなレストランでは、料理に調味料を加えないのがマナー。

レストランによっては、テーブルに調味料が置かれていないことがあります。
特にフォーマルなレストランでは一般的に調味料が置かれていません。
「味が足りないな」

まずい食べ物にも感謝しよう。
すべてがおいしければ、それはそれで味気ない世界。

まずい食べ物にも感謝しよう。すべてがおいしければ、それはそれで味気ない世界。

まずい食べ物に感謝してください。
まずい食べ物はまずい。
食べられないものは食べられない。

「まずい、まずい」と騒ぐのは、その食べ物に失礼だ。

「まずい、まずい」と騒ぐのは、その食べ物に失礼だ。

まずいからといって「まずい、まずい」と騒がないでください。
「正直に言っているだけ」と思うかもしれませんが、ネガティブな発言を連発するのはよくありません。
その食べ物も、好きでまずくなっているわけではありません。

完売で断られてもいらいらしない。
次の楽しみができたと思えばいい。

完売で断られてもいらいらしない。次の楽しみができたと思えばいい。

注文しようとしたところ、残念な返事が返ってくることがあります。
「申し訳ございません。本日分の販売は終了しております」
すでに完売のため売ることができないとのこと。

言葉を失うほどおいしいものを食べた経験はあるか。

言葉を失うほどおいしいものを食べた経験はあるか。

人は、本当においしいと感じたとき、言葉を失います。
大きく目を見開いて「んん!」となります。
目の前が真っ白になって、全身に鳥肌が立ちます。

お店は今日もあなたを呼んでいる。
「おいで、おいで」という声に気づこう。

お店は今日もあなたを呼んでいる。「おいで、おいで」という声に気づこう。

一度も入ったことのないお店が、あなたを呼んでいます。
普段通り過ぎてばかりで、ちらっと見る程度です。
そのお店の声に気づいていますか。

おいしいものを食べて感動することがあるなら、まずいものを食べて感動することもあっていいはずだ。

おいしいものを食べて感動することがあるなら、まずいものを食べて感動することもあっていいはずだ。

おいしいものを食べると、私たちは感動します。
「わあ、なんておいしいのだろう!」
あまりのおいしさに感動の悲鳴を上げるでしょう。

クローシュは、自分で開けないのがマナー。
お店の人が開けて「わあっ!」となるのが演出。

クローシュは、自分で開けないのがマナー。お店の人が開けて「わあっ!」となるのが演出。

フランス料理のフルコースでは「ドーム型をした銀色の蓋」が登場することがあります。
お皿の上にかぶさっていて、中には料理が入っています。
あの蓋のことを「クローシュ」と呼びます。

「食べるのが趣味」という人に、不幸な人はいない。

「食べるのが趣味」という人に、不幸な人はいない。

「食べるのが趣味」という人を見かけることがあります。
「趣味は食べることです」
そう聞いたとき、あなたはどんなリアクションをするかです。

食の感動体験は、やってくるものではなく、出会いに行くもの。

食の感動体験は、やってくるものではなく、出会いに行くもの。

食の感動体験を待っていませんか。
「どこかにおいしいものはないかな」
「誰かおいしいものをプレゼントしてくれないかな」

幸せな人は、おいしさの幅が広い。

幸せな人は、おいしさの幅が広い。

幸せな人とはどんな人でしょうか。
それは、おいしさの幅が広い人です。
幸せな人は、何を食べても「おいしい」と言って喜びます。

同じカテゴリーの作品