初対面で好印象を与える
30の方法

9
1

初対面で好印象を与える話し方は、
丁寧な言葉遣い。

初対面で好印象を与える話し方は、丁寧な言葉遣い。 | 初対面で好印象を与える30の方法

初対面で好印象を与えるなら、話し方も大切です。

初対面で好印象を与える話し方は何か。

それは、丁寧な言葉遣いです。

学生言葉や乱暴な言葉は、徹底的に排除しましょう。

相手に対する敬意と尊重を込めて、できるだけ聞き心地のよい言葉遣いを心がけましょう。

丁寧な言葉遣いは、相手の年齢・性別に関係なく、誰と話すときでも心がけたい基本です。

雰囲気は少し堅苦しくなるかもしれません。

 

たしかに丁寧な言葉遣いでは、形式張った雰囲気が出て、打ち解けるまでに少し時間がかかるかもしれません。

最初からラフな話し方のほうが、早く仲良くなりやすいと考える人もいるでしょう。

相手と仲良くなるために、わざと言葉遣いを崩して、距離感を縮めるテクニックがあるのも事実です。

 

しかし、少なくとも初対面では、丁寧な言葉遣いを心がけるのが賢明です。

最初から言葉遣いが乱れていると、第一印象がよくありません。

言葉遣いが悪いと、誤解や不快感を与える原因になります。

言葉遣いとはいえ、印象に影響を及ぼす重要な要素です。

言葉遣いは、相手のことを知る手がかりの1つとして判断されます。

乱暴な言葉遣いなら、性格が悪くて、下品で無教養な人だと判断されるでしょう。

丁寧な言葉遣いなら、性格がよくて、品性と教養を兼ね備えた人と思われるでしょう。

言葉遣いは、その人の内面を表す鏡です。

「言葉遣いだけで、自分のすべてを判断されてはたまらない」

そう思うかもしれませんが、残念ながら、言葉遣いで相手を判断する現実があります。

特に初対面では、相手のことを知る手がかりが限られるため、言葉遣いによる影響も大きくなります。

丁寧な言葉遣いを心がけると、丁寧な印象が伝わります。

相手は安心と優しさを感じて心を開きやすくなり、コミュニケーションがスムーズになります。

相手が年上なら、きちんと敬語を使うことも大切です。

丁寧な言葉遣いさえあれば、世代の異なる人とのコミュニケーションもスムーズです。

初対面の場でアルコールが登場しても、乱暴な言葉遣いには注意しましょう。

無礼講はありません。

酔いが回っても、丁寧な言葉遣いを死守しましょう。

たとえ相手の言葉遣いが乱れていたとしても、丁寧な言葉遣いを貫きましょう。

ビジネスだけでなく、プライベートの初対面でも、丁寧な言葉遣いは大切です。

言葉遣いを崩したいなら、ある程度親しくなってからがいいでしょう。

打ち解けて仲良くなるにつれて、少しずつ敬語を取ったり言葉を崩したりします。

信頼関係が構築されていれば、呼び捨てやニックネームで呼んだり、少しくらい言葉が乱れたりしても不快感はありません。

初対面で好印象を与える方法(9)
  • 初対面では、相手に関係なく、丁寧な言葉遣いを心がける。
自己紹介で相手の名前がわかれば、きちんと覚えて、すぐ使おう。

初対面で好印象を与える30の方法
初対面で好印象を与える30の方法

  1. 人間性の向上は、時間がかかって大変。<br>好印象の向上は、今すぐできて限界がない。
    人間性の向上は、時間がかかって大変。
    好印象の向上は、今すぐできて限界がない。
  2. なぜ初対面では好印象を与えることが大切なのか。
    なぜ初対面では好印象を与えることが大切なのか。
  3. 仲良くなれるかなと思いながら会うのではない。<br>最初から仲良くなるつもりで会う。
    仲良くなれるかなと思いながら会うのではない。
    最初から仲良くなるつもりで会う。
  4. 前もって相手について知っておけば、初対面も怖くない。
    前もって相手について知っておけば、初対面も怖くない。
  5. 自分から自己紹介をしよう。<br>先に声をかけることが、すでに素晴らしい第一印象。
    自分から自己紹介をしよう。
    先に声をかけることが、すでに素晴らしい第一印象。
  6. 名字だけの自己紹介は、好印象が半減する。<br>フルネームの自己紹介は、好印象が倍増する。
    名字だけの自己紹介は、好印象が半減する。
    フルネームの自己紹介は、好印象が倍増する。
  7. 最も好印象の表情は、笑顔。
    最も好印象の表情は、笑顔。
  8. 初対面で好印象を与えるには、清潔感が欠かせない。
    初対面で好印象を与えるには、清潔感が欠かせない。
  9. 初対面で好印象を与える話し方は、丁寧な言葉遣い。
    初対面で好印象を与える話し方は、丁寧な言葉遣い。
  10. 自己紹介で相手の名前がわかれば、きちんと覚えて、すぐ使おう。
    自己紹介で相手の名前がわかれば、きちんと覚えて、すぐ使おう。
  11. 会うことに時間を割いてくれたお礼を言おう。<br>相手の時間を尊重して、しすぎることはない。
    会うことに時間を割いてくれたお礼を言おう。
    相手の時間を尊重して、しすぎることはない。
  12. 相手の目を見て話すのは、コミュニケーションの基本。<br>恥ずかしくても、相手の目を見て話そう。
    相手の目を見て話すのは、コミュニケーションの基本。
    恥ずかしくても、相手の目を見て話そう。
  13. 相槌と好印象は、密接なつながりがある。
    相槌と好印象は、密接なつながりがある。
  14. 初対面でいきなり暗い話をしない。
    初対面でいきなり暗い話をしない。
  15. 初対面で相手の粗探しをするのは、マナー違反。
    初対面で相手の粗探しをするのは、マナー違反。
  16. 人は、褒めてくれる人に好印象を持つ。
    人は、褒めてくれる人に好印象を持つ。
  17. 初対面で好印象を与えるコツは、自己開示の法則にある。
    初対面で好印象を与えるコツは、自己開示の法則にある。
  18. 下品なネタは、悪印象につながる。<br>知的なユーモアは、好印象につながる。
    下品なネタは、悪印象につながる。
    知的なユーモアは、好印象につながる。
  19. 共通点は、相手と仲良くなるためにある。
    共通点は、相手と仲良くなるためにある。
  20. 姿勢の良しあしは、第一印象や好印象に直結する。
    姿勢の良しあしは、第一印象や好印象に直結する。
  21. ずけずけデリケートな質問をするのは、いきなり土足で相手の心に踏み込んでいるようなもの。
    ずけずけデリケートな質問をするのは、いきなり土足で相手の心に踏み込んでいるようなもの。
  22. 弱みは、隠すより見せたほうが、好印象につながる。
    弱みは、隠すより見せたほうが、好印象につながる。
  23. 好意を持たれようとぺらぺら話しすぎない。<br>初対面では、話すより聞くほうが大切。
    好意を持たれようとぺらぺら話しすぎない。
    初対面では、話すより聞くほうが大切。
  24. 失礼なことがあっても、表に出さず、受け流すのが一番。
    失礼なことがあっても、表に出さず、受け流すのが一番。
  25. 外見に気になる部分があっても、じろじろ見るのは失礼。
    外見に気になる部分があっても、じろじろ見るのは失礼。
  26. 横柄な態度は悪印象につながる。<br>謙虚な態度は好印象につながる。
    横柄な態度は悪印象につながる。
    謙虚な態度は好印象につながる。
  27. 痩せすぎ・太りすぎは、好印象・第一印象に悪影響。
    痩せすぎ・太りすぎは、好印象・第一印象に悪影響。
  28. 初対面で注意したい3つの態度。<br>腕を組む、足を組む、ポケットに手を入れる。
    初対面で注意したい3つの態度。
    腕を組む、足を組む、ポケットに手を入れる。
  29. 「○○に似ていますよね」という一言には要注意。
    「○○に似ていますよね」という一言には要注意。
  30. 初対面で好印象を与える極意は、楽しむ気持ちにある。
    初対面で好印象を与える極意は、楽しむ気持ちにある。

同じカテゴリーの作品

3:48

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION