執筆者:水口貴博

日々の食事をおいしく食べる
30の方法

1
1

普通に味わうのではない。
積極的に味わうのだ。

普通に味わうのではない。積極的に味わうのだ。 | 日々の食事をおいしく食べる30の方法

食べ物を口の中に入れれば、自然と味を感じるでしょう。

唾液と混ざり合い、舌で味を感じ取り、刺激が脳に送られます。

おいしいものを食べれば、おいしい味が広がるでしょう。

噛めば噛むほど唾液が分泌され、甘みも出てくるでしょう。

食べ物を食べれば、普通に味を感じます。

頑張らなくても、普通に口を動かせば自然と味を感じ、おいしい食事を楽しめるでしょう。

何も変わったことはないように思えますが、ここに食生活を豊かにするポイントがあります。

普通に味わうだけでは不十分です。

味を感じることはできますが、十分とは言えません。

普通に味わうのは受け身の状態であり、消極的な楽しみ方になっています。

味を感じていますが、もっとおいしく味わえる可能性があります。

ここで心がけたいことがあります。

普通に味わうのではありません。

積極的に味わうのです。

大切なことは「積極的に味わう」ということ

大切なことは「積極的に味わう」ということです。

普通に味わうのと積極的に味わうのとは違います。

同じものを食べる場合であっても、やはり積極的に味わう意識で食べるほうが、おいしく感じます。

積極的に味わったほうが味覚は研ぎ澄まされ、味への集中力も高まります。

意識の問題ではありますが、その意識こそが大切です。

きちんと意識するからこそ、いつも以上に味を感じることができ、食事のおいしさを引き出していけます。

積極的に味わうことを意識する

日々の食事は「積極的に味わう」という意識を持つようにしましょう。

やるべきことは、ちょっと意識するだけのこと。

こちらから味を感じ取りに行くイメージを持つことが大切です。

時間をかけたり何かを買ったりするのではないですから難しくありません。

「少しでも味わおう」

「しっかり味を感じよう」

「おいしさをたっぷり感じてやるぞ」

積極的な意識を持てば、舌の感覚が研ぎ澄まされ、味覚も鋭くなります。

よりおいしく味わえるようになり、精神的にも満たされて、食生活が豊かになっていきます。

日々の食事をおいしく食べる方法(1)
  • 普通に味わうのではなく、積極的に味わうようにする。
  • 自分から積極的に味を感じ取りに行こうと意識する。
おいしいものを探すより、おいしく食べる方法を身につける。

日々の食事をおいしく食べる30の方法
日々の食事をおいしく食べる30の方法

  1. 普通に味わうのではない。<br>積極的に味わうのだ。
    普通に味わうのではない。
    積極的に味わうのだ。
  2. おいしいものを探すより、おいしく食べる方法を身につける。
    おいしいものを探すより、おいしく食べる方法を身につける。
  3. おいしいからおいしそうに食べるのではない。<br>おいしそうに食べるからおいしくなるのだ。
    おいしいからおいしそうに食べるのではない。
    おいしそうに食べるからおいしくなるのだ。
  4. どんなにおいしい食事も、汚れたテーブルでは台無し。<br>おいしい食事は、きれいなテーブルがあってこそ楽しめる。
    どんなにおいしい食事も、汚れたテーブルでは台無し。
    おいしい食事は、きれいなテーブルがあってこそ楽しめる。
  5. 食事の所要時間をあと1分伸ばそう。<br>おいしさを楽しむ時間が1分長くなる。
    食事の所要時間をあと1分伸ばそう。
    おいしさを楽しむ時間が1分長くなる。
  6. 食べる前に「おいしそう」と言おう。<br>食べているときは「おいしい」と言おう。<br>食べ終わったら「おいしかった」と言おう。
    食べる前に「おいしそう」と言おう。
    食べているときは「おいしい」と言おう。
    食べ終わったら「おいしかった」と言おう。
  7. おいしく食べるつもりがないなら、食べるな。
    おいしく食べるつもりがないなら、食べるな。
  8. ながら食いは控えよう。<br>食事中は、食べることに集中するのが一番。
    ながら食いは控えよう。
    食事中は、食べることに集中するのが一番。
  9. 料理を食べながら、使われている食材をイメージしよう。<br>「肉眼」だけでなく「心の目」でも楽しむ。
    料理を食べながら、使われている食材をイメージしよう。
    「肉眼」だけでなく「心の目」でも楽しむ。
  10. 相手の食べ残しが気になったときが大切だ。
    相手の食べ残しが気になったときが大切だ。
  11. 新鮮な驚きや発見は、食べ慣れたものにある。
    新鮮な驚きや発見は、食べ慣れたものにある。
  12. 「いただきます」を言い忘れたら、食事中に言ってもいい。
    「いただきます」を言い忘れたら、食事中に言ってもいい。
  13. 「まずいかな」と思いながら食べない。<br>「おいしいかな」と思いながら食べよう。
    「まずいかな」と思いながら食べない。
    「おいしいかな」と思いながら食べよう。
  14. おいしく感じたら、きちんと「おいしい」と言うことが大切。
    おいしく感じたら、きちんと「おいしい」と言うことが大切。
  15. 嫌なことばかりの1日であっても、夜においしい食事をすれば、幸せに締めくくれる。
    嫌なことばかりの1日であっても、夜においしい食事をすれば、幸せに締めくくれる。
  16. たまには目をつぶりながら食事をしてみよう。
    たまには目をつぶりながら食事をしてみよう。
  17. 食べ終わった食器を流しに持っていくまでが食事。
    食べ終わった食器を流しに持っていくまでが食事。
  18. 無性に食べたくなったときのカップラーメンは、最高においしい。
    無性に食べたくなったときのカップラーメンは、最高においしい。
  19. 食が細くなって落ち込む必要はない。<br>食の質を上げればいいのだ。
    食が細くなって落ち込む必要はない。
    食の質を上げればいいのだ。
  20. 食事をおいしく楽しむコツは、深呼吸。
    食事をおいしく楽しむコツは、深呼吸。
  21. 同じ食べ物でも、食べ方が変われば味わいも変わる。<br>食べ方の数だけ、食の楽しみが増える。
    同じ食べ物でも、食べ方が変われば味わいも変わる。
    食べ方の数だけ、食の楽しみが増える。
  22. 料理を作るプロがいるなら、料理を食べるプロもいていいはずだ。
    料理を作るプロがいるなら、料理を食べるプロもいていいはずだ。
  23. 楽しい雑談は、料理をおいしくする魔法の調味料。
    楽しい雑談は、料理をおいしくする魔法の調味料。
  24. きちんと「香り」も楽しんでいますか。
    きちんと「香り」も楽しんでいますか。
  25. 走るから食べるのではない。<br>食べるために走るのだ。
    走るから食べるのではない。
    食べるために走るのだ。
  26. 調味料を加えることが当たり前になっていないか。<br>たまには調味料なしで食べてみよう。
    調味料を加えることが当たり前になっていないか。
    たまには調味料なしで食べてみよう。
  27. 元気が出ない原因は、食事にあるのかもしれない。
    元気が出ない原因は、食事にあるのかもしれない。
  28. おなかがぺこぺこになったら喜ぼう。<br>普段よりおいしく感じるチャンス。
    おなかがぺこぺこになったら喜ぼう。
    普段よりおいしく感じるチャンス。
  29. おいしい料理を食べたいなら、おいしい料理を作れるようになればいい。
    おいしい料理を食べたいなら、おいしい料理を作れるようになればいい。
  30. 最後の一口を、気持ちを込めてきちんと味わう。
    最後の一口を、気持ちを込めてきちんと味わう。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION