執筆者:水口貴博

面白い人になる
30の方法

8
1

面白い人には、
ユーモアのセンスがある。

面白い人には、ユーモアのセンスがある。 | 面白い人になる30の方法

面白い人になるためには、ユーモアのセンスが欠かせません。

批判や悪口で笑いを取るのは、ユーモアではありません。

悪い冗談や下品な言葉も、ユーモアとは違います。

「下品でも悪口でも、笑わすことさえできればよい」と考えるのはよくありません。

ユーモアとは何か。

ユーモアとは、人を傷つけない、知的で上品なしゃれのことを言います。

ユーモアには、悪意や不快感がありません。

くすくす笑える要素がありつつ、人の心を和ませる力があります。

上手に例える力であり、言い換える力でもあります。

たとえば、大雨が降っている日があるとします。

「すごい雨ですね。バケツがひっくり返ったみたいですね」

うまく例えると、雨の様子がユニークに感じて、笑いに包まれるでしょう。

相手が元気で、テンションについていけないときがあるとします。

「テンションの温度差がありすぎて、風邪を引きそうだよ」

こんな一言をさらりと言えば、わははと笑ってしまうでしょう。

会話中、相手から嬉しい褒め言葉を言われたとします。

そんなとき、にこにこしながら「今日はいい日ですね」と言ってみます。

しゃれでもジョークでも何でもありませんが、どことなく笑いを誘う雰囲気が出るでしょう。

あなたはユーモアのセンスがどのくらいありますか。

自信を持って「自分にはユーモアのセンスがある」と言える人は少ないのではないでしょうか。

ユーモアのセンスは学校で学ばない科目の1つであるため、磨く場が少ないのが現状です。

ユーモアは、ジョークより難しい。

頭を使ったり、場の雰囲気を読んだり、知識を必要としたりします。

だからこそ、挑戦をする意味があります。

ほかの人と差をつけやすいところでもあります。

ユーモアは、生まれつきのセンスと思われがちですが、誤解です。

たしかにユーモアはセンスが影響しますが、センスはいくらでも磨いていけます。

さまざまな笑いのパターンに触れて、吸収していくことで、だんだんセンスを磨いていけます。

たゆまぬ努力さえすれば、もともとセンスのある人以上にセンスを高めることも可能です。

面白い人になるために、ユーモアのセンスを磨きましょう。

たとえば、テレビを見ていて、面白い一言を見つけたら、小まめにメモを取るといいでしょう。

後からメモを再確認して、使われ方を復習すれば、直感的にセンスを理解できるでしょう。

理解したセンスは、実際に日常で試していくことも大切です。

学びながら、経験と実践を繰り返していくことで、少しずつセンスを理解して、身につけていけます。

面白い人になる方法(8)
  • ユーモアのセンスを磨く。
面白い人になるためには、面白い話が必要とは限らない。

面白い人になる30の方法
面白い人になる30の方法

  1. 面白い人になるために一番大切なのは、相手を楽しませたい気持ち。
    面白い人になるために一番大切なのは、相手を楽しませたい気持ち。
  2. 面白い人とは、自負するものではなく、評価されるもの。
    面白い人とは、自負するものではなく、評価されるもの。
  3. 面白い人になるためには、自分を変えていく努力が必要。
    面白い人になるためには、自分を変えていく努力が必要。
  4. 面白い人は、性格が明るく、ポジティブ思考。
    面白い人は、性格が明るく、ポジティブ思考。
  5. 面白い人になるためには、オープンな性格になることが大切。
    面白い人になるためには、オープンな性格になることが大切。
  6. 自分がしたい話より、相手が楽しめる話をする。
    自分がしたい話より、相手が楽しめる話をする。
  7. 面白い人の真似をしてみる。
    面白い人の真似をしてみる。
  8. 面白い人には、ユーモアのセンスがある。
    面白い人には、ユーモアのセンスがある。
  9. 面白い人になるためには、面白い話が必要とは限らない。
    面白い人になるためには、面白い話が必要とは限らない。
  10. 笑えるネタでなくてもいい。<br>明るく楽しいネタで十分。
    笑えるネタでなくてもいい。
    明るく楽しいネタで十分。
  11. 世間に無知では、面白くなれない。
    世間に無知では、面白くなれない。
  12. 面白いネタを見つけるにも「積極性」が大事。
    面白いネタを見つけるにも「積極性」が大事。
  13. どんなに面白い話も、回りくどいと、台無しになる。
    どんなに面白い話も、回りくどいと、台無しになる。
  14. しっかり聞けない人は、よい返事もできない。
    しっかり聞けない人は、よい返事もできない。
  15. とことん相手の話を聞くだけで、面白い人になれる。
    とことん相手の話を聞くだけで、面白い人になれる。
  16. 人をばかにして笑いを取るのは、NG。<br>自分をばかにして笑いを取るのは、OK。
    人をばかにして笑いを取るのは、NG。
    自分をばかにして笑いを取るのは、OK。
  17. 豊富な語彙力は、面白い人になるための土台。
    豊富な語彙力は、面白い人になるための土台。
  18. 面白いから、オーバーリアクションをするのではない。<br>オーバーリアクションをするから、面白くなる。
    面白いから、オーバーリアクションをするのではない。
    オーバーリアクションをするから、面白くなる。
  19. 面白いネタやエピソードを作るには、遊びが欠かせない。
    面白いネタやエピソードを作るには、遊びが欠かせない。
  20. 笑いの基準を下げる。<br>ささいなことでも笑うようにしよう。
    笑いの基準を下げる。
    ささいなことでも笑うようにしよう。
  21. おやじギャグは、笑わせるネタではない。<br>場を凍り付かせるネタである。
    おやじギャグは、笑わせるネタではない。
    場を凍り付かせるネタである。
  22. 面白いから、笑うのではない。<br>笑うから、面白くなる。
    面白いから、笑うのではない。
    笑うから、面白くなる。
  23. ユーモアの失敗を恐れない勇気が大切。
    ユーモアの失敗を恐れない勇気が大切。
  24. 同じ人に同じネタを使うのは、マナー違反。<br>面白いネタも、2回目から平凡になる。
    同じ人に同じネタを使うのは、マナー違反。
    面白いネタも、2回目から平凡になる。
  25. ボディーランゲージがあると、会話はもっと面白くなる。
    ボディーランゲージがあると、会話はもっと面白くなる。
  26. 褒めることも、面白いネタの1つになる。
    褒めることも、面白いネタの1つになる。
  27. 面白くなるために、頭の回転の速さは必要なのか。
    面白くなるために、頭の回転の速さは必要なのか。
  28. 相手からばかにされても、怒るのではなく、笑い飛ばそう。
    相手からばかにされても、怒るのではなく、笑い飛ばそう。
  29. 面白い人は、形式やルールにこだわらない。
    面白い人は、形式やルールにこだわらない。
  30. 「面白い」という一言は、あらゆることを面白くさせるスパイス。
    「面白い」という一言は、あらゆることを面白くさせるスパイス。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION