日々の食事をおいしく食べる
30の方法

22
1

料理を作るプロがいるなら、
料理を食べるプロもいていいはずだ。

料理を作るプロがいるなら、料理を食べるプロもいていいはずだ。 | 日々の食事をおいしく食べる30の方法

「料理を作るプロ」は聞くことはあっても「料理を食べるプロ」は聞くことがない

料理を作るプロがいます。

料理を作るプロは、魔法のようにおいしく料理を作ります。

調理の手元がスピーディーです。

手際よく切ったり分けたりいためたりします。

上手に味付けをしたりきれいに盛り付けをしたりします。

冷蔵庫の残り物であっても、プロの料理人の手にかかれば、素晴らしい料理が出来上がります。

ここで、ひとつ気づいてほしいことがあるはずです。

「料理を作るプロ」はよく聞きますが「料理を食べるプロ」というのは聞いたことがありません。

料理を作るプロがいるなら、料理を食べるプロもいていいはずです。

料理を食べるプロになろう

ぜひ、プロになってください。

誰かになってもらうのではなく、あなたがなるのです。

食べるだけだから簡単そうに思えますが、プロ意識を持った心がけが必要です。

「とりあえず食べればいい」ではありません。

「マナーを守りながら、きちんとおいしく味わって食べる」です。

普通に食べればいいのではなく、プロ意識を持った食べ方が必要です。

マナーのいい食べ方や丁寧な味わい方が欠かせません。

料理を食べるプロは、どんな食事でもおいしく味わって食べることができます。

大切なことは、プロ意識

「私は、料理を食べるプロだ」と思いながら食事をしてください。

プロ意識を持てば、気合が入って、背筋がぴんと伸びるでしょう。

「いただきます」と言いましょう。

食べ物に感謝しながら食べましょう。

ゆっくり一口ずつ丁寧に味わいましょう。

カトラリーは丁寧に扱いましょう。

心地よい余韻を残して食事を終えましょう。

どれも当たり前のことですが、きちんとできている人は意外と少ないものです。

当たり前だからといって軽視せず、いま一度意識して取り組んでください。

食べる行為は、誰もが毎日していることです。

だからこそ、食べる行為を高めることで、食生活の底上げにつながります。

料理を作れないなら、なおさら食べるプロを目指そう

「私は料理をまったく作れない」という人もいるでしょう。

料理を作れないなら、なおさら食べるプロを目指しましょう。

まったく料理を作れないなら、せめて料理を食べるプロを目指してください。

作ることはできなくても、食べることならできるはずです。

今はまだ料理を食べるプロでないなら、これから料理を食べるプロを目指せばいい

「まだ料理を食べるプロでない」という人もいるでしょう。

安心してください。

今はまだ料理を食べるプロでないなら、これから料理を食べるプロを目指せばいいのです。

資格や免許制ではないので、あなたさえその気になれば、今すぐ料理を食べるプロになれます。

「自分にはできない」と思うのではなく「できる」と思ってください。

できなかったとしても、できる意識を持つことが大切です。

料理を食べるプロとしての意識を持てば、今すぐ目の前の食生活が素晴らしく変わります。

日々の食事をおいしく食べる方法(22)
  • 料理を作るプロがいるように、料理を食べるプロになる。
楽しい雑談は、料理をおいしくする魔法の調味料。

日々の食事をおいしく食べる30の方法
日々の食事をおいしく食べる30の方法

  1. 普通に味わうのではない。<br>積極的に味わうのだ。
    普通に味わうのではない。
    積極的に味わうのだ。
  2. おいしいものを探すより、おいしく食べる方法を身につける。
    おいしいものを探すより、おいしく食べる方法を身につける。
  3. おいしいからおいしそうに食べるのではない。<br>おいしそうに食べるからおいしくなるのだ。
    おいしいからおいしそうに食べるのではない。
    おいしそうに食べるからおいしくなるのだ。
  4. どんなにおいしい食事も、汚れたテーブルでは台無し。<br>おいしい食事は、きれいなテーブルがあってこそ楽しめる。
    どんなにおいしい食事も、汚れたテーブルでは台無し。
    おいしい食事は、きれいなテーブルがあってこそ楽しめる。
  5. 食事の所要時間をあと1分伸ばそう。<br>おいしさを楽しむ時間が1分長くなる。
    食事の所要時間をあと1分伸ばそう。
    おいしさを楽しむ時間が1分長くなる。
  6. 食べる前に「おいしそう」と言おう。<br>食べているときは「おいしい」と言おう。<br>食べ終わったら「おいしかった」と言おう。
    食べる前に「おいしそう」と言おう。
    食べているときは「おいしい」と言おう。
    食べ終わったら「おいしかった」と言おう。
  7. おいしく食べるつもりがないなら、食べるな。
    おいしく食べるつもりがないなら、食べるな。
  8. ながら食いは控えよう。<br>食事中は、食べることに集中するのが一番。
    ながら食いは控えよう。
    食事中は、食べることに集中するのが一番。
  9. 料理を食べながら、使われている食材をイメージしよう。<br>「肉眼」だけでなく「心の目」でも楽しむ。
    料理を食べながら、使われている食材をイメージしよう。
    「肉眼」だけでなく「心の目」でも楽しむ。
  10. 相手の食べ残しが気になったときが大切だ。
    相手の食べ残しが気になったときが大切だ。
  11. 新鮮な驚きや発見は、食べ慣れたものにある。
    新鮮な驚きや発見は、食べ慣れたものにある。
  12. 「いただきます」を言い忘れたら、食事中に言ってもいい。
    「いただきます」を言い忘れたら、食事中に言ってもいい。
  13. 「まずいかな」と思いながら食べない。<br>「おいしいかな」と思いながら食べよう。
    「まずいかな」と思いながら食べない。
    「おいしいかな」と思いながら食べよう。
  14. おいしく感じたら、きちんと「おいしい」と言うことが大切。
    おいしく感じたら、きちんと「おいしい」と言うことが大切。
  15. 嫌なことばかりの1日であっても、夜においしい食事をすれば、幸せに締めくくれる。
    嫌なことばかりの1日であっても、夜においしい食事をすれば、幸せに締めくくれる。
  16. たまには目をつぶりながら食事をしてみよう。
    たまには目をつぶりながら食事をしてみよう。
  17. 食べ終わった食器を流しに持っていくまでが食事。
    食べ終わった食器を流しに持っていくまでが食事。
  18. 無性に食べたくなったときのカップラーメンは、最高においしい。
    無性に食べたくなったときのカップラーメンは、最高においしい。
  19. 食が細くなって落ち込む必要はない。<br>食の質を上げればいいのだ。
    食が細くなって落ち込む必要はない。
    食の質を上げればいいのだ。
  20. 食事をおいしく楽しむコツは、深呼吸。
    食事をおいしく楽しむコツは、深呼吸。
  21. 同じ食べ物でも、食べ方が変われば味わいも変わる。<br>食べ方の数だけ、食の楽しみが増える。
    同じ食べ物でも、食べ方が変われば味わいも変わる。
    食べ方の数だけ、食の楽しみが増える。
  22. 料理を作るプロがいるなら、料理を食べるプロもいていいはずだ。
    料理を作るプロがいるなら、料理を食べるプロもいていいはずだ。
  23. 楽しい雑談は、料理をおいしくする魔法の調味料。
    楽しい雑談は、料理をおいしくする魔法の調味料。
  24. きちんと「香り」も楽しんでいますか。
    きちんと「香り」も楽しんでいますか。
  25. 走るから食べるのではない。<br>食べるために走るのだ。
    走るから食べるのではない。
    食べるために走るのだ。
  26. 調味料を加えることが当たり前になっていないか。<br>たまには調味料なしで食べてみよう。
    調味料を加えることが当たり前になっていないか。
    たまには調味料なしで食べてみよう。
  27. 元気が出ない原因は、食事にあるのかもしれない。
    元気が出ない原因は、食事にあるのかもしれない。
  28. おなかがぺこぺこになったら喜ぼう。<br>普段よりおいしく感じるチャンス。
    おなかがぺこぺこになったら喜ぼう。
    普段よりおいしく感じるチャンス。
  29. おいしい料理を食べたいなら、おいしい料理を作れるようになればいい。
    おいしい料理を食べたいなら、おいしい料理を作れるようになればいい。
  30. 最後の一口を、気持ちを込めてきちんと味わう。
    最後の一口を、気持ちを込めてきちんと味わう。

同じカテゴリーの作品

4:17

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION