執筆者:水口貴博

悪い癖を直す
30の方法

13
5

いきなり
「完全」を目指す必要はない。
最初の目標は
「半分」で十分。

いきなり「完全」を目指す必要はない。最初の目標は「半分」で十分。 | 悪い癖を直す30の方法

癖を直そうとするとき、最初から「完全」を目指す人もいるでしょう。

「完全に悪い癖を直す!」

「今日からきっぱり癖をやめる!」

「100パーセントの改善を目指す!」

もちろん完全になくすのは立派な心がけです。

完全に癖が直すことが、最終目標であり理想的です。

癖を直すからには「完全に直す」と思うのは当然のこと。

当たり前のことであり、普通のことに思えます。

特に完璧主義者や真面目な人であれば、最初から完全を目指すことが多いことでしょう。

しかし、ここが注意ポイントです。

最初から完全に直そうとするのは、思うのは簡単でも、実際はなかなか難しい。

人間は、ロボットではありません。

人間ですから、不注意をすることもあれば、ど忘れをすることもあります。

うっかりするのが人間らしいと言えるでしょう。

思い立った瞬間から、きっぱりやめることができればいいですが、それがうまくいかないから苦労します。

最初から完全を目指すのは、高難易度です。

自分を甘やかす必要はありませんが、だからとはいえ、最初から完全を目指すのは厳しすぎます。

目標が高すぎると、少しでもうまくいかなかったとき「自分はダメな人間だ」と自己否定をしてしまいます。

自分を責めると、自己嫌悪になって、自分を苦しめてしまう。

精神的な負担が大きく、ストレスが増えてしまいます。

かえって挫折を招きやすくなるのです。

ますますストレスが増えるばかりか、つまらなく感じます。

考え方を変えましょう。

「完全」でなくていいのです。

最初の目標は「半分」でいい。

いきなり完全に直すのは難しくても、半分であれば、楽に取り組みやすいでしょう。

「たった半分」と思うなら誤解です。

癖が半分になるだけでも、大きな変化であり、十分な改善です。

「スマートに生まれ変わった」と言っても差し支えありません。

合格の範囲であり、堂々と胸を張って「ほとんど癖が直った」と言うことができるでしょう。

そのうえで余裕があれば「4分の1」「5分の1」へと減らしていきます。

最終的にゼロを目指せばいいでしょう。

低い目標から始めて、段階的に上げていくほうがいいでしょう。

挫折をすることなく、無理なくステップアップできます。

悪い癖を直す方法(13)
  • 最初の目標は「完全」ではなく「半分」を目指す。
物理的に不可能な状態にしておけば、癖が直るのも早くなる。

悪い癖を直す30の方法
悪い癖を直す30の方法

  1. 癖が直らないのではない。<br>癖の直し方を知らないだけだ。
    癖が直らないのではない。
    癖の直し方を知らないだけだ。
  2. 癖に支配されるのではない。<br>癖を支配するのだ。
    癖に支配されるのではない。
    癖を支配するのだ。
  3. 癖も個性の1つ。<br>ただし、悪影響があるなら、直しておくほうがいい。
    癖も個性の1つ。
    ただし、悪影響があるなら、直しておくほうがいい。
  4. 悪い癖を書き出すことで、認識を促そう。
    悪い癖を書き出すことで、認識を促そう。
  5. 癖の現状を記録して、客観的な状況を把握する。
    癖の現状を記録して、客観的な状況を把握する。
  6. 癖には、2種類ある。<br>良い癖と悪い癖。
    癖には、2種類ある。
    良い癖と悪い癖。
  7. 「癖を直す、やめる」と公言する。<br>自ら逃げ道を断つ人が、目的を達成する。
    「癖を直す、やめる」と公言する。
    自ら逃げ道を断つ人が、目的を達成する。
  8. 決意が固まるから、宣言書を書くのではない。<br>宣言書を書くから、決意が固まる。
    決意が固まるから、宣言書を書くのではない。
    宣言書を書くから、決意が固まる。
  9. 悪い癖を直すことは、普通になるだけではない。<br>スマートな自分に生まれ変わることでもある。
    悪い癖を直すことは、普通になるだけではない。
    スマートな自分に生まれ変わることでもある。
  10. 癖の原因は3つある。<br>ストレス、快感、模倣。
    癖の原因は3つある。
    ストレス、快感、模倣。
  11. 「悪癖改善ノート」を作って、日々の結果を記録する。
    「悪癖改善ノート」を作って、日々の結果を記録する。
  12. 疑うから、癖が直らない。<br>信じるから、癖が直る。
    疑うから、癖が直らない。
    信じるから、癖が直る。
  13. いきなり「完全」を目指す必要はない。<br>最初の目標は「半分」で十分。
    いきなり「完全」を目指す必要はない。
    最初の目標は「半分」で十分。
  14. 物理的に不可能な状態にしておけば、癖が直るのも早くなる。
    物理的に不可能な状態にしておけば、癖が直るのも早くなる。
  15. 見られている意識を持つ。
    見られている意識を持つ。
  16. 「癖の置き換え」で、無意識の癖を直す。
    「癖の置き換え」で、無意識の癖を直す。
  17. 癖をやめているのではない。<br>「癖をやめる」という癖をつけているのだ。
    癖をやめているのではない。
    「癖をやめる」という癖をつけているのだ。
  18. 癖が出そうになったときの2つの代替行動。<br>腕組み、握り拳。
    癖が出そうになったときの2つの代替行動。
    腕組み、握り拳。
  19. 「絶対直らない」と思う癖ほど、あっさり直る。
    「絶対直らない」と思う癖ほど、あっさり直る。
  20. 素早く動いていると、なかなか癖が直らない。<br>ゆっくり動いていると、きちんと癖が直る。
    素早く動いていると、なかなか癖が直らない。
    ゆっくり動いていると、きちんと癖が直る。
  21. 悪い癖を直すなら、多忙な時期は避けておく。
    悪い癖を直すなら、多忙な時期は避けておく。
  22. 癖を直すには、どのくらいの時間が必要か。
    癖を直すには、どのくらいの時間が必要か。
  23. 「特訓期間」のありなしで、癖の直り方が変わる。
    「特訓期間」のありなしで、癖の直り方が変わる。
  24. 自分を甘やかしていると、なかなか癖をやめられない。<br>自分に厳しくなると、きちんと癖をやめられる。
    自分を甘やかしていると、なかなか癖をやめられない。
    自分に厳しくなると、きちんと癖をやめられる。
  25. 癖を我慢できたら、きちんと自分を褒めよう。
    癖を我慢できたら、きちんと自分を褒めよう。
  26. 癖を放置したときの悪影響を書いて、危機感・緊張感を高めよう。
    癖を放置したときの悪影響を書いて、危機感・緊張感を高めよう。
  27. うっかり癖が出たとき、いらいらするのではない。<br>反省するのだ。
    うっかり癖が出たとき、いらいらするのではない。
    反省するのだ。
  28. 癖を直すことを癖にすることも、自己管理の1つ。
    癖を直すことを癖にすることも、自己管理の1つ。
  29. 悪癖に悩んでいるうちは、まだ大丈夫。<br>悪癖に悩まなくなったら、本当に終わり。
    悪癖に悩んでいるうちは、まだ大丈夫。
    悪癖に悩まなくなったら、本当に終わり。
  30. 悪い癖を直すことは本来、面白いこと。<br>面白がったら、簡単に悪い癖は直る。
    悪い癖を直すことは本来、面白いこと。
    面白がったら、簡単に悪い癖は直る。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION