自分磨き

悪い癖を直す
30の方法

1
23

「特訓期間」のありなしで、
癖の直り方が変わる。

「特訓期間」のありなしで、癖の直り方が変わる。 | 悪い癖を直す30の方法

本気で癖を直すなら「特訓期間」を作りましょう。

「のんびり直していく」

「マイペースで癖を直す」

「気分に任せて直していく」

そういう取り組み方も悪くありませんが、注意したほうがいいでしょう。

「癖が直るまで」という取り組み方も悪くありませんが、計画的ではありません。

人間は本来、怠け者です。

計画がなければ、惰性に流されがちです。

無計画は、失敗を招く原因になります。

決意や覚悟が緩いと、なかなか気合が入りません。

いつまで頑張っていいのか、期限がわかりません。

具体的な期間がないと、取り組み方も適当になります。

最初は癖を直すつもりでも、気づけば、取り組みが消えてなくなっているのです。

 

そこで大切なのは「特訓期間」です。

特訓期間といえば、勉強やスポーツでよく聞かれる言葉ですが、癖を直すときも有効です。

特訓期間のありなしで、癖の直り方が変わります。

特訓期間を作ると「今は大事なときだから、集中的に頑張ろう」と思えます。

心の整理ができ、気持ちの切り替えができるようになります。

特訓期間があるから、意識が高まり、それらしく頑張れます。

部活動でも、特訓期間があると上達が早くなるように、癖を直すときも、特訓期間があると、改善が早くなります。

なかなかうまくいかなくても「今は特訓期間だ」と自分に言い聞かせることで、根気を振り絞って頑張れます。

癖を直すことに全エネルギーを集中できるため、直るのも早くなるのです。

特訓期間を作ることで、開始と終了が明確になります。

「特訓期間が終わるまでに癖を直す!」と意気込むことができ、モチベーションを保ちやすくなります。

癖を直すなら、だらだら取り組むより、集中的に取り組んだほうが達成しやすくなります。

さあ、今すぐ特訓期間を作りましょう。

カレンダーに特訓期間を書き込めば、具体的になります。

「特訓期間」という名前で書き込み、カラーマーカーで色づけすると、目で確認しやすくなります。

癖を直す意識が高まって、自然と気合も入るでしょう。

特訓期間は、少なくとも3週間はあったほうがいいでしょう。

あまり期間が短すぎると不十分になります。

長い分にはいいですが、短くても3週間は続けたい。

「特訓期間の終了までには、きちんと癖を直す」という目標ができるから、気合が入ります。

特訓期間が終了するころには、あなたは生まれ変わっているはずです。

悪い癖を直す方法(23)
  • きちんと「特訓期間」を作って、集中的に取り組む。
自分を甘やかしていると、なかなか癖をやめられない。
自分に厳しくなると、きちんと癖をやめられる。

もくじ
悪い癖を直す30の方法
「特訓期間」のありなしで、癖の直り方が変わる。 | 悪い癖を直す30の方法

  1. 癖が直らないのではない。<br>癖の直し方を知らないだけだ。
    癖が直らないのではない。
    癖の直し方を知らないだけだ。
  2. 癖に支配されるのではない。<br>癖を支配するのだ。
    癖に支配されるのではない。
    癖を支配するのだ。
  3. 癖も個性の1つ。<br>ただし、悪影響があるなら、直しておくほうがいい。
    癖も個性の1つ。
    ただし、悪影響があるなら、直しておくほうがいい。
  4. 悪い癖を書き出すことで、認識を促そう。
    悪い癖を書き出すことで、認識を促そう。
  5. 癖の現状を記録して、客観的な状況を把握する。
    癖の現状を記録して、客観的な状況を把握する。
  6. 癖には、2種類ある。<br>良い癖と悪い癖。
    癖には、2種類ある。
    良い癖と悪い癖。
  7. 「癖を直す、やめる」と公言する。<br>自ら逃げ道を断つ人が、目的を達成する。
    「癖を直す、やめる」と公言する。
    自ら逃げ道を断つ人が、目的を達成する。
  8. 決意が固まるから、宣言書を書くのではない。<br>宣言書を書くから、決意が固まる。
    決意が固まるから、宣言書を書くのではない。
    宣言書を書くから、決意が固まる。
  9. 悪い癖を直すことは、普通になるだけではない。<br>スマートな自分に生まれ変わることでもある。
    悪い癖を直すことは、普通になるだけではない。
    スマートな自分に生まれ変わることでもある。
  10. 癖の原因は3つある。<br>ストレス、快感、模倣。
    癖の原因は3つある。
    ストレス、快感、模倣。
  11. 「悪癖改善ノート」を作って、日々の結果を記録する。
    「悪癖改善ノート」を作って、日々の結果を記録する。
  12. 疑うから、癖が直らない。<br>信じるから、癖が直る。
    疑うから、癖が直らない。
    信じるから、癖が直る。
  13. いきなり「完全」を目指す必要はない。<br>最初の目標は「半分」で十分。
    いきなり「完全」を目指す必要はない。
    最初の目標は「半分」で十分。
  14. 物理的に不可能な状態にしておけば、癖が直るのも早くなる。
    物理的に不可能な状態にしておけば、癖が直るのも早くなる。
  15. 見られている意識を持つ。
    見られている意識を持つ。
  16. 「癖の置き換え」で、無意識の癖を直す。
    「癖の置き換え」で、無意識の癖を直す。
  17. 癖をやめているのではない。<br>「癖をやめる」という癖をつけているのだ。
    癖をやめているのではない。
    「癖をやめる」という癖をつけているのだ。
  18. 癖が出そうになったときの2つの代替行動。<br>腕組み、握り拳。
    癖が出そうになったときの2つの代替行動。
    腕組み、握り拳。
  19. 「絶対直らない」と思う癖ほど、あっさり直る。
    「絶対直らない」と思う癖ほど、あっさり直る。
  20. 素早く動いていると、なかなか癖が直らない。<br>ゆっくり動いていると、きちんと癖が直る。
    素早く動いていると、なかなか癖が直らない。
    ゆっくり動いていると、きちんと癖が直る。
  21. 悪い癖を直すなら、多忙な時期は避けておく。
    悪い癖を直すなら、多忙な時期は避けておく。
  22. 癖を直すには、どのくらいの時間が必要か。
    癖を直すには、どのくらいの時間が必要か。
  23. 「特訓期間」のありなしで、癖の直り方が変わる。
    「特訓期間」のありなしで、癖の直り方が変わる。
  24. 自分を甘やかしていると、なかなか癖をやめられない。<br>自分に厳しくなると、きちんと癖をやめられる。
    自分を甘やかしていると、なかなか癖をやめられない。
    自分に厳しくなると、きちんと癖をやめられる。
  25. 癖を我慢できたら、きちんと自分を褒めよう。
    癖を我慢できたら、きちんと自分を褒めよう。
  26. 癖を放置したときの悪影響を書いて、危機感・緊張感を高めよう。
    癖を放置したときの悪影響を書いて、危機感・緊張感を高めよう。
  27. うっかり癖が出たとき、いらいらするのではない。<br>反省するのだ。
    うっかり癖が出たとき、いらいらするのではない。
    反省するのだ。
  28. 癖を直すことを癖にすることも、自己管理の1つ。
    癖を直すことを癖にすることも、自己管理の1つ。
  29. 悪癖に悩んでいるうちは、まだ大丈夫。<br>悪癖に悩まなくなったら、本当に終わり。
    悪癖に悩んでいるうちは、まだ大丈夫。
    悪癖に悩まなくなったら、本当に終わり。
  30. 悪い癖を直すことは本来、面白いこと。<br>面白がったら、簡単に悪い癖は直る。
    悪い癖を直すことは本来、面白いこと。
    面白がったら、簡単に悪い癖は直る。

同じカテゴリーの作品