借金癖を直す
30の方法

27
3

借金癖と借金依存症は、
似て非なるもの。

借金癖と借金依存症は、似て非なるもの。 | 借金癖を直す30の方法

借金癖なのか、借金依存症なのか。

それぞれで対応策は変わります。

どちらも「たびたび借金を行う」という点は共通です。

「お金にだらしない」「金銭感覚がない」「節約意識が乏しい」といった点も似ています。

それぞれ意味が似ているため、混同している人も多いのではないでしょうか。

しかし、借金癖と借金依存症は似て非なるものです。

もちろん共通部分もありますが、基本的に分けて考えるようにしてください。

借金癖と借金依存症は、深刻度も解決策も違います。

それぞれ同じに考えていると、改善がスムーズにいかないどころか、かえって悪化させることもあります。

きちんと区別して、適切な対処に取り組むことが大切です。

借金癖

借金癖は「癖」という名前がついているように、習慣的動作にすぎません。

あくまで体に染みついている偏った動作です。

癖は病気ではないため、本人がやめようと努力すれば、やめることができます。

  • 宣誓書を書く
  • 分割払いをやめる
  • 財布に入れるお金を制限する
  • クレジットカードを持ち歩かない
  • ギャンブル以外の趣味を作る
  • 安易にお金を借りないよう意識をする
  • 必要なものと欲しいものを分けて考える癖をつける
  • ファイナンシャルプランナーに相談する

それぞれをきちんと実行していくことで、借金癖が改善に向かいます。

癖を直すのに時間はかかりますが、心を入れ替えてきちんと努力をすれば、完全に直すことが可能です。

借金依存症

借金依存症とは、借金をしていないと、身体的・精神的な平常を保てなくなる状態のことをいいます。

借金依存症は「精神疾患」です。

精神疾患であるため、専門的な治療が必要になります。

借金依存症を克服したくても、個人の努力では難しい場合があります。

いくら自分で「借金癖を直そう」と努力しても、精神疾患であるため、思うようにいかないことがあります。

対処や方法を誤ると、かえってエスカレートさせてしまう可能性もあります。

日常生活に支障をきたしているにもかかわらず、自分の力だけではどうにもならない状態です。

もし次の12のチェックポイントを通して、借金依存症の可能性を確認してみてください。

簡易的なチェックですが、自分が借金依存症かどうか確かめる目安になるでしょう。

当てはまる項目が多いなら、借金依存症に陥っている可能性があります。

すでに個人では対処が困難の状態ですから、専門機関を頼るようにしましょう。

§

借金癖と借金依存症を分けて考えてください。

借金依存症で専門機関を受診するのは、体裁や世間体を気にして、恥と感じたりするかもしれません。

だからとはいえ、放置は厳禁です。

借金依存症は、借金癖とは比べものにならないくらい深刻であり、緊急です。

借金依存症を放置していると、周りに迷惑をかけたり多重債務に陥ったりします。

お金だけでなく、人生から希望と可能性を奪い、仕事や家族を失うリスクもあります。

最悪の場合、命に関わる可能性もゼロではありません。

借金依存症の心当たりがあれば、今すぐにでも専門の専門機関の受診をおすすめします。

借金癖を直す方法(27)
  • 借金の原因が、借金癖ではなく借金依存症であれば、個人の対処に頼らず、きちんと専門機関を受診する。
闇金融に手を出したら、終わり。

借金癖を直す30の方法
借金癖を直す30の方法

  1. 借金癖は、待ったなしのトラブル。<br>今すぐ具体的な改善に取りかかろう。
    借金癖は、待ったなしのトラブル。
    今すぐ具体的な改善に取りかかろう。
  2. 借金癖の改善は、自覚することから始まる。
    借金癖の改善は、自覚することから始まる。
  3. 借金癖は、一生直らないのか。
    借金癖は、一生直らないのか。
  4. 宣誓書を書こう。<br>借金癖を直す決意が固まる。
    宣誓書を書こう。
    借金癖を直す決意が固まる。
  5. 借金癖の改善は「きっぱり」が重要。
    借金癖の改善は「きっぱり」が重要。
  6. 小さな金額でも、安易にお金を借りない習慣をつける。
    小さな金額でも、安易にお金を借りない習慣をつける。
  7. 借金癖のある人には「お金が足りないなら、借りればいい」という考え方がある。
    借金癖のある人には「お金が足りないなら、借りればいい」という考え方がある。
  8. 自己管理能力が高いから、掃除をするのではない。<br>掃除をするから、自己管理能力が高まる。
    自己管理能力が高いから、掃除をするのではない。
    掃除をするから、自己管理能力が高まる。
  9. 生活費の内訳を考えることが、借金癖の改善につながる。
    生活費の内訳を考えることが、借金癖の改善につながる。
  10. 必要なものなのか欲しいものなのか、考える癖をつけておこう。
    必要なものなのか欲しいものなのか、考える癖をつけておこう。
  11. 分割払いは、金銭感覚を狂わせる原因。
    分割払いは、金銭感覚を狂わせる原因。
  12. お金の管理に自信がないなら、家族に任せるのも1つの方法。
    お金の管理に自信がないなら、家族に任せるのも1つの方法。
  13. 大きな買い物をするときは、身近な人に相談する習慣をつける。
    大きな買い物をするときは、身近な人に相談する習慣をつける。
  14. 付き合いのいい人になるのではない。<br>付き合いの悪い人になるのだ。
    付き合いのいい人になるのではない。
    付き合いの悪い人になるのだ。
  15. 見栄を張っているかぎり、浪費癖も借金癖も直らない。
    見栄を張っているかぎり、浪費癖も借金癖も直らない。
  16. 臨時収入があっても、すぐ財布に入れないこと。
    臨時収入があっても、すぐ財布に入れないこと。
  17. 趣味がギャンブルであるかぎり、借金癖を直すのは困難。
    趣味がギャンブルであるかぎり、借金癖を直すのは困難。
  18. 期待に応えたくても、大金を使ってまで頑張らない。
    期待に応えたくても、大金を使ってまで頑張らない。
  19. お金のかからないプレゼントの習慣を持とう。
    お金のかからないプレゼントの習慣を持とう。
  20. 朝のうちに、昼食・夕食の支度を済ませておく。
    朝のうちに、昼食・夕食の支度を済ませておく。
  21. ストレスも、借金癖の原因になる。
    ストレスも、借金癖の原因になる。
  22. 給料日の後だから、お金を使いすぎてしまう。<br>給料日の前なら、お金を使いすぎない。
    給料日の後だから、お金を使いすぎてしまう。
    給料日の前なら、お金を使いすぎない。
  23. 借金癖のある人は、借金を推奨する言葉を無視していい。
    借金癖のある人は、借金を推奨する言葉を無視していい。
  24. すでに借金があるなら、借金の現状把握が必須。
    すでに借金があるなら、借金の現状把握が必須。
  25. 大きな借金があるなら、きちんと家族に打ち明けておくほうがいい。
    大きな借金があるなら、きちんと家族に打ち明けておくほうがいい。
  26. ファイナンシャルプランナーは、借金返済の心強い味方。
    ファイナンシャルプランナーは、借金返済の心強い味方。
  27. 借金癖と借金依存症は、似て非なるもの。
    借金癖と借金依存症は、似て非なるもの。
  28. 闇金融に手を出したら、終わり。
    闇金融に手を出したら、終わり。
  29. 借金をすべて返済できた直後が危ない。
    借金をすべて返済できた直後が危ない。
  30. 借金癖を直す最後の手段は、債務整理。
    借金癖を直す最後の手段は、債務整理。

同じカテゴリーの作品

6:39

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION