執筆者:水口貴博

面白い人になる
30の方法

26
4

褒めることも、
面白いネタの1つになる。

褒めることも、面白いネタの1つになる。 | 面白い人になる30の方法

面白い人になるためには「笑わせるネタが必要」と思われがちです。

もちろん笑わせるネタがあるほうが、相手を笑わせることができるでしょう。

ストレートに面白いネタを披露すれば、相手は会話を楽しんでくれます。

しかし、笑わせるだけがすべてではありません。

「相手を楽しませるすべてが面白さにつながる」と考えてください。

それは、褒めることです。

面白い人になりたいなら、褒めることを習慣にしましょう。

褒めるというのは、相手を喜ばせること。

どんな人にも短所や欠点があるように、どんな人にも長所や美点があります。

ユーモアのセンスを磨くには時間を要しますが、相手の長所を見つけるなら、簡単にできます。

その気になれば、今日からでも実行できます。

「相手のいいところを探そう」と意識すれば、すぐ見つかるでしょう。

相手の良いところが見つかれば、どんどん褒めていきましょう。

たとえば、友人と待ち合わせの場面があるとします。

友人と会ったとき、天気や仕事の話題など、普通に話し始めるのもいいですが、まず褒めることから始めるといいでしょう。

「今日は特別おしゃれだね」

「かわいい服だね。センスがいいね」

「初めて見るアクセサリーだね。似合っているよ」

わざとらしくないよう、さりげなく褒めるのがポイントです。

お世辞やおべっかを言うのではなく、あくまで自然に気づいた範囲で言ってみます。

上手に褒めると、相手は笑顔になって喜んでくれるでしょう。

最初に褒めることで、その後に続く会話も明るい雰囲気で楽しめるはずです。

熱心に仕事をしている人がいるとします。

「無理をしないでくださいね」「たまには休憩してください」といった気遣う言葉もいいですが、まず褒めてみましょう。

「お仕事に熱心ですね」

「体力があるのですね」

「集中力がすごいですね」

気づいた範囲で褒めてみます。

相手は、頑張っている自分を認められた気がして、すっと心身が軽くなるでしょう。

人と会ったら、まず褒める。

話を始めたら、まず褒める。

褒めることは、人間関係の大切な潤滑油です。

わざわざ笑わせるネタを披露しなくても、面白い人になれます。

褒めるだけで、相手を楽しませることができます。

褒めることも、面白いネタの1つになるのです。

面白い人になる方法(26)
  • 褒めることをネタにして、相手を楽しませる。
面白くなるために、頭の回転の速さは必要なのか。

面白い人になる30の方法
面白い人になる30の方法

  1. 面白い人になるために一番大切なのは、相手を楽しませたい気持ち。
    面白い人になるために一番大切なのは、相手を楽しませたい気持ち。
  2. 面白い人とは、自負するものではなく、評価されるもの。
    面白い人とは、自負するものではなく、評価されるもの。
  3. 面白い人になるためには、自分を変えていく努力が必要。
    面白い人になるためには、自分を変えていく努力が必要。
  4. 面白い人は、性格が明るく、ポジティブ思考。
    面白い人は、性格が明るく、ポジティブ思考。
  5. 面白い人になるためには、オープンな性格になることが大切。
    面白い人になるためには、オープンな性格になることが大切。
  6. 自分がしたい話より、相手が楽しめる話をする。
    自分がしたい話より、相手が楽しめる話をする。
  7. 面白い人の真似をしてみる。
    面白い人の真似をしてみる。
  8. 面白い人には、ユーモアのセンスがある。
    面白い人には、ユーモアのセンスがある。
  9. 面白い人になるためには、面白い話が必要とは限らない。
    面白い人になるためには、面白い話が必要とは限らない。
  10. 笑えるネタでなくてもいい。<br>明るく楽しいネタで十分。
    笑えるネタでなくてもいい。
    明るく楽しいネタで十分。
  11. 世間に無知では、面白くなれない。
    世間に無知では、面白くなれない。
  12. 面白いネタを見つけるにも「積極性」が大事。
    面白いネタを見つけるにも「積極性」が大事。
  13. どんなに面白い話も、回りくどいと、台無しになる。
    どんなに面白い話も、回りくどいと、台無しになる。
  14. しっかり聞けない人は、よい返事もできない。
    しっかり聞けない人は、よい返事もできない。
  15. とことん相手の話を聞くだけで、面白い人になれる。
    とことん相手の話を聞くだけで、面白い人になれる。
  16. 人をばかにして笑いを取るのは、NG。<br>自分をばかにして笑いを取るのは、OK。
    人をばかにして笑いを取るのは、NG。
    自分をばかにして笑いを取るのは、OK。
  17. 豊富な語彙力は、面白い人になるための土台。
    豊富な語彙力は、面白い人になるための土台。
  18. 面白いから、オーバーリアクションをするのではない。<br>オーバーリアクションをするから、面白くなる。
    面白いから、オーバーリアクションをするのではない。
    オーバーリアクションをするから、面白くなる。
  19. 面白いネタやエピソードを作るには、遊びが欠かせない。
    面白いネタやエピソードを作るには、遊びが欠かせない。
  20. 笑いの基準を下げる。<br>ささいなことでも笑うようにしよう。
    笑いの基準を下げる。
    ささいなことでも笑うようにしよう。
  21. おやじギャグは、笑わせるネタではない。<br>場を凍り付かせるネタである。
    おやじギャグは、笑わせるネタではない。
    場を凍り付かせるネタである。
  22. 面白いから、笑うのではない。<br>笑うから、面白くなる。
    面白いから、笑うのではない。
    笑うから、面白くなる。
  23. ユーモアの失敗を恐れない勇気が大切。
    ユーモアの失敗を恐れない勇気が大切。
  24. 同じ人に同じネタを使うのは、マナー違反。<br>面白いネタも、2回目から平凡になる。
    同じ人に同じネタを使うのは、マナー違反。
    面白いネタも、2回目から平凡になる。
  25. ボディーランゲージがあると、会話はもっと面白くなる。
    ボディーランゲージがあると、会話はもっと面白くなる。
  26. 褒めることも、面白いネタの1つになる。
    褒めることも、面白いネタの1つになる。
  27. 面白くなるために、頭の回転の速さは必要なのか。
    面白くなるために、頭の回転の速さは必要なのか。
  28. 相手からばかにされても、怒るのではなく、笑い飛ばそう。
    相手からばかにされても、怒るのではなく、笑い飛ばそう。
  29. 面白い人は、形式やルールにこだわらない。
    面白い人は、形式やルールにこだわらない。
  30. 「面白い」という一言は、あらゆることを面白くさせるスパイス。
    「面白い」という一言は、あらゆることを面白くさせるスパイス。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION