執筆者:水口貴博

悪い癖を直す
30の方法

24
4

自分を甘やかしていると、
なかなか癖をやめられない。
自分に厳しくなると、
きちんと癖をやめられる。

自分を甘やかしていると、なかなか癖をやめられない。自分に厳しくなると、きちんと癖をやめられる。 | 悪い癖を直す30の方法

癖を直すときに注意したいこと。

それは「甘え」です。

自分を甘やかしていませんか。

たしかに優しくなったほうが、気楽になれます。

プレッシャーが減って、ストレスも軽くなるでしょう。

誰でも自分が一番大事。

うっかり癖が出てしまっても、焦りにくくなるでしょう。

自分のミスや失敗を許せば、落ち込みにくくなって、明るい気持ちでいられます。

しかし、自分に優しいのはいいですが、優しすぎるのはよくありません。

自分を甘やかしていると、自分のわがままを許すことになります。

「小さな音なら舌打ちをしてもいいよね」

「たまには貧乏ゆすりをしてもいいよね」

「誰も見ていないから、爪を噛んでもいいだろう」

自分を甘やかしていると、癖の衝動が湧いたとき、流されてしまいます。

たまには癖の改善をサボってもいいことになって、いつもの癖を繰り返してしまいます。

癖を直す気持ちが半減して、うっかり癖が出ても「まあいいか」と考えてしまう。

これでは直る癖も直りません。

自分のわがままを許すにも限度があります。

自分を甘やかしていると、なかなか癖をやめることができないのです。

癖を直すときは、自分を甘やかすのはやめましょう。

きちんと癖を直すなら、自分に厳しくなることが大切です。

癖をやめるためには、固い意志が必要です。

固い意志を貫くには、自分に厳しくなったほうが達成しやすい。

癖を直すためには、少なからず衝動に耐えることが必要です。

衝動に耐えるとき、自分を甘やかしていると、直る癖も直りません。

うっかり癖の衝動が湧いたときも「しっかりしろ!」と自分に言い聞かせます。

気持ちを引き締め、厳しい態度になりましょう。

他人から強要されるとストレスも大きいですが、自分で自分に課題を与えるなら、受け入れやすいはずです。

うっかり癖が出てしまったときは「よくないことだ。もっときちんとしよう」と自分にむちを入れます。

自分に厳しくするのは大変なことでありストレスも増えますが、ずっと自分に厳しくするわけではありません。

少なくとも、癖を直すまでは、特別自分に厳しくしておくのが得策です。

大切な場面では、自分にむちを打つことも必要です。

自分に厳しくなるのは、一種の愛情表現です。

自分が嫌いだから、厳しくなるのではありません。

自分が好きだからこそ、厳しくなるのです。

真剣に自分の将来を考えるなら、厳しくなってください。

たとえそれが一定期間であっても、やはり厳しくなることが欠かせません。

悪い癖を直す方法(24)
  • 自分を甘やかすのではなく、自分に厳しくなる。
癖を我慢できたら、きちんと自分を褒めよう。

悪い癖を直す30の方法
悪い癖を直す30の方法

  1. 癖が直らないのではない。<br>癖の直し方を知らないだけだ。
    癖が直らないのではない。
    癖の直し方を知らないだけだ。
  2. 癖に支配されるのではない。<br>癖を支配するのだ。
    癖に支配されるのではない。
    癖を支配するのだ。
  3. 癖も個性の1つ。<br>ただし、悪影響があるなら、直しておくほうがいい。
    癖も個性の1つ。
    ただし、悪影響があるなら、直しておくほうがいい。
  4. 悪い癖を書き出すことで、認識を促そう。
    悪い癖を書き出すことで、認識を促そう。
  5. 癖の現状を記録して、客観的な状況を把握する。
    癖の現状を記録して、客観的な状況を把握する。
  6. 癖には、2種類ある。<br>良い癖と悪い癖。
    癖には、2種類ある。
    良い癖と悪い癖。
  7. 「癖を直す、やめる」と公言する。<br>自ら逃げ道を断つ人が、目的を達成する。
    「癖を直す、やめる」と公言する。
    自ら逃げ道を断つ人が、目的を達成する。
  8. 決意が固まるから、宣言書を書くのではない。<br>宣言書を書くから、決意が固まる。
    決意が固まるから、宣言書を書くのではない。
    宣言書を書くから、決意が固まる。
  9. 悪い癖を直すことは、普通になるだけではない。<br>スマートな自分に生まれ変わることでもある。
    悪い癖を直すことは、普通になるだけではない。
    スマートな自分に生まれ変わることでもある。
  10. 癖の原因は3つある。<br>ストレス、快感、模倣。
    癖の原因は3つある。
    ストレス、快感、模倣。
  11. 「悪癖改善ノート」を作って、日々の結果を記録する。
    「悪癖改善ノート」を作って、日々の結果を記録する。
  12. 疑うから、癖が直らない。<br>信じるから、癖が直る。
    疑うから、癖が直らない。
    信じるから、癖が直る。
  13. いきなり「完全」を目指す必要はない。<br>最初の目標は「半分」で十分。
    いきなり「完全」を目指す必要はない。
    最初の目標は「半分」で十分。
  14. 物理的に不可能な状態にしておけば、癖が直るのも早くなる。
    物理的に不可能な状態にしておけば、癖が直るのも早くなる。
  15. 見られている意識を持つ。
    見られている意識を持つ。
  16. 「癖の置き換え」で、無意識の癖を直す。
    「癖の置き換え」で、無意識の癖を直す。
  17. 癖をやめているのではない。<br>「癖をやめる」という癖をつけているのだ。
    癖をやめているのではない。
    「癖をやめる」という癖をつけているのだ。
  18. 癖が出そうになったときの2つの代替行動。<br>腕組み、握り拳。
    癖が出そうになったときの2つの代替行動。
    腕組み、握り拳。
  19. 「絶対直らない」と思う癖ほど、あっさり直る。
    「絶対直らない」と思う癖ほど、あっさり直る。
  20. 素早く動いていると、なかなか癖が直らない。<br>ゆっくり動いていると、きちんと癖が直る。
    素早く動いていると、なかなか癖が直らない。
    ゆっくり動いていると、きちんと癖が直る。
  21. 悪い癖を直すなら、多忙な時期は避けておく。
    悪い癖を直すなら、多忙な時期は避けておく。
  22. 癖を直すには、どのくらいの時間が必要か。
    癖を直すには、どのくらいの時間が必要か。
  23. 「特訓期間」のありなしで、癖の直り方が変わる。
    「特訓期間」のありなしで、癖の直り方が変わる。
  24. 自分を甘やかしていると、なかなか癖をやめられない。<br>自分に厳しくなると、きちんと癖をやめられる。
    自分を甘やかしていると、なかなか癖をやめられない。
    自分に厳しくなると、きちんと癖をやめられる。
  25. 癖を我慢できたら、きちんと自分を褒めよう。
    癖を我慢できたら、きちんと自分を褒めよう。
  26. 癖を放置したときの悪影響を書いて、危機感・緊張感を高めよう。
    癖を放置したときの悪影響を書いて、危機感・緊張感を高めよう。
  27. うっかり癖が出たとき、いらいらするのではない。<br>反省するのだ。
    うっかり癖が出たとき、いらいらするのではない。
    反省するのだ。
  28. 癖を直すことを癖にすることも、自己管理の1つ。
    癖を直すことを癖にすることも、自己管理の1つ。
  29. 悪癖に悩んでいるうちは、まだ大丈夫。<br>悪癖に悩まなくなったら、本当に終わり。
    悪癖に悩んでいるうちは、まだ大丈夫。
    悪癖に悩まなくなったら、本当に終わり。
  30. 悪い癖を直すことは本来、面白いこと。<br>面白がったら、簡単に悪い癖は直る。
    悪い癖を直すことは本来、面白いこと。
    面白がったら、簡単に悪い癖は直る。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION