自分磨き

面白い人になる
30の方法

3
5

面白い人になるためには、
オープンな性格になることが大切。

面白い人になるためには、オープンな性格になることが大切。 | 面白い人になる30の方法

あなたは普段、どのくらいプライベートを話していますか。

どのくらい開放的な話し方を心がけていますか。

もちろん最初からあけすけに自分のことを話すのは抵抗があるでしょう。

見ず知らずの人に自分のプライベートをぺらぺら話すのは、危険です。

不用意に個人情報をばらまくようなもの。

初対面の相手なら、警戒心があって当然です。

相手のことを知らないなら、警戒心があって、自由に話すのは注意が必要でしょう。

たとえ相手と面識があったとしても、なかなか自分のプライベートは話しにくいでしょう。

「個人的なことを話すのは、笑われそう」

「プライベートを話すと、見下されるのではないか」

「個人的な話をしても、どうせつまらないだろう」

さまざまな不安や心配が頭をよぎるはずです。

 

たしかに個人的な話は、抵抗感があって言いにくい。

 

しかし、警戒心や秘密主義にも限度があります。

とにかく自分から打ち解けようとしない。

仲良くなっても、自分のことは何も話さない。

いつまで経っても、秘密主義。

自分のプライベートは、意地でも明かさない。

自分の殻に閉じこもっていませんか。

自分のことを秘密にして、どうやって面白い人になるのでしょうか。

ずっと心を閉ざしたままでは、面白い人になることはできません。

そこで心がけたいのが「オープン」です。

面白い人になるためには、オープンな性格になることが大切です。

大切なのは「閉じた心」ではなく「開いた心」。

包み隠さず自由に話す。

自分のことは何でも話す。

プライベートを話して笑われても、気にしない。

こういう人こそ、多くの人から人気を集めます。

できるだけ積極的にオープンを心がけていきましょう。

仲良くなるからオープンになるのではありません。

オープンになるから、仲良くなれるのです。

心を開いて、素の自分を出していくということです。

もし最初は相手に警戒があるなら、親しくなるにつれて、少しずつオープンになっていくのもかまいません。

相手と信頼関係が深まるにつれて心を開いていくなら、無理なくできるはずです。

オープンな性格になると、自然と親しみやすい雰囲気が出るようになります。

あなたがオープンになれば、相手もオープンになります。

あなたがプライベートな話をすれば、相手もプライベートな話をしてくれるでしょう。

話が盛り上がりやすくなり、自然と面白い人になれるのです。

面白い人になる方法(5)
  • 自分の殻に閉じこもらず、できるだけオープンを心がける。
自分がしたい話より、相手が楽しめる話をする。

もくじ
面白い人になる30の方法
面白い人になるためには、オープンな性格になることが大切。 | 面白い人になる30の方法

  1. 面白い人になるために一番大切なのは、相手を楽しませたい気持ち。
    面白い人になるために一番大切なのは、相手を楽しませたい気持ち。
  2. 面白い人とは、自負するものではなく、評価されるもの。
    面白い人とは、自負するものではなく、評価されるもの。
  3. 面白い人になるためには、自分を変えていく努力が必要。
    面白い人になるためには、自分を変えていく努力が必要。
  4. 面白い人は、性格が明るく、ポジティブ思考。
    面白い人は、性格が明るく、ポジティブ思考。
  5. 面白い人になるためには、オープンな性格になることが大切。
    面白い人になるためには、オープンな性格になることが大切。
  6. 自分がしたい話より、相手が楽しめる話をする。
    自分がしたい話より、相手が楽しめる話をする。
  7. 面白い人の真似をしてみる。
    面白い人の真似をしてみる。
  8. 面白い人には、ユーモアのセンスがある。
    面白い人には、ユーモアのセンスがある。
  9. 面白い人になるためには、面白い話が必要とは限らない。
    面白い人になるためには、面白い話が必要とは限らない。
  10. 笑えるネタでなくてもいい。<br>明るく楽しいネタで十分。
    笑えるネタでなくてもいい。
    明るく楽しいネタで十分。
  11. 世間に無知では、面白くなれない。
    世間に無知では、面白くなれない。
  12. 面白いネタを見つけるにも「積極性」が大事。
    面白いネタを見つけるにも「積極性」が大事。
  13. どんなに面白い話も、回りくどいと、台無しになる。
    どんなに面白い話も、回りくどいと、台無しになる。
  14. しっかり聞けない人は、よい返事もできない。
    しっかり聞けない人は、よい返事もできない。
  15. とことん相手の話を聞くだけで、面白い人になれる。
    とことん相手の話を聞くだけで、面白い人になれる。
  16. 人をばかにして笑いを取るのは、NG。<br>自分をばかにして笑いを取るのは、OK。
    人をばかにして笑いを取るのは、NG。
    自分をばかにして笑いを取るのは、OK。
  17. 豊富な語彙力は、面白い人になるための土台。
    豊富な語彙力は、面白い人になるための土台。
  18. 面白いから、オーバーリアクションをするのではない。<br>オーバーリアクションをするから、面白くなる。
    面白いから、オーバーリアクションをするのではない。
    オーバーリアクションをするから、面白くなる。
  19. 面白いネタやエピソードを作るには、遊びが欠かせない。
    面白いネタやエピソードを作るには、遊びが欠かせない。
  20. 笑いの基準を下げる。<br>ささいなことでも笑うようにしよう。
    笑いの基準を下げる。
    ささいなことでも笑うようにしよう。
  21. おやじギャグは、笑わせるネタではない。<br>場を凍り付かせるネタである。
    おやじギャグは、笑わせるネタではない。
    場を凍り付かせるネタである。
  22. 面白いから、笑うのではない。<br>笑うから、面白くなる。
    面白いから、笑うのではない。
    笑うから、面白くなる。
  23. ユーモアの失敗を恐れない勇気が大切。
    ユーモアの失敗を恐れない勇気が大切。
  24. 同じ人に同じネタを使うのは、マナー違反。<br>面白いネタも、2回目から平凡になる。
    同じ人に同じネタを使うのは、マナー違反。
    面白いネタも、2回目から平凡になる。
  25. ボディーランゲージがあると、会話はもっと面白くなる。
    ボディーランゲージがあると、会話はもっと面白くなる。
  26. 褒めることも、面白いネタの1つになる。
    褒めることも、面白いネタの1つになる。
  27. 面白くなるために、頭の回転の速さは必要なのか。
    面白くなるために、頭の回転の速さは必要なのか。
  28. 相手からばかにされても、怒るのではなく、笑い飛ばそう。
    相手からばかにされても、怒るのではなく、笑い飛ばそう。
  29. 面白い人は、形式やルールにこだわらない。
    面白い人は、形式やルールにこだわらない。
  30. 「面白い」という一言は、あらゆることを面白くさせるスパイス。
    「面白い」という一言は、あらゆることを面白くさせるスパイス。

同じカテゴリーの作品