執筆者:水口貴博

悪い癖を直す
30の方法

30
4

悪い癖を直すことは本来、
面白いこと。
面白がったら、
簡単に悪い癖は直る。

悪い癖を直すことは本来、面白いこと。面白がったら、簡単に悪い癖は直る。 | 悪い癖を直す30の方法

「癖を直すなんてつまらない」

悪い癖を直すとき「つまらない」と思っていませんか。

たしかに癖を直す取り組みは、単調で無味乾燥です。

刺激や興奮があるわけではない。

学びも情報があるわけでもありません。

プレゼントやご褒美があるわけでもありません。

特別な技を身につけるわけでもありません。

あることといえば、我慢です。

我慢、我慢、また我慢。

客観的に見れば、我慢の連続しかありません。

動くのを頑張るのではなく、動かないように頑張ります。

頑張って我慢したとしても、人に褒められるわけでもありません。

「悪い癖を直す」とは、言い換えると「普通になる」ということ。

悪い癖が直ったら、普通になるだけです。

目立つことがなくなり、平凡になります。

悪い癖を直すとき、淡々とした取り組みが退屈に感じる人も多いのではないでしょうか。

しかし「つまらない」と思っているなら誤解です。

単調で無味乾燥に思えるかもしれませんが、誤解です。

「嫌だ」「苦しい」「面倒くさい」と思っているから、つまらなく感じるだけ。

「悪い癖を直す」という言葉の響きのせいで、いつの間にかネガティブな思い込みが発生しています。

ここで気づいてほしいことがあります。

「悪い癖を直すことは本来、面白いこと」

この言葉を心に刻んでほしいのです。

「そう思えない」と思うかもしれませんが、発想を転換させてみましょう。

少しずつ行動が整っていきます。

少しずつ自分の印象がスマートになっていきます。

少しずつ昨日より素晴らしい自分に進化しています。

「変わっている」と考えるのではありません。

「成長している」と考えてください。

成長していると考えれば、ぱっと明るい印象になり、悪い癖を直すことが面白く感じてくるのではないでしょうか。

前向きに受け止め、愉快に考えてください。

悪い癖をぐっと我慢できたとき、いらいらするのではなく、達成感を噛みしめましょう。

少しずつ自分がスマートになっていくのは快感です。

なかなか面白がれないなら「悪癖改善ノート」を見直してください。

ノートを見直せば、悪い癖が少しずつ直っている様子を把握できるでしょう。

悪癖改善ノートを見ながら、自分の成長を感じて、にやにやするのもよし。

ゲームのキャラクターがレベルアップしていくような感覚を覚えるはずです。

記録を見直せば、自分が少しずつ変わっていく様子を実感できるため、嬉しい気持ちになるでしょう。

悪い癖を直すことは本来、面白いこと。

面白がったら、簡単に悪い癖は直るのです。

悪い癖を直す方法(30)
  • 悪い癖を直すことを、面白いゲームと考える。
まとめ

悪い癖を直す30の方法
悪い癖を直す30の方法

  1. 癖が直らないのではない。<br>癖の直し方を知らないだけだ。
    癖が直らないのではない。
    癖の直し方を知らないだけだ。
  2. 癖に支配されるのではない。<br>癖を支配するのだ。
    癖に支配されるのではない。
    癖を支配するのだ。
  3. 癖も個性の1つ。<br>ただし、悪影響があるなら、直しておくほうがいい。
    癖も個性の1つ。
    ただし、悪影響があるなら、直しておくほうがいい。
  4. 悪い癖を書き出すことで、認識を促そう。
    悪い癖を書き出すことで、認識を促そう。
  5. 癖の現状を記録して、客観的な状況を把握する。
    癖の現状を記録して、客観的な状況を把握する。
  6. 癖には、2種類ある。<br>良い癖と悪い癖。
    癖には、2種類ある。
    良い癖と悪い癖。
  7. 「癖を直す、やめる」と公言する。<br>自ら逃げ道を断つ人が、目的を達成する。
    「癖を直す、やめる」と公言する。
    自ら逃げ道を断つ人が、目的を達成する。
  8. 決意が固まるから、宣言書を書くのではない。<br>宣言書を書くから、決意が固まる。
    決意が固まるから、宣言書を書くのではない。
    宣言書を書くから、決意が固まる。
  9. 悪い癖を直すことは、普通になるだけではない。<br>スマートな自分に生まれ変わることでもある。
    悪い癖を直すことは、普通になるだけではない。
    スマートな自分に生まれ変わることでもある。
  10. 癖の原因は3つある。<br>ストレス、快感、模倣。
    癖の原因は3つある。
    ストレス、快感、模倣。
  11. 「悪癖改善ノート」を作って、日々の結果を記録する。
    「悪癖改善ノート」を作って、日々の結果を記録する。
  12. 疑うから、癖が直らない。<br>信じるから、癖が直る。
    疑うから、癖が直らない。
    信じるから、癖が直る。
  13. いきなり「完全」を目指す必要はない。<br>最初の目標は「半分」で十分。
    いきなり「完全」を目指す必要はない。
    最初の目標は「半分」で十分。
  14. 物理的に不可能な状態にしておけば、癖が直るのも早くなる。
    物理的に不可能な状態にしておけば、癖が直るのも早くなる。
  15. 見られている意識を持つ。
    見られている意識を持つ。
  16. 「癖の置き換え」で、無意識の癖を直す。
    「癖の置き換え」で、無意識の癖を直す。
  17. 癖をやめているのではない。<br>「癖をやめる」という癖をつけているのだ。
    癖をやめているのではない。
    「癖をやめる」という癖をつけているのだ。
  18. 癖が出そうになったときの2つの代替行動。<br>腕組み、握り拳。
    癖が出そうになったときの2つの代替行動。
    腕組み、握り拳。
  19. 「絶対直らない」と思う癖ほど、あっさり直る。
    「絶対直らない」と思う癖ほど、あっさり直る。
  20. 素早く動いていると、なかなか癖が直らない。<br>ゆっくり動いていると、きちんと癖が直る。
    素早く動いていると、なかなか癖が直らない。
    ゆっくり動いていると、きちんと癖が直る。
  21. 悪い癖を直すなら、多忙な時期は避けておく。
    悪い癖を直すなら、多忙な時期は避けておく。
  22. 癖を直すには、どのくらいの時間が必要か。
    癖を直すには、どのくらいの時間が必要か。
  23. 「特訓期間」のありなしで、癖の直り方が変わる。
    「特訓期間」のありなしで、癖の直り方が変わる。
  24. 自分を甘やかしていると、なかなか癖をやめられない。<br>自分に厳しくなると、きちんと癖をやめられる。
    自分を甘やかしていると、なかなか癖をやめられない。
    自分に厳しくなると、きちんと癖をやめられる。
  25. 癖を我慢できたら、きちんと自分を褒めよう。
    癖を我慢できたら、きちんと自分を褒めよう。
  26. 癖を放置したときの悪影響を書いて、危機感・緊張感を高めよう。
    癖を放置したときの悪影響を書いて、危機感・緊張感を高めよう。
  27. うっかり癖が出たとき、いらいらするのではない。<br>反省するのだ。
    うっかり癖が出たとき、いらいらするのではない。
    反省するのだ。
  28. 癖を直すことを癖にすることも、自己管理の1つ。
    癖を直すことを癖にすることも、自己管理の1つ。
  29. 悪癖に悩んでいるうちは、まだ大丈夫。<br>悪癖に悩まなくなったら、本当に終わり。
    悪癖に悩んでいるうちは、まだ大丈夫。
    悪癖に悩まなくなったら、本当に終わり。
  30. 悪い癖を直すことは本来、面白いこと。<br>面白がったら、簡単に悪い癖は直る。
    悪い癖を直すことは本来、面白いこと。
    面白がったら、簡単に悪い癖は直る。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION