執筆者:水口貴博

日々の食事をおいしく食べる
30の方法

9
0

料理を食べながら、
使われている食材をイメージしよう。
「肉眼」だけでなく
「心の目」でも楽しむ。

料理を食べながら、使われている食材をイメージしよう。「肉眼」だけでなく「心の目」でも楽しむ。 | 日々の食事をおいしく食べる30の方法

食事の時間をもっと豊かにする工夫があります。

方法は簡単です。

食事をいただきながら、元の食材をイメージしてみましょう。

目の前の食事が元の食材というケースもありますが、調理済みのものであれば、元になった食材があるはずです。

たとえば、ご飯であれば「稲」をイメージします。

パンであれば「小麦」をイメージします。

お豆腐であれば「大豆」をイメージします。

チョコレートであれば「カカオ豆」をイメージします。

食べ物に限らず、飲み物でもかまいません。

たとえば、コーヒーであれば「コーヒー豆」をイメージします。

バナナジュースであれば「バナナ」をイメージします。

アップルジュースであれば「リンゴ」をイメージします。

ぼんやりしたイメージしか浮かばなくてもかまいません。

難しく考えず、ちょっとした遊び心で楽しくイメージしてみてください。

最大限に想像力を働かせることで、目の前にある食事から、いろんなイメージが浮かんできます。

元の食材がわからないときはインターネットで調べてみるといいでしょう。

「この食材から作られているのだね」とわかれば、ちょうどいい勉強になって教養になります。

元の食材をイメージするだけですが、素晴らしい効果が秘められています。

想像力は、食の味わいを深める重要な要素

料理を食べながら元の食材をイメージすると感慨深くなります。

命をいただいている実感が生まれ、食事に対して感謝せずにはいられなくなります。

それだけではありません。

食事を「心の目」でも楽しめるようになります。

一般的に私たちは、食事を「肉眼」で見て楽しみます。

元の食材を思い浮かべることで、心の目が働いて、イメージでも楽しめるようになります。

「目の前にある食事という見える光景」と「元の食材という見えない光景」の2つを楽しめます。

2つのイメージを楽しめるようになり、食事の楽しみが2倍になるのです。

想像力を鍛えるきっかけにもなる

使われている食材をイメージすることで食生活が豊かになります。

想像力を鍛えるきっかけにもなります。

想像力は、食の味わいを深める重要な要素です。

食生活を豊かにする知恵として活用してください。

ちょっと想像を働かせるだけで食の楽しみが倍増するのですから、使わない手はありません。

日々の食事をおいしく食べる方法(9)
  • 食事を食べながら、元の食材をイメージする。
相手の食べ残しが気になったときが大切だ。

日々の食事をおいしく食べる30の方法
日々の食事をおいしく食べる30の方法

  1. 普通に味わうのではない。<br>積極的に味わうのだ。
    普通に味わうのではない。
    積極的に味わうのだ。
  2. おいしいものを探すより、おいしく食べる方法を身につける。
    おいしいものを探すより、おいしく食べる方法を身につける。
  3. おいしいからおいしそうに食べるのではない。<br>おいしそうに食べるからおいしくなるのだ。
    おいしいからおいしそうに食べるのではない。
    おいしそうに食べるからおいしくなるのだ。
  4. どんなにおいしい食事も、汚れたテーブルでは台無し。<br>おいしい食事は、きれいなテーブルがあってこそ楽しめる。
    どんなにおいしい食事も、汚れたテーブルでは台無し。
    おいしい食事は、きれいなテーブルがあってこそ楽しめる。
  5. 食事の所要時間をあと1分伸ばそう。<br>おいしさを楽しむ時間が1分長くなる。
    食事の所要時間をあと1分伸ばそう。
    おいしさを楽しむ時間が1分長くなる。
  6. 食べる前に「おいしそう」と言おう。<br>食べているときは「おいしい」と言おう。<br>食べ終わったら「おいしかった」と言おう。
    食べる前に「おいしそう」と言おう。
    食べているときは「おいしい」と言おう。
