食生活

食の神様に愛される
30の方法

  • 食の神様は
    「くちゃくちゃ」という音が嫌い。
    「もぐもぐ」という音が好き。
食の神様に愛される30の方法

もくじ

食の神様がいると信じる人は、豊かな食生活に恵まれる。

食の神様がいると信じる人は、豊かな食生活に恵まれる。

あなたは、食の神様の存在を信じていますか。
「食の神様なんて信じていない」
「そもそも神様なんて存在していない」

おいしそうに食べる人に、人も神様も引き寄せられる。

おいしそうに食べる人に、人も神様も引き寄せられる。

おいしそうに食べましょう。
おいしそうに食べるだけでいいのです。
おいしそうに食べるあなたを見た人は「なんておいしそうに食べるのだろう」とにっこりするでしょう。

食事中だからといって、下ばかり見ない。

食事中だからといって、下ばかり見ない。

食事をするときは、顔が下を向きがちです。
もちろん下を向くのはいいのです。
食べるものは手元にあるのですから、食べるときに下を向くのは当然でしょう。

にこにこしながら食べれば、食の神様もにこにこする。

にこにこしながら食べれば、食の神様もにこにこする。

無表情で食べないでください。
悲しそうな表情で食べないでください。
むすっとした表情で食べないでください。

みんなが「まずい」と言うものをおいしく感じるところに、あなたの才能がある。

みんなが「まずい」と言うものをおいしく感じるところに、あなたの才能がある。

みんなが「まずい」という食べ物があります。
「これ、まずいよ」
「本当だ。おいしくないね」

人がおいしく食べることを祈ると、自分が食べているものまでおいしくなる。

人がおいしく食べることを祈ると、自分が食べているものまでおいしくなる。

おいしく食事をしたいなら、人がおいしく食べることを祈ってください。
「人がおいしく食べるのを祈ったところで自分には関係ない」
そう思うかもしれませんが、もう少し大きな心があってもいいのではないでしょうか。

食べ残すとき、仕方ないからといって平然とするのはよくない。
大切なのは「残してごめんなさい」の気持ち。

食べ残すとき、仕方ないからといって平然とするのはよくない。大切なのは「残してごめんなさい」の気持ち。

食事の理想は、完食です。
すべてきれいに食べきることが、最も美しい終わり方です。
ところが、食べきるのがいいとわかっていても、仕方ないときもあります。

食べ物の名前を覚えておかないと、きちんと食べたことにはならない。

食べ物の名前を覚えておかないと、きちんと食べたことにはならない。

食は、私たちにとって身近な存在です。
だからといって、何でも食べ物の名前を知っているとは限りません。
じっくり見渡してみると、私たちの身の回りの食べ物には、意外と名前の知らない食べ物が少なくありません。

種類や部位を細かく確認すると、よりおいしくいただける。

種類や部位を細かく確認すると、よりおいしくいただける。

食べるときには名前を確認します。
知っている食べ物でも、もっと細かく名前を確認した上で食べるといいでしょう。
大まかな把握でもいいのですが、できれば細かく把握したほうがよりおいしくいただけます。

自分を見失ったら食事をしよう。
腹ごしらえをすれば、本来の自分を取り戻せる。

自分を見失ったら食事をしよう。腹ごしらえをすれば、本来の自分を取り戻せる。

自分を見失ったときは食事をしましょう。
自分を見失っているときは、食事がおろそかになっていることが多い。
・食事を省いている

本当に空腹で苦しい経験も、人生で一度くらいあったほうがいい。

本当に空腹で苦しい経験も、人生で一度くらいあったほうがいい。

空腹は体によくありません。
ガス欠状態では、元気もパワーも出ません。
頭がぼうっとしてまったく集中できません。

食べたいものをイメージしよう。
まもなく奇跡が起こるだろう。

食べたいものをイメージしよう。まもなく奇跡が起こるだろう。

食べたいものをイメージしてください。
あなたが今、食べたいものは何ですか。
食べたいものをイメージすることは、奇跡を起こす力があります。

食の神様は、あなたの食べ方を見ている。
食べ方が美しい人は、運にもチャンスにも恵まれる。

食の神様は、あなたの食べ方を見ている。食べ方が美しい人は、運にもチャンスにも恵まれる。

あなたが食事をしているとき「ある存在」から見られています。
食の神様です。
食の神様は、あなたの食べ方をチェックしています。

欲張って食べすぎると、神様は罰として寿命を奪う。

欲張って食べすぎると、神様は罰として寿命を奪う。

欲張って食べすぎないでください。
がつがつ大食いをする様子は勢いがあって豪快ですが、注意が必要です。
「おいしいから食べられるだけ食べたい」

「ごちそうさま。
おいしかったよ」という一言を言い過ぎることはない。

「ごちそうさま。おいしかったよ」という一言を言い過ぎることはない。

親やパートナーが手料理を作ってくれました。
とてもありがたいことですね。
さて、作ってもらった手料理を食べ終えたら、言いたい言葉があります。

「まずい」「おいしくない」と思ったときこそ笑顔になる。
眉間にしわが寄っても、口角だけは上げておく。

「まずい」「おいしくない」と思ったときこそ笑顔になる。眉間にしわが寄っても、口角だけは上げておく。

「まずい」
「おいしくない」
「食べられない」

健康運の悪い人は「満腹を100パーセント」と考える。
健康運のいい人は「腹八分目を100パーセント」と考える。

健康運の悪い人は「満腹を100パーセント」と考える。健康運のいい人は「腹八分目を100パーセント」と考える。

健康運を高めたいなら「食事の量」に注意しましょう。
食事量の調整は、健康運に関わるポイントの1つ。
食事と健康は、切っても切れない関係です。

大好物は、連続で食べることもあっていい。

大好物は、連続で食べることもあっていい。

大好物といえば「たまに食べるもの」という感じがあります。
大好物には特別感があります。
強く気持ちがこもっているためでしょうか。

食べ物の贈り物をいただいたら、きちんと後で感想を伝えよう。

食べ物の贈り物をいただいたら、きちんと後で感想を伝えよう。

食べ物の贈り物をいただくことがあります。
ハム、ソーセージ、お菓子類などです。
お土産・お歳暮・お中元など、人から食べ物の贈り物をいただく機会があるでしょう。

おいしいレストランを紹介しよう。
今度はあなたが、神様からおいしいレストランを紹介される。

おいしいレストランを紹介しよう。今度はあなたが、神様からおいしいレストランを紹介される。

行ったことのあるレストランの中で、おすすめのレストランはありませんか。
地元にあるお店なら、何度か行くことがあって、比較的詳しいのではないでしょうか。
生活圏内にあるレストランは、自然と詳しくなってしまうものですね。

口に合わないものを食べてしまったら、おいしいもので口直しをしよう。

口に合わないものを食べてしまったら、おいしいもので口直しをしよう。

食べたことがないものを、試しに食べてみることがあります。
ところが思いのほか口に合わなくて、ストレスを感じることがあるでしょう。
「しまった。これは苦手な味だ。食べるのはちょっと厳しいな」

食べ物を粗末にする人は、食の神様から嫌われる。
食べ物を大切にする人は、神様からも大切にされる。

食べ物を粗末にする人は、食の神様から嫌われる。食べ物を大切にする人は、神様からも大切にされる。

ときどき食べ物を粗末にする人がいます。
・後ろめたい気持ちを持つことなく、食べ残す
・食べる前に腐らせ、そのまま捨ててしまう

季節限定メニューは、今期しか楽しめない。
「また今度」と思っているうちに販売が終了する。

季節限定メニューは、今期しか楽しめない。「また今度」と思っているうちに販売が終了する。

レストランに行くと「季節限定メニュー」をよく見かけます。
おすすめのメニューとして大々的に紹介されていることが多いですね。
店頭のディスプレイや店内のメニューで目立ちます。

食の神様は存在する。
目の前にある食べ物一つ一つが、食の神様。

食の神様は存在する。目の前にある食べ物一つ一つが、食の神様。

食の神様はどこに存在するのでしょうか。
食の神様はあなたの身近にたくさん存在しています。
しかも毎日接触しています。

一目惚れをしている自分に気づいてください。

一目惚れをしている自分に気づいてください。

あるとき日常で不思議な体験をすることがあります。
・美しい料理にうっとり見とれる
・おいしそうな食べ物に目を奪われる

満腹で食べ残したときは「ごちそうさま」と言い忘れやすい。

満腹で食べ残したときは「ごちそうさま」と言い忘れやすい。

食べてみたもの、途中で満腹になって食べきれないことがあります。
「もうおなかがいっぱい」
「これ以上は食べきれない」

レストランで注文間違いは、神様からのサプライズメニュー。

レストランで注文間違いは、神様からのサプライズメニュー。

レストランで注文間違いをされることがあるでしょう。
注文してしばらく待ってようやく出てきたと思ったら、注文とは違った料理でした。
「あれ。注文したものと違うぞ」

味覚は、満腹感に応じて変わる。
満腹のときに抵抗を感じたものは、錯覚かもしれない。

味覚は、満腹感に応じて変わる。満腹のときに抵抗を感じたものは、錯覚かもしれない。

初めてのものを食べるとき、空腹とは限りません。
たまたま満腹だったということがあるでしょう。
「あまりおなかがすいていない。それどころかおなかがいっぱい」

「明日もおいしいものが食べられる」という理由だけで、希望を持っていい。

「明日もおいしいものが食べられる」という理由だけで、希望を持っていい。

希望を持つことを、難しく考えないでください。
希望を持つことを大げさに考えすぎないことです。
もっと肩の力を抜いて考えてみませんか。

同じカテゴリーの作品