自分磨き

真面目すぎる性格を直す
30の方法

お気に入り6 読んだ
1

真面目なのはいい。
真面目すぎるのがいけない。

真面目なのはいい。真面目すぎるのがいけない。 | 真面目すぎる性格を直す30の方法

「真面目だね」

そう言われたとき、あなたはどんな印象を持つでしょうか。

真面目とは、何事にも真剣に取り組もうとする様子や性格のことをいいます。

真面目の印象には、ポジティブとネガティブの両方が存在します。

ポジティブな印象としては、次のような内容が挙げられます。

  • サボらない
  • いつも真剣
  • 約束を守る
  • 集中力がある
  • 自分に厳しい
  • 考え方が安定している

こうしたポジティブなイメージがある一方で、ネガティブなイメージも少なくありません。

  • 仕事を押し付けられる
  • 人からいいように使われる
  • 融通が利かない
  • 仕事や悩み事を抱え込みやすい
  • 疲れやストレスをためやすい
  • ノリが悪く、冗談が通じない
  • 暗い印象・堅い雰囲気が出やすい

 

たしかに真面目の程度によっては、仕事や人付き合いにも悪影響が及ぶことがあります。

真面目な人はつまらないと考える人も多いでしょう。

「真面目な人にはなりたくない!」

ネガティブな印象を持つ人も多いのではないでしょうか。

ここに誤解があります。

真面目なのはいいのです。

真面目すぎるのがよくないのです。

そもそも真面目は素晴らしいことです。

真面目には、信頼関係を構築したり、仕事の結果を発揮しやすくなったりなど、多くの得があります。

面接でも、不真面目な人より真面目な人のほうが確実に有利です。

ビジネスでもプライベートでも、真面目は大切な要素なのです。

 

ただし、真面目すぎると話は変わります。

真面目すぎると、考え方や行動に柔軟性が失われ、融通の利かない状態に陥ります。

ノリが悪くて、冗談が通じないため、人付き合いに悪影響を及ぼすこともあります。

本人に悪気はないのですが、自然と暗い印象・堅い雰囲気が出やすくなる。

気分転換やストレス発散が後回しになり、ストレスをためます。

真面目すぎると、真面目の悪い側面ばかりが目立つようになるのです。

あくまで悪いのは「真面目すぎる」という状況です。

むしろ真面目は必要なこと。

この点を誤解しないことが大切です。

もしあなたが真面目すぎるなら、普通程度まで下げるだけでいいでしょう。

肩の力を抜き、リラックスします。

遊び心を取り入れ、考え方を柔らかくします。

不真面目になるくらいなら、真面目になったほうがいい。

真面目は、不真面目であるよりは、よほど健全です。

真面目はいいが、真面目すぎるのはいけない。

「真面目」と「真面目すぎ」を区別することが大切です。

まとめ

真面目すぎる性格を直す方法 その1
  • 「真面目」を心がけつつも「真面目すぎ」には注意する。
真面目すぎる性格を直す第一歩は、自覚することから始まる。

もくじ
真面目すぎる性格を直す30の方法
真面目なのはいい。真面目すぎるのがいけない。 | 真面目すぎる性格を直す30の方法

  1. 真面目なのはいい。
    真面目すぎるのがいけない。
  2. 真面目すぎる性格を直す第一歩は、自覚することから始まる。
  3. 急に真面目すぎる性格を直すのは難しい。
    まず習慣や考え方から変えていこう。
  4. 真面目すぎる人は「楽しむ」という考え方が足りない。
  5. 真面目すぎる人が足りないのは、遊び心。
  6. 仕事モードと遊びモードを切り替えて、バランスを整えてもいい。
  7. 遊びのイメージアップができる、7つの言葉。
  8. 仕事と遊びのバランスを取るには、交互に繰り返すことが大切。
  9. 1日1回は、ジョークやユーモアで誰かを笑わせたい。
  10. ポジティブ思考は、真面目すぎる性格を直す近道になる。
  11. 真面目すぎる人は、1人で仕事を抱え込みすぎる。
  12. 「100点」「完璧」「絶対」という口癖に注意。
    「70点」「最善」「ほどほど」という口癖をつけよう。
  13. 真面目すぎる人にとって遊び上手な人は、もはや先生。
  14. 細かいことにこだわっても、こだわりすぎないこと。
  15. マナーやルールにこだわりすぎると、融通が利かなくなる。
  16. 小さなミスや失敗は、くよくよするものではなく、笑い飛ばすもの。
  17. 真面目すぎる人は、視野と考え方が狭い。
  18. 趣味がないなら、今から作ろう。
    趣味があるなら、さらに深めよう。
    趣味には、真面目すぎるあなたを救う力がある。
  19. 必要以上に自分を責めるのはやめる。
    もっと自分を許してもいい。
  20. シミュレーションをしても、しすぎるな。
  21. 上手な手抜きは、怠慢ではない。
    もはや立派な仕事術。
  22. お酒は、ストレス社会を生き抜くために必要な飲み物。
  23. 恋愛には、真面目すぎる性格を直す力がある。
  24. 上手な嘘は、人間関係の潤滑油。
  25. 真面目すぎる性格を直すときに注意したい、3つの落とし穴。
    暴飲暴食、夜遊び、ギャンブル。
  26. 意外と真面目すぎる人ほど、依存症に陥りやすい。
  27. 気遣いも気配りも、限度を超えると、迷惑になる。
  28. 周囲の評価を気にしすぎない。
    自分らしさを大切にしよう。
  29. 1人で負いすぎた責任は、自己犠牲にしかならない。
  30. 不当な責任転嫁はNG。
    妥当な責任転嫁はOK。

同じカテゴリーの作品