執筆者:水口貴博

面白い人になる
30の方法

11
3

世間に無知では、
面白くなれない。

世間に無知では、面白くなれない。 | 面白い人になる30の方法

「この話を知っていますか」

会話中、たまたま知らない話題が登場することもあるでしょう。

知らない話題なら、正直に「知らない」と答えるしかありません。

もしくは、相手に詳しい説明をお願いすることもあるでしょう。

人間ですから知らないこともあって当然です。

世の中にある、すべてのことを知っている人はいません。

別に悪いことではなく、知らないことは相手に教えてもらうといいでしょう。

しかし、世間に無知の状態があまりひどいと、話を盛り上げていくのも難しくなります。

どんな話題を振っても「知らない」という返事では、たびたび話が中断してしまい、なかなかテンションを上げていけません。

「知らない」「わからない」「初めて聞いた」ばかりでは、なかなか話題を盛り上げていけません。

「この人に話を振っても、盛り上がらない」

「逆に説明を依頼されてしまう」

そう思われてしまうと、人から話しかけられにくくなることもあります。

世間に無知では、面白くなれません。

面白い人になるためには、世間の最新情報を知っておくことが大切です。

新聞・テレビ・インターネットなどから、さまざまな時事情報を吸収していきましょう。

古い情報もいいですが、できるだけ新しい情報のほうがいいでしょう。

さまざまな情報を知っていると、さまざまな話題についていけるようになります。

もちろんすべての最新情報を確認するのは大変ですが、少なくとも世間で話題になっているニュースは押さえておきたい。

たとえば、大きな社会問題、政治経済の話題、世間をにぎわしている流行などです。

世間の話題に詳しくなればなるほど、話の受け皿が大きくなります。

時事の知識に詳しければ詳しいほど、話についていける幅も広くなる。

最新情報をつかんでいくことは、視野や価値観を広げることになります。

できるだけ世間の情報に詳しい人のほうが、一緒に話をしても面白いでしょう。

話が盛り上がるだけでなく、自分の知らない話も教えてくれるかもしれません。

もし余裕があれば、見聞きするだけでなく、実際に試してみるのもいいでしょう。

「聞いたことがある」と「試してみたことがある」とでは、理解度が違います。

最新のゲームがあるなら、実際に試してみる。

世間で話題になっているアプリがあるなら、ダウンロードして楽しんでみる。

流行になっている食べ物があるなら、実際に注文して食べてみる。

近場に話題の観光スポットがあれば、実際に友人と一緒に訪問してみる。

ミーハーと言われようと何と言われようと、直接体験をすれば、見聞きするだけではわからない情報が得られます。

さまざまな世間に詳しくなることは、自分にとっても教養になるので役立ちます。

新聞・テレビ・インターネットなど、自分に合った媒体から、さまざまな最新情報を入手していくといいでしょう。

面白い人になる方法(11)
  • テレビやインターネットから、さまざまな情報を仕入れる。
面白いネタを見つけるにも「積極性」が大事。

面白い人になる30の方法
面白い人になる30の方法

  1. 面白い人になるために一番大切なのは、相手を楽しませたい気持ち。
    面白い人になるために一番大切なのは、相手を楽しませたい気持ち。
  2. 面白い人とは、自負するものではなく、評価されるもの。
    面白い人とは、自負するものではなく、評価されるもの。
  3. 面白い人になるためには、自分を変えていく努力が必要。
    面白い人になるためには、自分を変えていく努力が必要。
  4. 面白い人は、性格が明るく、ポジティブ思考。
    面白い人は、性格が明るく、ポジティブ思考。
  5. 面白い人になるためには、オープンな性格になることが大切。
    面白い人になるためには、オープンな性格になることが大切。
  6. 自分がしたい話より、相手が楽しめる話をする。
    自分がしたい話より、相手が楽しめる話をする。
  7. 面白い人の真似をしてみる。
    面白い人の真似をしてみる。
  8. 面白い人には、ユーモアのセンスがある。
    面白い人には、ユーモアのセンスがある。
  9. 面白い人になるためには、面白い話が必要とは限らない。
    面白い人になるためには、面白い話が必要とは限らない。
  10. 笑えるネタでなくてもいい。<br>明るく楽しいネタで十分。
    笑えるネタでなくてもいい。
    明るく楽しいネタで十分。
  11. 世間に無知では、面白くなれない。
    世間に無知では、面白くなれない。
  12. 面白いネタを見つけるにも「積極性」が大事。
    面白いネタを見つけるにも「積極性」が大事。
  13. どんなに面白い話も、回りくどいと、台無しになる。
    どんなに面白い話も、回りくどいと、台無しになる。
  14. しっかり聞けない人は、よい返事もできない。
    しっかり聞けない人は、よい返事もできない。
  15. とことん相手の話を聞くだけで、面白い人になれる。
    とことん相手の話を聞くだけで、面白い人になれる。
  16. 人をばかにして笑いを取るのは、NG。<br>自分をばかにして笑いを取るのは、OK。
    人をばかにして笑いを取るのは、NG。
    自分をばかにして笑いを取るのは、OK。
  17. 豊富な語彙力は、面白い人になるための土台。
    豊富な語彙力は、面白い人になるための土台。
  18. 面白いから、オーバーリアクションをするのではない。<br>オーバーリアクションをするから、面白くなる。
    面白いから、オーバーリアクションをするのではない。
    オーバーリアクションをするから、面白くなる。
  19. 面白いネタやエピソードを作るには、遊びが欠かせない。
    面白いネタやエピソードを作るには、遊びが欠かせない。
  20. 笑いの基準を下げる。<br>ささいなことでも笑うようにしよう。
    笑いの基準を下げる。
    ささいなことでも笑うようにしよう。
  21. おやじギャグは、笑わせるネタではない。<br>場を凍り付かせるネタである。
    おやじギャグは、笑わせるネタではない。
    場を凍り付かせるネタである。
  22. 面白いから、笑うのではない。<br>笑うから、面白くなる。
    面白いから、笑うのではない。
    笑うから、面白くなる。
  23. ユーモアの失敗を恐れない勇気が大切。
    ユーモアの失敗を恐れない勇気が大切。
  24. 同じ人に同じネタを使うのは、マナー違反。<br>面白いネタも、2回目から平凡になる。
    同じ人に同じネタを使うのは、マナー違反。
    面白いネタも、2回目から平凡になる。
  25. ボディーランゲージがあると、会話はもっと面白くなる。
    ボディーランゲージがあると、会話はもっと面白くなる。
  26. 褒めることも、面白いネタの1つになる。
    褒めることも、面白いネタの1つになる。
  27. 面白くなるために、頭の回転の速さは必要なのか。
    面白くなるために、頭の回転の速さは必要なのか。
  28. 相手からばかにされても、怒るのではなく、笑い飛ばそう。
    相手からばかにされても、怒るのではなく、笑い飛ばそう。
  29. 面白い人は、形式やルールにこだわらない。
    面白い人は、形式やルールにこだわらない。
  30. 「面白い」という一言は、あらゆることを面白くさせるスパイス。
    「面白い」という一言は、あらゆることを面白くさせるスパイス。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION