執筆者:水口貴博

食の大切さに気づく
30の名言

28
4

食に対する感謝は
「ありがとう」と
「ありがたい」の両方が必要。

食に対する感謝は「ありがとう」と「ありがたい」の両方が必要。 | 食の大切さに気づく30の名言

食に対する感謝は、まず「ありがとう」が基本です。

親に作ってもらった食事があるでしょう。

「おいしい食事を作ってくれてありがとう」です。

食品売り場には、新鮮な野菜や果物が並んでいるでしょう。

「育ててくれてありがとう」「売ってくれてありがとう」です。

レストランに行けば、贅沢ぜいたくでおいしい料理を楽しめるでしょう。

「贅沢でおいしい料理をありがとう」です。

ありがとうは、食の基本ですね。

感謝の気持ちがあると、食後の余韻もよくなります。

「チャージ完了!」「また頑張ろう!」と前向きな気持ちも強くなります。

では、ありがとうで十分かというと、そうではありません。

ありがとうのほかに、もうひとつ大切な感謝の気持ちがあります。

それが「ありがたい」です。

「ありがたい」

「ありがとう」と「ありがたい」。

どちらも感謝の気持ちですが、少し違いがあります。

「ありがとう」は、外に向かって使う感謝言葉であり、お礼として使うものです。

「ありがたい」は、内に向かって使う感謝言葉であり、自分の心で感じるものです。

ありがとうも大切ですが、それだけで満足せず、ありがたいという気持ちも大切です。

親に作ってもらった食事があるでしょう。

「食事を作ってくれてありがたい」と、しみじみ感謝を感じましょう。

手間暇かけて作ってくれた食事には、親の愛情がこもっています。

毎日ご飯を食べるとします。

「毎日白いご飯が食べられるなんてありがたい」と、しみじみ感謝を感じましょう。

シンプルな白ご飯でも、感謝の気持ちがあれば、いっそうおいしく感じられます。

レストランでおいしい料理を堪能しました。

「こんなおいしい料理を食べられるなんてありがたい」と、しみじみ感謝を感じましょう。

生産者・料理人・店員さんなど、食に携わる人たちに対して敬意と感謝の念を抱くことです。

「ありがたい」と思えば思うほど、いかに自分が恵まれているか気づかされます。

恵まれた自分に気づくことで、心の中で感謝の気持ちが湧いて、そして増幅されます。

命に対する感謝が生まれ、真剣に人生を生きようという気持ちが強くなります。

生きる力とポジティブ思考が強くなるのです。

食に対する感謝は「ありがとう」と「ありがたい」の両方が必要

感謝ができる人は、心のきれいな人です。

感謝をすればするほど、食生活全体が素晴らしく輝いていきます。

今まで「ありがとう」しか意識していなかったなら、これからは「ありがたい」を大切にしましょう。

今まで「ありがたい」しか意識していなかったなら、これからは「ありがとう」を大切にしましょう。

感謝の方向は、外側・内側の両方を叶えましょう。

「ありがとう」と「ありがたい」の両方があってこそ、素晴らしい感謝が実現します。

食の大切さに気づく名言(28)
  • 食への感謝は、「ありがとう」と「ありがたい」の両方の気持ちを大切にする。
気が向いたときに好きな食べ物を食べようなんて、好きな食べ物に失礼だ。

食の大切さに気づく30の名言
食の大切さに気づく30の名言

  1. 今の食欲は、未来の準備。
    今の食欲は、未来の準備。
  2. 大好物は、人生のパートナー。
    大好物は、人生のパートナー。
  3. 無性に食べたくなるのは、体からの救援シグナル。
    無性に食べたくなるのは、体からの救援シグナル。
  4. 食事には、本番しかない。
    食事には、本番しかない。
  5. あなたの個性は、好きな食べ物に表れる。
    あなたの個性は、好きな食べ物に表れる。
  6. 落ち込んでいる人を励ますくらいなら、食事に誘ったほうが早い。
    落ち込んでいる人を励ますくらいなら、食事に誘ったほうが早い。
  7. 「何を食べたか」より「どれだけ味わったか」。
    「何を食べたか」より「どれだけ味わったか」。
  8. 食べるのは、あなたの仕事。<br>消化吸収は、内臓の仕事。
    食べるのは、あなたの仕事。
    消化吸収は、内臓の仕事。
  9. まずい食べ物にも感謝しよう。<br>すべてがおいしければ、それはそれで味気ない世界。
    まずい食べ物にも感謝しよう。
    すべてがおいしければ、それはそれで味気ない世界。
  10. 一食一食を大切にして満足するのではない。<br>一口一口を大切にするのだ。
    一食一食を大切にして満足するのではない。
    一口一口を大切にするのだ。
  11. 嫌いな食べ物が含まれているからといって、料理全体を否定しない。
    嫌いな食べ物が含まれているからといって、料理全体を否定しない。
  12. おいしい食べ物は、いつもあなたの味方。<br>どんなことがあっても、あなたを裏切らない。
    おいしい食べ物は、いつもあなたの味方。
    どんなことがあっても、あなたを裏切らない。
  13. 外食の機会は、料理のヒントを得る機会。
    外食の機会は、料理のヒントを得る機会。
  14. 料理で満腹でも諦めない。<br>おなかがいっぱいでも、食後のデザートは別腹。
    料理で満腹でも諦めない。
    おなかがいっぱいでも、食後のデザートは別腹。
  15. 「味わう」より「味わわせていただく」。
    「味わう」より「味わわせていただく」。
  16. 下痢で大恥・大損をした経験も、無駄にはならない。<br>同じ苦しみを経験した人に優しくなれるから。
    下痢で大恥・大損をした経験も、無駄にはならない。
    同じ苦しみを経験した人に優しくなれるから。
  17. ぼんやり食器を洗うのではない。<br>感謝の気持ちを込めながら洗おう。
    ぼんやり食器を洗うのではない。
    感謝の気持ちを込めながら洗おう。
  18. 満腹を自慢するな。<br>食べすぎたことを反省しろ。
    満腹を自慢するな。
    食べすぎたことを反省しろ。
  19. おすすめを食べてみて期待外れであっても、騙されたわけではない。
    おすすめを食べてみて期待外れであっても、騙されたわけではない。
  20. 「1粒残す」と「1粒も残さない」は別物と考える。
    「1粒残す」と「1粒も残さない」は別物と考える。
  21. 生きるために食べているのではない。<br>食べるために生きているのだ。
    生きるために食べているのではない。
    食べるために生きているのだ。
  22. 味と見た目のギャップを楽しむことも、食の醍醐味。
    味と見た目のギャップを楽しむことも、食の醍醐味。
  23. いいお店を見つけたら「話のネタができた」とガッツポーズ。
    いいお店を見つけたら「話のネタができた」とガッツポーズ。
  24. 「単なる食事」は、1つもない。
    「単なる食事」は、1つもない。
  25. すべての食事は、一期一会。<br>完全に同じものは二度と楽しめない。
    すべての食事は、一期一会。
    完全に同じものは二度と楽しめない。
  26. 「いただきます」は「命をいただきます」と言い換えてみよう。<br>「ごちそうさまでした」は「命をごちそうさまでした」と言い換えてみよう。
    「いただきます」は「命をいただきます」と言い換えてみよう。
    「ごちそうさまでした」は「命をごちそうさまでした」と言い換えてみよう。
  27. お店との出会いは、すべてが奇跡。
    お店との出会いは、すべてが奇跡。
  28. 食に対する感謝は「ありがとう」と「ありがたい」の両方が必要。
    食に対する感謝は「ありがとう」と「ありがたい」の両方が必要。
  29. 気が向いたときに好きな食べ物を食べようなんて、好きな食べ物に失礼だ。
    気が向いたときに好きな食べ物を食べようなんて、好きな食べ物に失礼だ。
  30. 人生は有限。<br>食事回数も有限。
    人生は有限。
    食事回数も有限。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION