金銭感覚

貧乏性を治す
30の方法

  • 貧乏性の意味とは何か。
貧乏性を治す30の方法

もくじ
  1. 貧乏性の意味とは何か。

    時に日常では「貧乏性」という言葉を聞くことがあります。
    「私は貧乏性です」
    「貧乏性の人はモテない」

  2. 貧乏性は、自慢になることではない。

    「私は貧乏性です」
    ときどき自慢げに自分が貧乏性であることを語る人がいます。
     

  3. 貧乏性の人は、お金に対して強い執着がある。

    貧乏性を治すには、どうすればいいのでしょうか。
    貧乏性の人は、お金に対して強い執着があります。
    「お金を使うのは悪いこと」

  4. 貧乏性を治す方法は1つしかない。
    「細かいことにけちけちせず、余裕や落ち着きを心がける」

    貧乏性を治す方法を挙げると細かくあります。
    行動習慣を改める。
    考え方や価値観を変える。

  5. 収入が少なければ、貧乏性になるのも仕方ない。

    貧乏性になる最も単純な理由の1つ。
    それは、低収入です。
    収入が少なければ、貧乏性になるのも仕方ないところがあります。

  6. ギャンブルは、かえって貧乏性を悪化させる。

    貧乏性を治すには、収入を増やすことが欠かせません。
    収入が少なければ、貧乏性になるのも仕方ないところがあります。
    そもそも収入が少なければ、贈り物や接待をする余裕もありません。

  7. 貯金は心のお守り。
    心に余裕をもたらしてくれるもの。

    貧乏性を治すなら、貯金が欠かせません。
    少しでも貯金を増やす努力をしましょう。
    収入を増やしつつ、平行して貯金も増やしていくといいでしょう。

  8. 貧乏性と節約家は、似て非なるもの。

    貧乏性と節約家。
    どちらも同じ意味に聞こえます。
    「無駄遣いを避け、大切にお金を扱う」という点では、どちらも同じです。

  9. 貧乏性を治す方法は、節約精神をやめることではない。

    貧乏性を治すには、適度にお金を使う習慣が欠かせません。
    けちけちした生活ばかりでは、心も狭くなるばかり。
    心の器が小さくなり、気持ちにも余裕がなくなり、精神的にすさんできます。

  10. 貧乏性を治そうとして、浪費家になってはいけない。

    貯金ばかり集中するのはよくありません。
    お金は貯まりますが、ストレスもたまります。
    節約は成功するかもしれませんが、人生の楽しみが得にくくなります。

  11. 無料にがつがつしすぎない。

    日常生活では、無料で商品を入手できる場面があります。
    デパートの試食コーナー。
    街角で配られている試供品や無料サンプル。

  12. 小さな損得は「ほぼゼロ」として考えよう。

    貧乏性の人は、小さな損得にこだわります。
     
    たとえば、広告を見比べたとき、遠くのスーパーのほうが1円安い商品が売っていたとしましょう。

  13. 貧乏だから安いものを買うのではない。
    安いものを買うから貧乏になる。

    貧乏性の人が大好きなもの。
    それは、格安商品です。
    貧乏性の人にとって、安さは正義。

  14. 「もったいない」という口癖があると、貧乏性が目立つ。

    貧乏性の人によく聞かれる口癖があります。
    「もったいない」です。
    無駄遣いをしている様子を見つけると「もったいない」という一言で注意します。

  15. 貧乏性の人は、長期的な考え方が抜けている。

    貧乏性を治すなら、長期的な考え方を取り入れましょう。
    貧乏性の人は、お金に対して長期的な考え方が欠落していることが目立ちます。
    すぐ効果が感じられないお金の使い方は、無駄と考えています。

  16. 無駄遣いをしたら、後から意味づけをすればいい。
    教訓・気分転換・ストレス発散。

    日常生活では、無駄遣いをしてしまうことがあります。
    人に騙されて、お金を失ってしまった。
    レストランで、注文をしすぎてしまった。

  17. 貧乏性の人は、生活費に「予備費」が設けられていない。

    生活費の中で見落としがちな科目があります。
    「予備費」です。
    貧乏性の人の場合、生活費の中に予備費が設けられていません。

  18. 貧乏性の人は、貯金の目標金額しかない。
    消費の目標金額も決めておこう。

    あなたは毎月、いくらずつ貯金をしていますか。
    節約精神のある人なら、将来のことを考えて、貯金の目標金額を決めている人も多いのではないでしょうか。
    夢を叶えるにはお金が必要です。

  19. たまには頑張っている自分にご褒美を与えよう。

    たまには頑張っている自分にご褒美を与えましょう。
    貧乏性の人には「自分にご褒美」という習慣が足りません。
    自分にご褒美を与えることすら「もったいない」と思っています。

  20. お金持ちをイメージするだけで、心に余裕が生まれる。

    貧乏性の人は、余裕のあるイメージをしてみましょう。
    ずばり、お金持ちのイメージです。
    くだらないと思うかもしれません。

  21. 大切な人にプレゼントを贈るあなたは、素晴らしい。

    大切な人に贈り物を贈ってみましょう。
    贈り物といえば、取引先や職場の人間関係に贈るものというイメージがあります。
    もちろん仕事関係の贈り物も大切ですが、その限りではありません。

  22. ご祝儀や贈り物でけちると、人付き合いの運が下がる。

    日常生活では、金額設定で迷う場面があります。
     
    たとえば、ご祝儀です。

  23. 貧乏性の人は、おもてなしの精神が欠けている。

    たまにはお世話になっている人に接待してはいかがですか。
    おもてなしです。
    貧乏性の人は、おごりは損になると考え、抵抗感があります。

  24. 見返りを求めた行動をすると、卑屈でけちけちした印象が出てしまう。

    貧乏性の人には、見返りを求めた行動が目立ちます。
    自分が利益を得たいから、相手と接する。
    困っている人がいれば、見返りを求めて助ける。

  25. 1円単位の割り勘は、スマートと言いがたいマナー。

    貧乏性の人にありがちな習慣。
    それは、1円単位の割り勘です。
     

  26. 貧乏性の人は、不要になったものでも、捨てられない。

    貧乏性の人には、ものが捨てられない特徴があります。
    単に捨てられないだけではありません。
    不要になったものでも捨てられないのが特徴です。

  27. 「いつか使うかもしれない」と思うものに限って、いつまでも使わない。

    「いつか使うかもしれない」
    そう思って、物を取っておこうとするのは、貧乏性の人に見られる習慣の1つです。
    小さな損得に執着する気持ちがあると、念のため、物を取っておきたくなります。

  28. チャンスをつかむには、お金が必要。

    貧乏性の人は、チャンスをつかみ損ねる場面が目立ちます。
    チャンスと縁がないのは、お金を出し惜しみしているからです。
    「もったいない」

  29. 貧乏性の人とは距離を置く。
    正しい金銭感覚を身につけた人と接するようにする。

    知り合いに貧乏性の人がいれば、距離を置くほうがいいでしょう。
    貧乏性の人には、お金に執着している、独特の行動パターンがあります。
    「無料にがつがつしている」「小さな金額にうるさい」「正確な割り勘を強要する」などです。

  30. 心が大きいから、寄付をするのではない。
    寄付をするから、心が大きくなる。

    支援したい団体があれば、寄付をしてみませんか。
    寄付とは、人の仕事を助けるために、お金や品物を無償で提供することを言います。
    「自分は貧乏性」

同じカテゴリーの作品