    食べ終わったら「おいしかった」と言おう。
  7. おいしく食べるつもりがないなら、食べるな。
    おいしく食べるつもりがないなら、食べるな。
  8. ながら食いは控えよう。<br>食事中は、食べることに集中するのが一番。
    ながら食いは控えよう。
    食事中は、食べることに集中するのが一番。
  9. 料理を食べながら、使われている食材をイメージしよう。<br>「肉眼」だけでなく「心の目」でも楽しむ。
    料理を食べながら、使われている食材をイメージしよう。
    「肉眼」だけでなく「心の目」でも楽しむ。
  10. 相手の食べ残しが気になったときが大切だ。
    相手の食べ残しが気になったときが大切だ。
  11. 新鮮な驚きや発見は、食べ慣れたものにある。
    新鮮な驚きや発見は、食べ慣れたものにある。
  12. 「いただきます」を言い忘れたら、食事中に言ってもいい。
    「いただきます」を言い忘れたら、食事中に言ってもいい。
  13. 「まずいかな」と思いながら食べない。<br>「おいしいかな」と思いながら食べよう。
    「まずいかな」と思いながら食べない。
    「おいしいかな」と思いながら食べよう。
  14. おいしく感じたら、きちんと「おいしい」と言うことが大切。
    おいしく感じたら、きちんと「おいしい」と言うことが大切。
  15. 嫌なことばかりの1日であっても、夜においしい食事をすれば、幸せに締めくくれる。
    嫌なことばかりの1日であっても、夜においしい食事をすれば、幸せに締めくくれる。
  16. たまには目をつぶりながら食事をしてみよう。
    たまには目をつぶりながら食事をしてみよう。
  17. 食べ終わった食器を流しに持っていくまでが食事。
    食べ終わった食器を流しに持っていくまでが食事。
  18. 無性に食べたくなったときのカップラーメンは、最高においしい。
    無性に食べたくなったときのカップラーメンは、最高においしい。
  19. 食が細くなって落ち込む必要はない。<br>食の質を上げればいいのだ。
    食が細くなって落ち込む必要はない。
    食の質を上げればいいのだ。
  20. 食事をおいしく楽しむコツは、深呼吸。
    食事をおいしく楽しむコツは、深呼吸。
  21. 同じ食べ物でも、食べ方が変われば味わいも変わる。<br>食べ方の数だけ、食の楽しみが増える。
    同じ食べ物でも、食べ方が変われば味わいも変わる。
    食べ方の数だけ、食の楽しみが増える。
  22. 料理を作るプロがいるなら、料理を食べるプロもいていいはずだ。
    料理を作るプロがいるなら、料理を食べるプロもいていいはずだ。
  23. 楽しい雑談は、料理をおいしくする魔法の調味料。
    楽しい雑談は、料理をおいしくする魔法の調味料。
  24. きちんと「香り」も楽しんでいますか。
    きちんと「香り」も楽しんでいますか。
  25. 走るから食べるのではない。<br>食べるために走るのだ。
    走るから食べるのではない。
    食べるために走るのだ。
  26. 調味料を加えることが当たり前になっていないか。<br>たまには調味料なしで食べてみよう。
    調味料を加えることが当たり前になっていないか。
    たまには調味料なしで食べてみよう。
  27. 元気が出ない原因は、食事にあるのかもしれない。
    元気が出ない原因は、食事にあるのかもしれない。
  28. おなかがぺこぺこになったら喜ぼう。<br>普段よりおいしく感じるチャンス。
    おなかがぺこぺこになったら喜ぼう。
    普段よりおいしく感じるチャンス。
  29. おいしい料理を食べたいなら、おいしい料理を作れるようになればいい。
    おいしい料理を食べたいなら、おいしい料理を作れるようになればいい。
  30. 最後の一口を、気持ちを込めてきちんと味わう。
    最後の一口を、気持ちを込めてきちんと味わう。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION