執筆者:水口貴博

面白い人になる
30の方法

28
7

相手からばかにされても、
怒るのではなく、
笑い飛ばそう。

相手からばかにされても、怒るのではなく、笑い飛ばそう。 | 面白い人になる30の方法

会話中、相手からばかにされることがあるかもしれません。

失敗を笑われる。

弱点を見下される。

コンプレックスを傷つけられる。

そんなとき、どんなリアクションをするかです。

自分の自尊心やプライドを傷つけられると、普通はむっとすることが多いでしょう。

心が傷ついて、暗い表情になったりテンションが下がったりするでしょう。

嫌になって、その場から逃げたくなるかもしれません。

しかし、ふてくされてしまうと、場の雰囲気が悪くなります。

気まずい空気が流れ、険悪な雰囲気に変わり、息苦しくなるでしょう。

ぴりぴりした雰囲気では、面白い会話もできません。

面白い人になりたいなら、こういうときこそ大切なポイントです。

相手からばかにされたとき、怒るのではなく、笑い飛ばしましょう。

場の雰囲気を壊さないよう明るく言い返すのです。

「言いすぎですよ!」

「ひどいことを言わないでくださいよ!」

「ショックで心に穴があいたかもしれません!」

明るく前向きな言葉なら、どんな言葉でもOK。

「それくらいの言葉では落ち込みません!」と言わんばかりの勢いで言うのがいいでしょう。

どれだけばかにされてもけなされても、にこにこ明るく言い返せば、楽しい雰囲気を保てます。

本当は心が傷ついていても、表に出さないほうが雰囲気を保てます。

プライドを傷つけられても、恥ずかしいことがあっても、にこにこした笑顔を貫く。

失敗もコンプレックスも笑い飛ばすくらいに考えるのがいいでしょう。

こうしたノリのよさが、面白い人になるためのポイントです。

自尊心やプライドを傷つけられても、自分が気にすることさえなければ、無傷です。

たまには虚勢を張ることも大事です。

見栄や虚栄心で虚勢を張るのはNGですが、あくまでポジティブな雰囲気を保つための虚勢ならOKです。

心が傷つくことを言われても、笑顔を貫くようにしましょう。

傷ついているところを見せるより、元気である様子を見せたほうが、会話のテンポもよくなります。

面白い人になる方法(28)
  • ばかにされても、怒るのではなく、笑って済ませる。
面白い人は、形式やルールにこだわらない。

面白い人になる30の方法
面白い人になる30の方法

  1. 面白い人になるために一番大切なのは、相手を楽しませたい気持ち。
    面白い人になるために一番大切なのは、相手を楽しませたい気持ち。
  2. 面白い人とは、自負するものではなく、評価されるもの。
    面白い人とは、自負するものではなく、評価されるもの。
  3. 面白い人になるためには、自分を変えていく努力が必要。
    面白い人になるためには、自分を変えていく努力が必要。
  4. 面白い人は、性格が明るく、ポジティブ思考。
    面白い人は、性格が明るく、ポジティブ思考。
  5. 面白い人になるためには、オープンな性格になることが大切。
    面白い人になるためには、オープンな性格になることが大切。
  6. 自分がしたい話より、相手が楽しめる話をする。
    自分がしたい話より、相手が楽しめる話をする。
  7. 面白い人の真似をしてみる。
    面白い人の真似をしてみる。
  8. 面白い人には、ユーモアのセンスがある。
    面白い人には、ユーモアのセンスがある。
  9. 面白い人になるためには、面白い話が必要とは限らない。
    面白い人になるためには、面白い話が必要とは限らない。
  10. 笑えるネタでなくてもいい。<br>明るく楽しいネタで十分。
    笑えるネタでなくてもいい。
    明るく楽しいネタで十分。
  11. 世間に無知では、面白くなれない。
    世間に無知では、面白くなれない。
  12. 面白いネタを見つけるにも「積極性」が大事。
    面白いネタを見つけるにも「積極性」が大事。
  13. どんなに面白い話も、回りくどいと、台無しになる。
    どんなに面白い話も、回りくどいと、台無しになる。
  14. しっかり聞けない人は、よい返事もできない。
    しっかり聞けない人は、よい返事もできない。
  15. とことん相手の話を聞くだけで、面白い人になれる。
    とことん相手の話を聞くだけで、面白い人になれる。
  16. 人をばかにして笑いを取るのは、NG。<br>自分をばかにして笑いを取るのは、OK。
    人をばかにして笑いを取るのは、NG。
    自分をばかにして笑いを取るのは、OK。
  17. 豊富な語彙力は、面白い人になるための土台。
    豊富な語彙力は、面白い人になるための土台。
  18. 面白いから、オーバーリアクションをするのではない。<br>オーバーリアクションをするから、面白くなる。
    面白いから、オーバーリアクションをするのではない。
    オーバーリアクションをするから、面白くなる。
  19. 面白いネタやエピソードを作るには、遊びが欠かせない。
    面白いネタやエピソードを作るには、遊びが欠かせない。
  20. 笑いの基準を下げる。<br>ささいなことでも笑うようにしよう。
    笑いの基準を下げる。
    ささいなことでも笑うようにしよう。
  21. おやじギャグは、笑わせるネタではない。<br>場を凍り付かせるネタである。
    おやじギャグは、笑わせるネタではない。
    場を凍り付かせるネタである。
  22. 面白いから、笑うのではない。<br>笑うから、面白くなる。
    面白いから、笑うのではない。
    笑うから、面白くなる。
  23. ユーモアの失敗を恐れない勇気が大切。
    ユーモアの失敗を恐れない勇気が大切。
  24. 同じ人に同じネタを使うのは、マナー違反。<br>面白いネタも、2回目から平凡になる。
    同じ人に同じネタを使うのは、マナー違反。
    面白いネタも、2回目から平凡になる。
  25. ボディーランゲージがあると、会話はもっと面白くなる。
    ボディーランゲージがあると、会話はもっと面白くなる。
  26. 褒めることも、面白いネタの1つになる。
    褒めることも、面白いネタの1つになる。
  27. 面白くなるために、頭の回転の速さは必要なのか。
    面白くなるために、頭の回転の速さは必要なのか。
  28. 相手からばかにされても、怒るのではなく、笑い飛ばそう。
    相手からばかにされても、怒るのではなく、笑い飛ばそう。
  29. 面白い人は、形式やルールにこだわらない。
    面白い人は、形式やルールにこだわらない。
  30. 「面白い」という一言は、あらゆることを面白くさせるスパイス。
    「面白い」という一言は、あらゆることを面白くさせるスパイス。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION