借金癖を直す
30の方法

26
3

ファイナンシャルプランナーは、
借金返済の心強い味方。

ファイナンシャルプランナーは、借金返済の心強い味方。 | 借金癖を直す30の方法

借金の返済計画は、なかなか自分では考えにくいことがあります。

厳しい現実を見ることになるため、やる気が起きないこともあるでしょう。

借入先が複数あると、頭の中が混乱して、うまく計画を立てられないこともあるでしょう

いくら借金があるか、自分でも把握できていないこともあるかもしれません。

借金に四苦八苦しているときは、すでにやりくりがつかない状態です。

余裕がないときに、冷静かつ現実的な借金の返済計画を立てるのは難しいことがあります。

実のところ、現実的な借金の返済計画を立てるのは、意外と難しい場合が少なくありません。

借入先の整理、利子の計算、長期的な計画、将来のリスク、法律が絡む問題。

借入先が複数あると、利息も返済期限もばらばらで、優先順位を考える必要があります。

考えることが多岐にわたる上、専門的なのです。

自分で考えたとしても、スムーズにいくとは限りません。

見積もりが甘くなったり、現実離れした計算になったりします。

根拠のない自信によって、楽観的な計画になることもあるでしょう。

返済計画の適度がわからず、非現実的な返済計画になってしまうのです。

自分の事情なので自分で考えるべきですが、自分で考えるからこそうまくいかないこともあります。

そんなとき、頼りになる存在がいます。

「ファイナンシャルプランナー」です。

ファイナンシャルプランナーは、お金の専門家です。

収入や生活レベルに応じて、借金の返済計画を考えてくれます。

借金の返済計画は、プロを頼ったほうがいい場合があります。

お金の専門家なので、借金返済に向けたプランを考えてくれます。

客観的に家計状況を確認してくれ、現実的な返済プランを考えてくれるでしょう。

もちろんファイナンシャルプランナーを頼るにも費用はかかりますが、きちんと借金返済ができれば、十分ペイできるでしょう。

基本的にファイナンシャルプランナーは、司法書士や弁護士との連携があります。

法律が絡む問題のため、ファイナンシャルプランナー単独で解決が難しいとき、適切な紹介を受けることができるでしょう。

自分で自分の尻拭いができないことに恥を感じるかもしれません。

だからとはいえ、意地を張って自己解決に固執していると、ますます問題が複雑化する可能性があります。

「家族以外の人にわかるわけがない」と思うかもしれませんが、家族以外だからこそ、頼りになることもあります。

ファイナンシャルプランナーは質が重要

とにかくファイナンシャルプランナーを頼れば大丈夫と考えるのも安易です。

ファイナンシャルプランナーは、質も重要です。

ファイナンシャルプランナーを選ぶ際は、経験と実績が豊富で、評判の高い人を選ぶようにしましょう。

人づての紹介やインターネットで情報を収集すれば、ある程度は選択しやすくなるでしょう。

一手間かかりますが、借金返済の成り行きを決める大切なポイントです。

§

「相談料を取られそう」という心配があるなら、無料相談を受け付けているところから始めるといいでしょう。

とりあえず話を聞いてみるだけでも、1歩前進です。

一度連絡を取って、話を聞いてみるだけでも価値はあるでしょう。

自分の限界を感じたなら、素直に専門家を頼るのが賢明です。

借金癖を直す方法(26)
  • 借金返済プランを考えるのが難しいときは、ファイナンシャルプランナーを頼る。
借金癖と借金依存症は、似て非なるもの。

借金癖を直す30の方法
借金癖を直す30の方法

  1. 借金癖は、待ったなしのトラブル。<br>今すぐ具体的な改善に取りかかろう。
    借金癖は、待ったなしのトラブル。
    今すぐ具体的な改善に取りかかろう。
  2. 借金癖の改善は、自覚することから始まる。
    借金癖の改善は、自覚することから始まる。
  3. 借金癖は、一生直らないのか。
    借金癖は、一生直らないのか。
  4. 宣誓書を書こう。<br>借金癖を直す決意が固まる。
    宣誓書を書こう。
    借金癖を直す決意が固まる。
  5. 借金癖の改善は「きっぱり」が重要。
    借金癖の改善は「きっぱり」が重要。
  6. 小さな金額でも、安易にお金を借りない習慣をつける。
    小さな金額でも、安易にお金を借りない習慣をつける。
  7. 借金癖のある人には「お金が足りないなら、借りればいい」という考え方がある。
    借金癖のある人には「お金が足りないなら、借りればいい」という考え方がある。
  8. 自己管理能力が高いから、掃除をするのではない。<br>掃除をするから、自己管理能力が高まる。
    自己管理能力が高いから、掃除をするのではない。
    掃除をするから、自己管理能力が高まる。
  9. 生活費の内訳を考えることが、借金癖の改善につながる。
    生活費の内訳を考えることが、借金癖の改善につながる。
  10. 必要なものなのか欲しいものなのか、考える癖をつけておこう。
    必要なものなのか欲しいものなのか、考える癖をつけておこう。
  11. 分割払いは、金銭感覚を狂わせる原因。
    分割払いは、金銭感覚を狂わせる原因。
  12. お金の管理に自信がないなら、家族に任せるのも1つの方法。
    お金の管理に自信がないなら、家族に任せるのも1つの方法。
  13. 大きな買い物をするときは、身近な人に相談する習慣をつける。
    大きな買い物をするときは、身近な人に相談する習慣をつける。
  14. 付き合いのいい人になるのではない。<br>付き合いの悪い人になるのだ。
    付き合いのいい人になるのではない。
    付き合いの悪い人になるのだ。
  15. 見栄を張っているかぎり、浪費癖も借金癖も直らない。
    見栄を張っているかぎり、浪費癖も借金癖も直らない。
  16. 臨時収入があっても、すぐ財布に入れないこと。
    臨時収入があっても、すぐ財布に入れないこと。
  17. 趣味がギャンブルであるかぎり、借金癖を直すのは困難。
    趣味がギャンブルであるかぎり、借金癖を直すのは困難。
  18. 期待に応えたくても、大金を使ってまで頑張らない。
    期待に応えたくても、大金を使ってまで頑張らない。
  19. お金のかからないプレゼントの習慣を持とう。
    お金のかからないプレゼントの習慣を持とう。
  20. 朝のうちに、昼食・夕食の支度を済ませておく。
    朝のうちに、昼食・夕食の支度を済ませておく。
  21. ストレスも、借金癖の原因になる。
    ストレスも、借金癖の原因になる。
  22. 給料日の後だから、お金を使いすぎてしまう。<br>給料日の前なら、お金を使いすぎない。
    給料日の後だから、お金を使いすぎてしまう。
    給料日の前なら、お金を使いすぎない。
  23. 借金癖のある人は、借金を推奨する言葉を無視していい。
    借金癖のある人は、借金を推奨する言葉を無視していい。
  24. すでに借金があるなら、借金の現状把握が必須。
    すでに借金があるなら、借金の現状把握が必須。
  25. 大きな借金があるなら、きちんと家族に打ち明けておくほうがいい。
    大きな借金があるなら、きちんと家族に打ち明けておくほうがいい。
  26. ファイナンシャルプランナーは、借金返済の心強い味方。
    ファイナンシャルプランナーは、借金返済の心強い味方。
  27. 借金癖と借金依存症は、似て非なるもの。
    借金癖と借金依存症は、似て非なるもの。
  28. 闇金融に手を出したら、終わり。
    闇金融に手を出したら、終わり。
  29. 借金をすべて返済できた直後が危ない。
    借金をすべて返済できた直後が危ない。
  30. 借金癖を直す最後の手段は、債務整理。
    借金癖を直す最後の手段は、債務整理。

同じカテゴリーの作品

4:29

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION