執筆者:水口貴博

面白い人になる
30の方法

9
2

面白い人になるためには、
面白い話が必要とは限らない。

面白い人になるためには、面白い話が必要とは限らない。 | 面白い人になる30の方法

面白い人になるためには何が必要でしょうか。

「面白い人」と言うくらいですから「面白い話ができる人」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

いつも楽しい話ができる人。

いつも笑わせるネタを話せる人。

引きつけるような話し方ができる人。

「面白い人になるためには、面白い話をしなければいけない」

「なかなかユーモアが出てこなくて困っている」

「とっさに面白いネタを思いついて言える自信はない」

そう思う人も多いのではないでしょうか。

たしかにつまらない話より面白い話ができたほうが、話が盛り上がりやすくなります。

人気者やモテる人も、やはり面白い話ができる人が目立ちます。

ユーモアがあって面白い話ができる人なら、会話を通して、相手を楽しませることができるでしょう。

しかし「面白い話をしなければいけない」と思っているなら誤解です。

面白い話をできたほうがいいのはたしかですが、必須ではありません。

面白い話をする能力は、あくまで面白い人になるための要素の1つにすぎません。

面白い人になるためのポイントは、ほかにも数多くあります。

  • いつもにこにこしていること
  • 表情が豊かであること
  • ささいなことでも笑うこと
  • 聞き上手であること
  • 簡潔にわかりやすく話せること
  • オーバーリアクションが上手であること
  • 相槌あいづちが上手なこと
  • 世間に詳しく、話題が豊富であること
  • 視点や考え方がユニークであること
  • 話し方に変わった特徴があること

これらはすべて面白い人に関係するポイントです。

面白い人とは、総合的に判断されることであり「面白い話ができればOK」というわけではありません。

面白い話ができなくても、別のポイントでアピールできます。

たとえば、1つの方法として、聞き上手に徹することがあります。

面白い話ができなくても、にこにこしたり適度に相槌を打ったりすると「一緒にいて面白い」と思われるでしょう。

たとえ話し下手でも、面白い人になることは可能です。

またささいなことで笑う習慣があれば、面白い人になることも可能です。

笑いの基準を下げて、ささいなことでも笑うようにします。

思いきってつまらないことでも笑うようにします。

こうした点を一つ一つ意識すれば、面白い話ができなくても、面白い人になることは可能です。

面白い人になるためには、面白い話が必要とは限らないのです。

面白い人になる方法(9)
  • 面白い人になるためには、面白い話が必要と思い込まない。
笑えるネタでなくてもいい。
明るく楽しいネタで十分。

面白い人になる30の方法
面白い人になる30の方法

  1. 面白い人になるために一番大切なのは、相手を楽しませたい気持ち。
    面白い人になるために一番大切なのは、相手を楽しませたい気持ち。
  2. 面白い人とは、自負するものではなく、評価されるもの。
    面白い人とは、自負するものではなく、評価されるもの。
  3. 面白い人になるためには、自分を変えていく努力が必要。
    面白い人になるためには、自分を変えていく努力が必要。
  4. 面白い人は、性格が明るく、ポジティブ思考。
    面白い人は、性格が明るく、ポジティブ思考。
  5. 面白い人になるためには、オープンな性格になることが大切。
    面白い人になるためには、オープンな性格になることが大切。
  6. 自分がしたい話より、相手が楽しめる話をする。
    自分がしたい話より、相手が楽しめる話をする。
  7. 面白い人の真似をしてみる。
    面白い人の真似をしてみる。
  8. 面白い人には、ユーモアのセンスがある。
    面白い人には、ユーモアのセンスがある。
  9. 面白い人になるためには、面白い話が必要とは限らない。
    面白い人になるためには、面白い話が必要とは限らない。
  10. 笑えるネタでなくてもいい。<br>明るく楽しいネタで十分。
    笑えるネタでなくてもいい。
    明るく楽しいネタで十分。
  11. 世間に無知では、面白くなれない。
    世間に無知では、面白くなれない。
  12. 面白いネタを見つけるにも「積極性」が大事。
    面白いネタを見つけるにも「積極性」が大事。
  13. どんなに面白い話も、回りくどいと、台無しになる。
    どんなに面白い話も、回りくどいと、台無しになる。
  14. しっかり聞けない人は、よい返事もできない。
    しっかり聞けない人は、よい返事もできない。
  15. とことん相手の話を聞くだけで、面白い人になれる。
    とことん相手の話を聞くだけで、面白い人になれる。
  16. 人をばかにして笑いを取るのは、NG。<br>自分をばかにして笑いを取るのは、OK。
    人をばかにして笑いを取るのは、NG。
    自分をばかにして笑いを取るのは、OK。
  17. 豊富な語彙力は、面白い人になるための土台。
    豊富な語彙力は、面白い人になるための土台。
  18. 面白いから、オーバーリアクションをするのではない。<br>オーバーリアクションをするから、面白くなる。
    面白いから、オーバーリアクションをするのではない。
    オーバーリアクションをするから、面白くなる。
  19. 面白いネタやエピソードを作るには、遊びが欠かせない。
    面白いネタやエピソードを作るには、遊びが欠かせない。
  20. 笑いの基準を下げる。<br>ささいなことでも笑うようにしよう。
    笑いの基準を下げる。
    ささいなことでも笑うようにしよう。
  21. おやじギャグは、笑わせるネタではない。<br>場を凍り付かせるネタである。
    おやじギャグは、笑わせるネタではない。
    場を凍り付かせるネタである。
  22. 面白いから、笑うのではない。<br>笑うから、面白くなる。
    面白いから、笑うのではない。
    笑うから、面白くなる。
  23. ユーモアの失敗を恐れない勇気が大切。
    ユーモアの失敗を恐れない勇気が大切。
  24. 同じ人に同じネタを使うのは、マナー違反。<br>面白いネタも、2回目から平凡になる。
    同じ人に同じネタを使うのは、マナー違反。
    面白いネタも、2回目から平凡になる。
  25. ボディーランゲージがあると、会話はもっと面白くなる。
    ボディーランゲージがあると、会話はもっと面白くなる。
  26. 褒めることも、面白いネタの1つになる。
    褒めることも、面白いネタの1つになる。
  27. 面白くなるために、頭の回転の速さは必要なのか。
    面白くなるために、頭の回転の速さは必要なのか。
  28. 相手からばかにされても、怒るのではなく、笑い飛ばそう。
    相手からばかにされても、怒るのではなく、笑い飛ばそう。
  29. 面白い人は、形式やルールにこだわらない。
    面白い人は、形式やルールにこだわらない。
  30. 「面白い」という一言は、あらゆることを面白くさせるスパイス。
    「面白い」という一言は、あらゆることを面白くさせるスパイス。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION