執筆者:水口貴博

悪い癖を直す
30の方法

6
3

癖には、
2種類ある。
良い癖と悪い癖。

癖には、2種類ある。良い癖と悪い癖。 | 悪い癖を直す30の方法

「癖はすべて直したほうがいい」

そう思っているなら、誤解です。

もちろん直したほうがいい癖もありますが、その限りではありません。

すべての癖が悪いわけではありません。

直す必要のある癖もあれば、直す必要のない癖もあります。

むしろ積極的につけたほうがいい癖もあります。

癖は、大きく分けて2種類あります。

「良い癖」と「悪い癖」です。

「癖はすべて直すべきだ」と考えるのではなく、ポジティブ・ネガティブに分けて考えたほうがいいでしょう。

良い癖

良い癖とは、自分の評価や印象を上げたり、生活をスムーズにしたりする癖のことです。

  • 掃除をする癖
  • 人の長所を褒める癖
  • 何でも面白がる癖
  • 予習と復習をする癖
  • 具体的に話をする癖
  • 戸締まりを確認する癖
  • 人の話を最後まで聞く癖
  • 身ぶり手ぶりを交えて話をする癖

こうした癖には、ポジティブな影響があります。

不衛生でも人に迷惑をかけることでもありません。

生活や人生にポジティブなメリットをもたらす癖は、直す必要がありません。

むしろ積極的に身につけたほうがいいでしょう。

良い癖は、素晴らしい生活習慣です。

あなたを幸せに導きます。

悪い癖

悪い癖とは、悪影響をもたらすものをいいます。

  • 爪を噛む癖
  • 指をぽきぽき鳴らす癖
  • ペン回しをする癖
  • 舌打ちをする癖
  • 貧乏ゆすりをする癖
  • 独り言をつぶやく癖
  • くちゃくちゃ音を立てながら食べる癖
  • 人の悪口や陰口を言う癖
  • 先延ばし・後回しをする癖
  • いつもぎりぎりで行動する癖
  • 嫌なことがあると、すぐ逃げる癖

どれも小さなことに思えますが要注意です。

本人は気にしていないかもしれませんが、どの癖も、少なからず悪影響があります。

自分の印象を下げたり、人に迷惑をかけたりするといった悪影響があります。

爪を噛む癖は、見栄えが悪く、衛生面にも問題があります。

指先の菌が口に付着して、体内に入ると、健康を害することがあります。

見る人に幼い印象を与えるでしょう。

指を鳴らす癖は、自分にとって気持ちいいかもしれませんが、やはり直したほうがいい癖の1つです。

ぽきっという音は、関節間に存在する軟骨内にある空気の破裂音であり、やりすぎると関節を痛めてしまいます。

指をぽきぽき鳴らす音によっては、周りを驚かせることがあります。

「ペン回しくらいいいではないか」と思うかもしれませんが、油断は禁物です。

ペンをくるくる回す様子は、自分にとっては快感であっても、見ている人にとっては落ち着きのない様子に映るでしょう。

目障りな様子に映って、不快に感じることがあります。

癖の大半は無意識にうちに行われるからこそ厄介です。

「少しくらい大丈夫」と安易に考えるのはよくありません。

自分にとって快感な癖であっても、周りに不快感を与えるならNGです。

少しでも悪影響があるなら、きちんと直すようにしましょう。

§

あなたの癖は、どちらに該当するでしょうか。

良い癖なら、直す必要もやめる必要もないため、そのままでも大丈夫です。

悪い癖なら、悪影響があるため、直すかやめるかして、改善しましょう。

すべての癖が悪いわけではなく、影響の善しあしによって区別してください。

悪い癖を直す方法(6)
  • 悪い癖を直すようにする。
「癖を直す、やめる」と公言する。
自ら逃げ道を断つ人が、目的を達成する。

悪い癖を直す30の方法
悪い癖を直す30の方法

  1. 癖が直らないのではない。<br>癖の直し方を知らないだけだ。
    癖が直らないのではない。
    癖の直し方を知らないだけだ。
  2. 癖に支配されるのではない。<br>癖を支配するのだ。
    癖に支配されるのではない。
    癖を支配するのだ。
  3. 癖も個性の1つ。<br>ただし、悪影響があるなら、直しておくほうがいい。
    癖も個性の1つ。
    ただし、悪影響があるなら、直しておくほうがいい。
  4. 悪い癖を書き出すことで、認識を促そう。
    悪い癖を書き出すことで、認識を促そう。
  5. 癖の現状を記録して、客観的な状況を把握する。
    癖の現状を記録して、客観的な状況を把握する。
  6. 癖には、2種類ある。<br>良い癖と悪い癖。
    癖には、2種類ある。
    良い癖と悪い癖。
  7. 「癖を直す、やめる」と公言する。<br>自ら逃げ道を断つ人が、目的を達成する。
    「癖を直す、やめる」と公言する。
    自ら逃げ道を断つ人が、目的を達成する。
  8. 決意が固まるから、宣言書を書くのではない。<br>宣言書を書くから、決意が固まる。
    決意が固まるから、宣言書を書くのではない。
    宣言書を書くから、決意が固まる。
  9. 悪い癖を直すことは、普通になるだけではない。<br>スマートな自分に生まれ変わることでもある。
    悪い癖を直すことは、普通になるだけではない。
    スマートな自分に生まれ変わることでもある。
  10. 癖の原因は3つある。<br>ストレス、快感、模倣。
    癖の原因は3つある。
    ストレス、快感、模倣。
  11. 「悪癖改善ノート」を作って、日々の結果を記録する。
    「悪癖改善ノート」を作って、日々の結果を記録する。
  12. 疑うから、癖が直らない。<br>信じるから、癖が直る。
    疑うから、癖が直らない。
    信じるから、癖が直る。
  13. いきなり「完全」を目指す必要はない。<br>最初の目標は「半分」で十分。
    いきなり「完全」を目指す必要はない。
    最初の目標は「半分」で十分。
  14. 物理的に不可能な状態にしておけば、癖が直るのも早くなる。
    物理的に不可能な状態にしておけば、癖が直るのも早くなる。
  15. 見られている意識を持つ。
    見られている意識を持つ。
  16. 「癖の置き換え」で、無意識の癖を直す。
    「癖の置き換え」で、無意識の癖を直す。
  17. 癖をやめているのではない。<br>「癖をやめる」という癖をつけているのだ。
    癖をやめているのではない。
    「癖をやめる」という癖をつけているのだ。
  18. 癖が出そうになったときの2つの代替行動。<br>腕組み、握り拳。
    癖が出そうになったときの2つの代替行動。
    腕組み、握り拳。
  19. 「絶対直らない」と思う癖ほど、あっさり直る。
    「絶対直らない」と思う癖ほど、あっさり直る。
  20. 素早く動いていると、なかなか癖が直らない。<br>ゆっくり動いていると、きちんと癖が直る。
    素早く動いていると、なかなか癖が直らない。
    ゆっくり動いていると、きちんと癖が直る。
  21. 悪い癖を直すなら、多忙な時期は避けておく。
    悪い癖を直すなら、多忙な時期は避けておく。
  22. 癖を直すには、どのくらいの時間が必要か。
    癖を直すには、どのくらいの時間が必要か。
  23. 「特訓期間」のありなしで、癖の直り方が変わる。
    「特訓期間」のありなしで、癖の直り方が変わる。
  24. 自分を甘やかしていると、なかなか癖をやめられない。<br>自分に厳しくなると、きちんと癖をやめられる。
    自分を甘やかしていると、なかなか癖をやめられない。
    自分に厳しくなると、きちんと癖をやめられる。
  25. 癖を我慢できたら、きちんと自分を褒めよう。
    癖を我慢できたら、きちんと自分を褒めよう。
  26. 癖を放置したときの悪影響を書いて、危機感・緊張感を高めよう。
    癖を放置したときの悪影響を書いて、危機感・緊張感を高めよう。
  27. うっかり癖が出たとき、いらいらするのではない。<br>反省するのだ。
    うっかり癖が出たとき、いらいらするのではない。
    反省するのだ。
  28. 癖を直すことを癖にすることも、自己管理の1つ。
    癖を直すことを癖にすることも、自己管理の1つ。
  29. 悪癖に悩んでいるうちは、まだ大丈夫。<br>悪癖に悩まなくなったら、本当に終わり。
    悪癖に悩んでいるうちは、まだ大丈夫。
    悪癖に悩まなくなったら、本当に終わり。
  30. 悪い癖を直すことは本来、面白いこと。<br>面白がったら、簡単に悪い癖は直る。
    悪い癖を直すことは本来、面白いこと。
    面白がったら、簡単に悪い癖は直る。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION