金銭感覚

金運がよくなる
30の方法

62
5

貧乏人は、
浪費が多く、
投資が少ない。
お金持ちは、
投資が多く、
浪費が少ない。

貧乏人は、浪費が多く、投資が少ない。お金持ちは、投資が多く、浪費が少ない。 | 金運がよくなる30の方法

お金の使い方を大きく分ければ、次の3つしかありません。

  • 消費
  • 浪費
  • 投資

まず、一般的に私たちが行うのは「消費」です。

「払ったお金と同じ価値を手に入れる」ということです。

100円を払い、100円のトイレットペーパーを手に入れるというプラス・マイナス・ゼロの状態です。

損もなければ、得もありません。

次に浪費です。

 

「払ったお金より、低い価値を手に入れる行為」です。

 

私たちが最も避けるべき、お金の使い方です。

損をしているお金の使い方です。

 

たとえば、愚痴を言うためだけに友達と頻繁に集まり、食事や飲みにお金を使うことです。

プラスになっているようですが、愚痴を言う時間に成長も向上もありません。

お互いの傷のなめ合いをするためにお金を使っても、何の解決にもなりません。

できるだけ避けるべきお金の使い方です。

こういうお金の使い方をすればするほど、どんどん貧乏になりますし、いつまで経っても貧乏から抜け出せません。

 

さて、続いて「投資」というお金の使い方です。

これは、あなたに一番心がけてほしいお金の使い方です。

投資とは「払ったお金以上の価値を得る行為」ということです。

1,000円で買った本で、知識や知恵を習得して仕事が向上すれば、将来、1,000円以上のお金を手に入れることができます。

1,000円を使って、2,000円や3,000円、あるいはそれ以上の得を得ることが可能です。

小さな損をして、大きな得を取れば、利益はどんどん膨らみます。

あなたに一番心がけてほしいお金の使い方こそ「投資」です。

お金を使うと言っても、使うなら、投資に使いましょう。

投資にお金を使えば、出ていくお金より入ってくるお金のほうが必ず多くなります。

お金持ちになれます。

貧乏人は、消費は人並みですが、投資をせず、浪費に偏った使い方をしています。

 

一方、お金持ちは、消費は人並みですが、浪費をせず、投資に偏った使い方をしています。

むしろたくさん使って循環させます。

お金を使うなら浪費に使うのではなく、投資に使いましょう。

使えば使うほど、お金が増えるのです。

金運がよくなる方法(5)
  • 浪費をやめて、投資をする。
「必要な物」で満足できる人が、お金持ちになれる。

もくじ
金運がよくなる30の方法
貧乏人は、浪費が多く、投資が少ない。お金持ちは、投資が多く、浪費が少ない。 | 金運がよくなる30の方法

  1. お金の流れをよくすれば、金運もよくなる。
    お金の流れをよくすれば、金運もよくなる。
  2. 資本主義社会は、ゼロサムゲーム。
    資本主義社会は、ゼロサムゲーム。
  3. お金が消えることはない。<br>お金が移動するだけなのだ。
    お金が消えることはない。
    お金が移動するだけなのだ。
  4. お金の失敗を反省したとき、損より得が大きくなる。
    お金の失敗を反省したとき、損より得が大きくなる。
  5. 貧乏人は、浪費が多く、投資が少ない。<br>お金持ちは、投資が多く、浪費が少ない。
    貧乏人は、浪費が多く、投資が少ない。
    お金持ちは、投資が多く、浪費が少ない。
  6. 「必要な物」で満足できる人が、お金持ちになれる。
    「必要な物」で満足できる人が、お金持ちになれる。
  7. 現金が回収できるなら、欲しい物を手に入れていい。
    現金が回収できるなら、欲しい物を手に入れていい。
  8. お金の問題とは、心の問題。
    お金の問題とは、心の問題。
  9. お金は感情によって動かされている。
    お金は感情によって動かされている。
  10. 家族関係と金運は、連動する。
    家族関係と金運は、連動する。
  11. プレゼントを無駄遣いだと思う人は、一生お金持ちになれない。
    プレゼントを無駄遣いだと思う人は、一生お金持ちになれない。
  12. 結婚資金を貯めるより、自分磨きのために使う人が、素晴らしい人と結婚できる。
    結婚資金を貯めるより、自分磨きのために使う人が、素晴らしい人と結婚できる。
  13. ギャンブルは、得をしたい金額より、損をしていい金額を決めてから始める。
    ギャンブルは、得をしたい金額より、損をしていい金額を決めてから始める。
  14. 教える側に立ったとき、金運はよくなる。
    教える側に立ったとき、金運はよくなる。
  15. お金に余裕のない人ほど「必ず儲かります」という話に引っかかってしまう。
    お金に余裕のない人ほど「必ず儲かります」という話に引っかかってしまう。
  16. 感謝の言葉は、過去形より現在形で伝えよう。
    感謝の言葉は、過去形より現在形で伝えよう。
  17. 節約は、不要な部分を削ること。<br>必要な部分まで削ると意味がない。
    節約は、不要な部分を削ること。
    必要な部分まで削ると意味がない。
  18. 情報の格差が、お金の格差になる。
    情報の格差が、お金の格差になる。
  19. 高額な買い物に圧倒されても、契約書の確認を忘れないこと。
    高額な買い物に圧倒されても、契約書の確認を忘れないこと。
  20. 嫌いな仕事をすると、金運が下がる。<br>好きな仕事をすると、金運が上がる。
    嫌いな仕事をすると、金運が下がる。
    好きな仕事をすると、金運が上がる。
  21. 「自己投資」と「人間関係」は、お金が増える投資先。
    「自己投資」と「人間関係」は、お金が増える投資先。
  22. 自信のなさを隠すためにお金を使うより、自信をつけるためにお金を使うほうがいい。
    自信のなさを隠すためにお金を使うより、自信をつけるためにお金を使うほうがいい。
  23. 最も利率の高い銀行は、あなたの頭の中である。
    最も利率の高い銀行は、あなたの頭の中である。
  24. 怠け者は、お金持ちになる習慣。
    怠け者は、お金持ちになる習慣。
  25. 親が貧乏なほうが、お金持ちになりやすい。
    親が貧乏なほうが、お金持ちになりやすい。
  26. 「給料が安い」と不満を漏らすなら、仕事の量や質が増えてからにする。
    「給料が安い」と不満を漏らすなら、仕事の量や質が増えてからにする。
  27. 頼れば頼るほど、金運は下がる。
    頼れば頼るほど、金運は下がる。
  28. 話には「意見」と「事実」の2種類がある。
    話には「意見」と「事実」の2種類がある。
  29. 誰が儲かるのか。
    誰が儲かるのか。
  30. お金の量が、心の大きさに変わる。
    お金の量が、心の大きさに変わる。

同じカテゴリーの作品