逃げ癖を直す
30の方法

9
5

高い目標は、
低くしよう。
大きな課題は、
小さく分けよう。

高い目標は、低くしよう。大きな課題は、小さく分けよう。 | 逃げ癖を直す30の方法

逃げ癖がある人は、目標と課題に注目しましょう。

いきなり高い目標を目指していませんか。

いきなり大きな課題に取り組もうとしていませんか。

もちろん意気込みは素晴らしい。

高い目標を掲げ、大きな課題に立ち向かう姿は、さぞ勇敢でしょう。

しかし、いくら勇敢に立ち向かったところで、途中で逃げ出すことになれば、意味がありません。

最初から高い目標や大きな課題に取り組もうとすると、圧倒されます。

「大変そう」「難しそう」「時間がかかりそう」と思えば、着手前から疲れを感じるでしょう。

ため息が出て、おっくうな気持ちが強くなり、その場から逃げたくなるでしょう。

高い目標や大きな課題は、難易度もストレスもハードであり、ハードルが高い状態です。

ハードルが高ければ、完了までに時間も労力もかかるため、挫折率も高くなります。

張り切って体当たりした結果、挫折することになっては意味がありません。

自信を失い、逃げ癖がエスカレートする可能性もあるのです。

逃げ癖のある人は、とにかく無理をしないことが大切です。

そのため目標や課題に取り組む際は、次の2つのポイントを意識しましょう。

「高い目標は低くする」「大きな課題は小さく分ける」です。

高い目標は低くする

高い目標は低くしましょう。

無理をせず、自分に合ったレベルまで下げることが大切です。

高い目標も、低くすれば簡単になります。

もちろん低い目標で終わりにするわけではありません。

まず低い目標から取り組み、習熟していくにつれて少しずつレベルを上げていけば、無理なくステップアップできます。

大きな課題は、小さく分ける

大きな課題は小さく分けましょう。

区切りのいいところで、細かく設定するのがポイントです。

大きな課題も、小分けにすれば小さな課題になります。

いきなり大きな課題を片付けるのは難しくても、小さい課題なら達成しやすいでしょう。

課題を乗り越えるたびに、達成感が得られ、モチベーションを維持しやすくなります。

小さく課題を達成していくことで、最終的に大きな課題の達成ができます。

§

いずれも「無理のない範囲に収める」という点が共通です。

目標を低くしたり課題を分けたりするだけで、着手も達成もしやすくなります。

ストレスが小さくなるので、逃げることなく、気楽に取り組めるようになるのです。

レベルを下げるのはかっこ悪いと感じる人もいるかもしれませんが、要注意です。

かっこつけて無理をした結果、最終的に逃げることになるほうが、よほどかっこ悪くて恥ずかしいこと。

見栄やプライドがあったとしても、潔く捨てて、無理ない範囲に収めるのが得策です。

低い目標・小さな課題で大いに結構。

低い目標・小さな課題をこつこつ乗り越えていくことで、最終的に大きな成果を挙げることができるのです。

逃げ癖を直す方法(9)
  • 高い目標は、低くする。
  • 大きな課題は、小さく分ける。
悪いほうに考えない。
何事も良いほうに考える癖をつけよう。

逃げ癖を直す30の方法
逃げ癖を直す30の方法

  1. 逃げ癖がついているなら、逃げない癖をつけることもできるはずだ。
    逃げ癖がついているなら、逃げない癖をつけることもできるはずだ。
  2. なぜ逃げ癖は悪いのか。<br>逃げ癖の悪影響とは何か。
    なぜ逃げ癖は悪いのか。
    逃げ癖の悪影響とは何か。
  3. 逃げ癖が出やすい場面を把握しておこう。
    逃げ癖が出やすい場面を把握しておこう。
  4. 仕事リストを作成するだけで、逃げ癖の改善に一歩近づける。
    仕事リストを作成するだけで、逃げ癖の改善に一歩近づける。
  5. 記録をつける習慣は、逃げ癖の改善につながる。
    記録をつける習慣は、逃げ癖の改善につながる。
  6. 逃げ癖は、すぐ直さなくていい。<br>少しずつ直していけばいい。
    逃げ癖は、すぐ直さなくていい。
    少しずつ直していけばいい。
  7. 目標を作ると、逃げ癖が半減する。
    目標を作ると、逃げ癖が半減する。
  8. 目標に期限を作ると、逃げ癖が直る。
    目標に期限を作ると、逃げ癖が直る。
  9. 高い目標は、低くしよう。<br>大きな課題は、小さく分けよう。
    高い目標は、低くしよう。
    大きな課題は、小さく分けよう。
  10. 悪いほうに考えない。<br>何事も良いほうに考える癖をつけよう。
    悪いほうに考えない。
    何事も良いほうに考える癖をつけよう。
  11. マイナス面を見ているから、逃げたくなる。<br>プラス面を見れば、追いかけたくなる。
    マイナス面を見ているから、逃げたくなる。
    プラス面を見れば、追いかけたくなる。
  12. 自ら逃げ道を断つことで、逃げられなくする。
    自ら逃げ道を断つことで、逃げられなくする。
  13. 逃げたときのリスクやデメリットを考えると、逃げ癖を抑制できる。
    逃げたときのリスクやデメリットを考えると、逃げ癖を抑制できる。
  14. やる気や元気がなくても取りかかる癖をつければ、逃げ癖が直るのは時間の問題。
    やる気や元気がなくても取りかかる癖をつければ、逃げ癖が直るのは時間の問題。
  15. 慎重になっても、なりすぎないこと。<br>逃げ癖があるからこそ、早く取りかかろう。
    慎重になっても、なりすぎないこと。
    逃げ癖があるからこそ、早く取りかかろう。
  16. 決意表明をしておけば、逃げたくても逃げられなくなる。
    決意表明をしておけば、逃げたくても逃げられなくなる。
  17. 逃げ癖と生活習慣には、深いつながりがある。
    逃げ癖と生活習慣には、深いつながりがある。
  18. 逃げたくなるのは、意志やメンタルが弱いせいとは限らない。<br>本当の原因を探ってみる。
    逃げたくなるのは、意志やメンタルが弱いせいとは限らない。
    本当の原因を探ってみる。
  19. 「逃げたら負け」という言葉で、自分を奮い立たせよう。
    「逃げたら負け」という言葉で、自分を奮い立たせよう。
  20. できなかったところをばかり見ていると、逃げたくなる。<br>できたところを見ていると、もっと頑張りたくなる。
    できなかったところをばかり見ていると、逃げたくなる。
    できたところを見ていると、もっと頑張りたくなる。
  21. 嫌いなことは、逃げたくなるのが自然の摂理。<br>好きなことは、追いかけたくなるのが自然の摂理。
    嫌いなことは、逃げたくなるのが自然の摂理。
    好きなことは、追いかけたくなるのが自然の摂理。
  22. 逃げたい気持ちは、ためるものではなく、吐き出すもの。
    逃げたい気持ちは、ためるものではなく、吐き出すもの。
  23. 憧れのキャラクターと自分とを重ね合わせよう。<br>逃げないで立ち向かう力がみなぎってくる。
    憧れのキャラクターと自分とを重ね合わせよう。
    逃げないで立ち向かう力がみなぎってくる。
  24. 「身銭を切った」という経済的な痛みが、逃げ癖の抑止力になる。
    「身銭を切った」という経済的な痛みが、逃げ癖の抑止力になる。
  25. 正当な言い訳はOK。<br>余計な言い訳はNG。
    正当な言い訳はOK。
    余計な言い訳はNG。
  26. 逃げるべき場面では、素直に逃げよう。
    逃げるべき場面では、素直に逃げよう。
  27. 逃げずに頑張り抜くことで、喜ぶ人たちをイメージしよう。
    逃げずに頑張り抜くことで、喜ぶ人たちをイメージしよう。
  28. 逃げるくらいなら、弱音を吐いてでも誰かに手伝ってもらったほうがいい。
    逃げるくらいなら、弱音を吐いてでも誰かに手伝ってもらったほうがいい。
  29. 強い願望こそ、逃げ癖を直す最高のメソッド。
    強い願望こそ、逃げ癖を直す最高のメソッド。
  30. あなたは自分を誤解している。<br>本当は逃げ癖なんてない。
    あなたは自分を誤解している。
    本当は逃げ癖なんてない。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION