借金癖を直す
30の方法

10
9

必要なものなのか欲しいものなのか、
考える癖をつけておこう。

必要なものなのか欲しいものなのか、考える癖をつけておこう。 | 借金癖を直す30の方法

買い物をするときは、ある癖をつけておきましょう。

それは「必要なものなのか欲しいものなのか考える」という癖です。

買い物には、大きく2種類あります。

「必要なもの」と「欲しいもの」です。

それぞれ意味が似ているため、混在している人もいるかもしれませんが、本質は全く違います。

必要なものは、生活するために欠かせないもののことをいいます。

「それがないと、生活をしていくのが難しい、もしくはできない」というものを指します。

一方、欲しいものは、あくまで個人の欲求を満たすための買い物のことを言います。

「なくても生活できるが、所有欲を満たすために手に入れたい」というものです。

必要なものは限りがありますが、欲しいものは限りがありません。

欲しいものを手に入れようとすると「あれも欲しい、これも欲しい」と購入していると、どんどんお金が消えていきます。

買い物の際、必要なものと欲しいものを区別する癖をつけておきましょう。

たとえば、デパートの売り場で、魅力的な商品を見つけたとします。

そのとき「これは必要なものだろうか、欲しいものだろうか」と自分に問いかけ、冷静に考えるようにします。

「それがないと生活に困るかどうか」という基準で考えると、判別しやすくなります。

生活に必要なら、購入します。

単に欲しいだけなら、いったん購入は控えます。

どうしても欲しい気持ちが収まらないなら、自分にご褒美を与える機会まで、こつこつお金を貯めながら待つようにします。

売り切れる心配もありますが、ほとんどの商品が手に入る時代です。

商品番号を控えておき、売り切れたら、取り寄せてもらえばいいでしょう。

たとえ取り寄せられなくても、インターネット上で探せば、中古やオークションで見つかる可能性が高いはずです。

限定品を除いて、その場で買わなくてもほとんどの商品が手に入ると考えていいでしょう。

無駄な買い物を100パーセント減らせるとは限りませんが、少なくとも無駄な買い物を減らす効果があります。

購入前、必要なものと欲しいもののどちらに該当するか、一度冷静に考える癖をつけるだけです。

この癖があるだけで、無駄な買い物が大幅に減ります。

メモ書きを使う方法もある

頭で考えるのが苦手なら、メモ書きを使うのも方法です。

手帳や買い物リストなどに、次のような注意喚起のメモ書きを書いておきます。

「購入前は、必要なものか欲しいものか、よく考えること!」

買い物で迷ったときは、あらかじめ書いたメモ書きを確認するようにします。

はっと我に返り、冷静になれるでしょう。

頭でぼんやり考えるより、文字で確認することで、より冷静になって考えることができるはずです。

借金癖を直す方法(10)
  • 必要なものなのか、欲しいものなのか、考える癖をつける。
分割払いは、金銭感覚を狂わせる原因。

借金癖を直す30の方法
借金癖を直す30の方法

  1. 借金癖は、待ったなしのトラブル。<br>今すぐ具体的な改善に取りかかろう。
    借金癖は、待ったなしのトラブル。
    今すぐ具体的な改善に取りかかろう。
  2. 借金癖の改善は、自覚することから始まる。
    借金癖の改善は、自覚することから始まる。
  3. 借金癖は、一生直らないのか。
    借金癖は、一生直らないのか。
  4. 宣誓書を書こう。<br>借金癖を直す決意が固まる。
    宣誓書を書こう。
    借金癖を直す決意が固まる。
  5. 借金癖の改善は「きっぱり」が重要。
    借金癖の改善は「きっぱり」が重要。
  6. 小さな金額でも、安易にお金を借りない習慣をつける。
    小さな金額でも、安易にお金を借りない習慣をつける。
  7. 借金癖のある人には「お金が足りないなら、借りればいい」という考え方がある。
    借金癖のある人には「お金が足りないなら、借りればいい」という考え方がある。
  8. 自己管理能力が高いから、掃除をするのではない。<br>掃除をするから、自己管理能力が高まる。
    自己管理能力が高いから、掃除をするのではない。
    掃除をするから、自己管理能力が高まる。
  9. 生活費の内訳を考えることが、借金癖の改善につながる。
    生活費の内訳を考えることが、借金癖の改善につながる。
  10. 必要なものなのか欲しいものなのか、考える癖をつけておこう。
    必要なものなのか欲しいものなのか、考える癖をつけておこう。
  11. 分割払いは、金銭感覚を狂わせる原因。
    分割払いは、金銭感覚を狂わせる原因。
  12. お金の管理に自信がないなら、家族に任せるのも1つの方法。
    お金の管理に自信がないなら、家族に任せるのも1つの方法。
  13. 大きな買い物をするときは、身近な人に相談する習慣をつける。
    大きな買い物をするときは、身近な人に相談する習慣をつける。
  14. 付き合いのいい人になるのではない。<br>付き合いの悪い人になるのだ。
    付き合いのいい人になるのではない。
    付き合いの悪い人になるのだ。
  15. 見栄を張っているかぎり、浪費癖も借金癖も直らない。
    見栄を張っているかぎり、浪費癖も借金癖も直らない。
  16. 臨時収入があっても、すぐ財布に入れないこと。
    臨時収入があっても、すぐ財布に入れないこと。
  17. 趣味がギャンブルであるかぎり、借金癖を直すのは困難。
    趣味がギャンブルであるかぎり、借金癖を直すのは困難。
  18. 期待に応えたくても、大金を使ってまで頑張らない。
    期待に応えたくても、大金を使ってまで頑張らない。
  19. お金のかからないプレゼントの習慣を持とう。
    お金のかからないプレゼントの習慣を持とう。
  20. 朝のうちに、昼食・夕食の支度を済ませておく。
    朝のうちに、昼食・夕食の支度を済ませておく。
  21. ストレスも、借金癖の原因になる。
    ストレスも、借金癖の原因になる。
  22. 給料日の後だから、お金を使いすぎてしまう。<br>給料日の前なら、お金を使いすぎない。
    給料日の後だから、お金を使いすぎてしまう。
    給料日の前なら、お金を使いすぎない。
  23. 借金癖のある人は、借金を推奨する言葉を無視していい。
    借金癖のある人は、借金を推奨する言葉を無視していい。
  24. すでに借金があるなら、借金の現状把握が必須。
    すでに借金があるなら、借金の現状把握が必須。
  25. 大きな借金があるなら、きちんと家族に打ち明けておくほうがいい。
    大きな借金があるなら、きちんと家族に打ち明けておくほうがいい。
  26. ファイナンシャルプランナーは、借金返済の心強い味方。
    ファイナンシャルプランナーは、借金返済の心強い味方。
  27. 借金癖と借金依存症は、似て非なるもの。
    借金癖と借金依存症は、似て非なるもの。
  28. 闇金融に手を出したら、終わり。
    闇金融に手を出したら、終わり。
  29. 借金をすべて返済できた直後が危ない。
    借金をすべて返済できた直後が危ない。
  30. 借金癖を直す最後の手段は、債務整理。
    借金癖を直す最後の手段は、債務整理。

同じカテゴリーの作品

3:42

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION