人生の教科書



金銭感覚

貧乏性を治す
30の方法

  • 貧乏性の意味とは何か。
貧乏性を治す30の方法

もくじ

1
★2

貧乏性の意味とは何か。

時に日常では「貧乏性」という言葉を聞くことがあります。 「私は貧乏性です」 「貧乏性の人はモテない」 「あの人はお金持ちなのに貧乏性」 「けちけちしていると貧乏性になる」 「昔から貧乏性で、なかなか治らない」 「貧乏」という言葉がついているので、貧乏人を意味する言葉かと思いますが、そうではありません。 貧乏性という言葉は聞いたことがあっても、きちんと意味を理解していない人も多いのではないでしょうか。 では、あらためて貧乏性の意味を確認しましょう。 貧乏性の意味とは何か。 貧乏性とは、何事にもけちけちしていて、気持ちに余裕のない性質のことをいいます。 つまり「貧乏人のような性質」という意味として「貧乏性」と呼びます。 経済的に余裕がない人には、余裕のない言動が目立つため、貧乏という言葉を引き合いに呼ばれるようになりました。 ここで注意しておきたいのは「貧乏性は、経済的な余裕に関係するとは限らない」という点です。 たしかに貧乏性は、貧しい人に多く見られる特徴ですが、その限りではありません。 貧乏人でも貧乏性でない人もいます。 お金持ちでも貧乏性の人もいます。 貧乏だから貧乏性になるのは仕方ない部分もありますが、経済的な余裕があって貧乏性になるのは損でしょう。 「お金持ちなのにけち」と言われるのは、普通に「貧乏人」と思われるより悪印象です。 貧乏性の人には、お金にけちけちする態度が目立ちます。 節約の一環として、無駄な部分を削るならいいですが、必要なところまで節約するのはよくありません。 貧乏性になると、人付き合いに摩擦を生んで、悪印象につながることがあります。 貧乏性は、治したほうがいい性質です。 ときどき「私は貧乏性です」と自慢げに語る人がいますが、実際は自慢になることではありません。 「私はお金の使い方が下手です」と公言しているようなものだからです。 病気ではありませんが、病気のようなものです。 残念ながら、貧乏性は自慢になることではありません。 浪費家より堅実ではあるものの、貧乏性には貧乏性なりの悪影響やデメリットがあります。 本人の気づかないところで、精神をむしばんで心から余裕を奪います。 貧乏性のままでは、お金持ちでも「けちくさいね」と言われ、人が離れていくでしょう。 結果として、貧乏性は生活に悪影響を与えることがあります。 もし自分に貧乏性の心当たりがあるなら、できるだけ治したほうがいいでしょう。 貧乏性は、努力次第で克服が可能な性質です。 今からでも貧乏性の改善に取り組めば、あなたの印象も改善します。 貧乏性を治せば、貧乏であっても「お金の使い方がスマートだね」と言われるようになるでしょう。 お金の使い方が上手になることで、人付き合いも向上するでしょう。 多くの人からどんどん愛されるようになります。 貧乏性の意味を確認する。

2
★1

貧乏性は、自慢になることではない。

「私は貧乏性です」 ときどき自慢げに自分が貧乏性であることを語る人がいます。 たしかに浪費家に比べれば、はるかに堅実です。 金銭感覚が狂っている人に比べれば、無駄遣いが少なく、お金も貯まりやすいでしょう。 また、貧乏性であることを公言しておけば、余計なところで見栄を張らずに済みます。 自分を貧しく見せておけば、周りからたかられることもありません。 気持ちが吹っ切れて、周りから自分がどう思われようと平気になるでしょう。 貧乏性と公言するメリットも、少なからず存在します。 しかし、実際のところ貧乏性は、自慢になることではありません。 「私はお金の使い方が下手です」と公言しているようなものだからです。 貧乏性とは、何事にもけちけちしていて、気持ちに余裕のない性質のことをいいます。 気持ちに余裕がないと、焦り・いらいら・おどおどといった態度が目立つでしょう。 本人はいいかもしれませんが、周りから見ると、お世辞にも上品とは言えないでしょう。 時に貧乏性は、周りの人をいらいらさせてしまうこともあります。 いつもけちくさくしていると、とげとげしい雰囲気が出るため、周りの人は接しにくくなるでしょう。 貧乏性の人は「消費=損」という考え方があるため、徹底的に消費を嫌います。 無駄遣いを省くならいいですが、必要なところまでお金を使わないのは、誤った節約です。 日常生活では、きちんとお金を使ったほうがいい場面があります。 交際費は、円滑な人間関係に役立ちます。 お世話になっている方々への接待や贈り物は、人付き合いの向上につながるでしょう。 書籍代は、知識と知恵の向上に役立ちます。 必要な書籍代までけちっていると、仕事に支障が出るでしょう。 子供たちにあげるお年玉も、もったいないとはいえ省くわけにはいきません。 子供たちにあげるお年玉は「未来への投資」という考え方もできます。 お金の価値観は人それぞれですが、節約とはいえ、必要なところまで削るのはかえって悪影響です。 したがって、貧乏性は自慢になることにはならないのです。 貧乏性を自慢として使っているなら、改めたほうがいいでしょう。 貧乏性という口癖がある場合も、控えておくのが得策です。 貧乏性であることを自慢しない。

3
★1

貧乏性の人は、お金に対して強い執着がある。

貧乏性を治すには、どうすればいいのでしょうか。 貧乏性の人は、お金に対して強い執着があります。 「お金を使うのは悪いこと」 「余計な出費はしたくない」 「少しでも無駄遣いを減らしたい」 考えているのは、いつもお金のことばかり。 もちろん節約は大事です。 お金を貯めるには、まずお金の無駄遣いを減らして、切り詰めることが欠かせません。 少しでも無駄遣いを減らすことで、お金も貯まりやすくなります。 ギャンブルなどの浪費があるなら、徹底的に排除したほうがいいのも事実です。 浪費をなくし、消費もできるだけ抑えたほうが、生活費もスリムになるでしょう。 しかし、貧乏性の人は、節約を通り越して、極端に出費を制限しているのが特徴です。 1円でも損を嫌って、1円でも得を得ようとします。 「節約家」「節約精神」と言えば、聞こえはいいですが、けちけちするほど切り詰めるのは余裕がありません。 貧乏性の人は「貧乏性」という言葉とは裏腹に、考えていることはお金のことばかりです。 表向きは平静を装っていても、心の中では「お金、お金」と念仏のように唱えています。 けちくさい行動をしていると、余裕のない雰囲気が漂うため、人が離れていきます。 陰では「何だかあの人は感じが悪いよね。接しにくいよね」と言われるでしょう。 人が離れていくと、運にも見放されていきます。 結果として、ますます貧乏になっていくのです。 矛盾しているようですが、貧乏性を治すには、お金のことを忘れたほうがいい場面があります。 お金を追いかけると、お金は怖がって逃げていきます。 貧乏性を治すには、お金の価値観を変える必要があります。 大切な人には、損得を忘れて、贈り物をすると感動してもらえるでしょう。 気持ちのこもった贈り物をすることで、出費はあっても、結果として円滑な人間関係が実現できます。 お世話になっている人には、おもてなしをすると喜ばれるでしょう。 出費はかかりますが、日頃の感謝を込めたおもてなしは、人付き合いを深める大切な機会になるはずです。 時には投資という考え方も大切です。 勉強や習い事など、成長や向上につながるお金の使い方は、人生を豊かにします。 仕事の大事な場面では、チャンスをつかむためにお金を使うことも必要です。 取引先に接待をしたり、有名講師のセミナーに出席したりなど、チャンスをつかむためにお金が必要になることもあります。 こうした取り組みを少しずつ心がけていくことで、貧乏性が治っていきます。 お金を貯めるばかりではいけません。 お金を使うばかりでもいけません。 大切なことは「お金を貯めつつも、適度に使う」ということです。 「お金を使うべき場面」と思ったときは、けちくさい考え方は忘れて潔く出費したほうが、幸運をつかめます。 お金に対する執着を減らし、大切なところには、きちんとお金を使う。

4
★2

貧乏性を治す方法は1つしかない。
「細かいことにけちけちせず、余裕や落ち着きを心がける」

貧乏性を治す方法を挙げると細かくあります。 行動習慣を改める。 考え方や価値観を変える。 正しい金銭感覚を身につける。 これらのポイントをそれぞれ改善していくと、貧乏性を治していけます。 貧乏性を治す方法は数多く存在するため、どこから着手していいか混乱するのではないでしょうか。 もしくは、抽象的なイメージがあって、全体像を把握しにくいかもしれません。 しかし、大きく考えると、貧乏性を治す方法は1つしかありません。 「細かいことにけちけちせず、余裕や落ち着きを心がける」 これだけなのです。 貧乏性の人には、細かいことにお金を出し惜しむ傾向が見られるため、まずけちけちした態度を改めます。 無駄遣いは避けつつも、必要なところにはきちんとお金を出すようにします。 その上で、余裕や落ち着きを心がけると、貧乏性から卒業できます。 貧乏性を治すときの最も基本なポイントですが、最も重要なポイントでもあります。 結局のところ、貧乏性を治す数多くの方法とは、細かいことにけちけちせず、余裕や落ち着きを実現する手段にすぎません。 このポイントさえ意識できていれば、頭の中が整理され、貧乏性を治す方法をシンプルに考えることができるはずです。 今日から細かいことにけちけちするのはやめましょう。 そして、少しでも余裕や落ち着きのある言動を心がけましょう。 これを意識するだけで、貧乏性は今すぐ改善に向かいます。 貧乏性を治すときの最重要ポイントを意識する。

5
★4

収入が少なければ、貧乏性になるのも仕方ない。

貧乏性になる最も単純な理由の1つ。 それは、低収入です。 収入が少なければ、貧乏性になるのも仕方ないところがあります。 もちろん低収入の人は、すべて貧乏性になるとは限りませんが、無視できない現実でしょう。 何をするにも、まずお金です。 遊ぶにせよ、贈り物にせよ、おもてなしにせよ、お金が必要です。 寄付をするにも、チャンスを得るにも、元手となるお金があってこそ実現できます。 微々たる収入なら、生活していくのがやっとなので、必然的にお金にもけちけちしてしまうでしょう。 経済的に余裕のない状況では心に余裕がなくなり、自己肯定感も低下するため、くよくよしやすくなります。 収入が少ない上、貯金もなければ、小さな損得勘定にも過剰に反応してしまいます。 もはや生存するための動物的本能と言ってもいいでしょう。 お金は、心の余裕に影響する特徴があります。 収入が少ないと、心や気持ちの余裕まで失われ、焦ったりいらいらしたりしやすくなります。 収入が多いと、心や気持ちにも余裕が出てきて、落ち着きやすくなったり寛大に振る舞えたりします。 人によっては、収入が増えただけで貧乏性が治るケースもあります。 そのため貧乏性を治すなら、収入を増やすことが欠かせません。 一気に収入を増やすのは難しくても、少しでも増やす努力をしましょう。 「これ以上、収入を増やすのは難しい」と思っても、簡単に諦めず、知恵を振り絞ってみてください。 収入を増やす方法も多種多様ですが、たとえば以下のような方法が代表的です。 (収入を増やす方法1)昇級 最も単純な方法としては、昇級です。 有望な資格を取ったり、仕事の進め方を工夫したりすると、仕事の効率もよくなります。 一心不乱に仕事を頑張って評価されれば、昇進によって昇給が期待できるでしょう。 役職がつけば、残業代は出ませんが、役職手当が付くこともあります。 昇進が実現すれば、収入が増えるだけでなくキャリアアップにもつながるため、取り組む価値はあるでしょう。 (収入を増やす方法2)副業 会社で副業が許されているなら、夜間や週末などの空いた時間を使って、ビジネスを始めるといいでしょう。 もし就業規則で副業が許されていなくても、上司に相談すると、特別許可をもらえる場合があります。 「本業に支障を出さないこと」「競合他社に関わらないこと」などを約束すれば、説得しやすくなります。 仕事に関係する副業なら、収入を増やせるだけでなく、本業に生かせるメリットもあります。 収入口が増えれば、万一のことがあっても無収入だけは防げるので、精神的にも安心できるでしょう。 (収入を増やす方法3)転職 転職も1つの選択肢になるでしょう。 実績と実務経験を十分積んでいれば、転職によって、収入が増える可能性があります。 価値の高い資格を有していれば、ますます有利に働くでしょう。 転職に失敗するリスクはゼロではありませんが、実績と実務経験に自信があるなら、選択肢として検討する価値はあるでしょう。 収入を増やして、経済的な余裕を作る。

6
★1

ギャンブルは、かえって貧乏性を悪化させる。

貧乏性を治すには、収入を増やすことが欠かせません。 収入が少なければ、貧乏性になるのも仕方ないところがあります。 そもそも収入が少なければ、贈り物や接待をする余裕もありません。 お金は、心にも影響する側面があります。 収入の大小に応じて、心や気持ちの余裕も変わってきます。 貧乏性を治すには、少しでも収入を増やすことが必要不可欠です。 自分なりに知恵と努力で収入を増やすのはいいですが、このとき注意したい選択肢があります。 ギャンブルです。 「とにかくお金さえあればすべて解決する」と思い、一獲千金を狙って、ギャンブルに手を出す人がいます。 たしかにギャンブルで大当たりをすれば、短時間で一気に収入が増えます。 楽に短時間でお金を稼ぐなら、これほど安易な方法はありません。 競馬・競輪・競艇・パチンコ・スロット。 宝くじで一等を当てれば、いきなり億万長者になる可能性もゼロではありません。 宝くじの当選金は一時所得ですが、非課税のため税金がかからず、ほとんど自分のお金にできます。 しかし、いくら収入を増やすとはいえ、ギャンブルに手を出すのは不適切です。 ギャンブルは、勝てる確率より負ける確率のほうがはるかに高く設定されています。 勘や努力に応じて勝率を上げられる要素もありますが、実際のところ運の要素が大半です。 つまり、ギャンブルは負けるようにできています。 収入を増やそうとギャンブルに手を出すと、増やすどころか減らす結果に終わるでしょう。 ギャンブルは、貧乏性を悪化させてしまうのです。 収入を増やすなら、まっとうな手段で取り組むようにしてください。 懸命に仕事を頑張って、昇進・昇級をする。 副業をして、収入口を増やす。 年収アップを狙って転職をする。 こうした方法のほうが、確実性・将来性が高く、自分のキャリアアップにもつながります。 収入を上げる可能性を努力に応じて高めることができる手段です。 少なくともギャンブルより堅実です。 貧乏性の人にとって、ギャンブルほど怖いものはありません。 収入を増やしたくても、ギャンブルには手を出さないのが賢明です。 収入を増やしたくても、ギャンブルには手を出さないようにする。

7
★3

貯金は心のお守り。
心に余裕をもたらしてくれるもの。

貧乏性を治すなら、貯金が欠かせません。 少しでも貯金を増やす努力をしましょう。 収入を増やしつつ、平行して貯金も増やしていくといいでしょう。 貯金がゼロの状態では、急な出費が必要になったとき、対処に困惑するでしょう。 急に友達の結婚が決まって、ご祝儀が必要になることがあるでしょう。 ある日けがや病気をして、医療費がかかることもあるでしょう。 突然家具家電が壊れて、修理費用が必要になることもあるでしょう。 ご祝儀にせよ医療費にせよ修理費用にせよ、急な出来事の対応には何かとお金がかかります。 お金は、不便を減らす道具です。 貯金がないと、頭から不安や心配が離れず、落ち着くのが難しくなります。 その日暮らしの生活になってしまい、将来の見通しも立てにくくなります。 いわば、貯金は心のお守りです。 心に余裕をもたらしてくれるもの。 いざとなったとき、お金は強力な助っ人であり、頼りになる存在です。 人とは違い、絶対裏切らない存在でもあります。 貧乏性を治す一環として、少しでも貯金を増やして、余裕を作っておくことが大切です。 貯金があれば、貧乏性が治るとは限りませんが、貧乏性を治すなら貯金は必要です。 「何かあっても大丈夫」と思えるだけでも、不安や心配が和らぎ、安心が得られるでしょう。 落ち着きが得られたり強気になれたりするでしょう。 貯金が増えるにつれて、心の余裕も増えていくので、貧乏性が治る可能性も高くなります。 スムーズに貯金するには、目標額を設定しておくのがコツです。 非現実的な目標額ではなく、少し頑張れば達成できる目標額がいいでしょう。 現実的な目標額を設定しておけば、モチベーションがアップして、お金が貯まりやすくなります。 あなたは今、貯金がいくらありますか。 できるだけ具体的な貯金額を設定して、スムーズにお金を貯めていきましょう。 収入は少なくても、一定の貯金があれば、いざとなっても大丈夫という安心が得られます。 少しでも貯金を増やして、心の余裕を作っておく。

8
★2

貧乏性と節約家は、似て非なるもの。

貧乏性と節約家。 どちらも同じ意味に聞こえます。 「無駄遣いを避け、大切にお金を扱う」という点では、どちらも同じです。 それぞれ意味が似ているため、同じと思っている人も多いのではないでしょうか。 特に意味を区別せず、あやふやにしている人も多いかもしれません。 しかし、貧乏性と節約家は、似て非なるものです。 ニュアンスは似ていますが、厳密な意味は異なります。 同じに考えていると、コミュニケーションの語弊が生まれるため、注意が必要です。 ●貧乏性とは 貧乏性とは、何事にもけちけちしていて、気持ちに余裕のない性質のことをいいます。 貧乏性の特徴として目立つのは「けちけちした印象」です。 節約はするものの、必要なところまで出し惜しみをします。 わずかな損得に過敏に反応します。 少額でもお金に失敗すると、すぐ感情的になり、いらいらしたりくよくよしたりします。 そのためお金は貯まりますが、心に余裕がなかったり、人付き合いに摩擦を生んだりします。 ●節約家とは 節約家とは、節約を生活の信条としている人のことをいいます。 節約家は、貧乏性とは違い、けちけちした印象がありません。 無駄を省いて切り詰めることはあっても、必要なところにはきちんとお金を使います。 時には、自分磨き・人付き合いといった投資的な使い方や、寄付といった慈善的な使い方もできます。 お金の使い方にメリハリがあって、きちんとお金をコントロールできています。 § このように貧乏性と節約家は、似て非なるものです。 一言で言い表すなら「節約家になっても、貧乏性にはなるな」です。 節約家は心がけるべきですが、貧乏性はできるだけ避けておきたい。 あなたに該当するのは、節約家ですか、貧乏性ですか。 節約家なら、そのまま努力を続けましょう。 貧乏性なら、適度にお金を使うことを覚え、広い心を身につけましょう。 貧乏性と節約家を、混同せず、区別する。

9
★1

貧乏性を治す方法は、節約精神をやめることではない。

貧乏性を治すには、適度にお金を使う習慣が欠かせません。 けちけちした生活ばかりでは、心も狭くなるばかり。 心の器が小さくなり、気持ちにも余裕がなくなり、精神的にすさんできます。 使わないお金は、精神安定のお守りにしかなりません。 お金は、人生を便利にするためのツールです。 お金は使ってこそ、その効果・効力を発揮します。 出費を一貫して制限するのではなく、大事なところにはきちんとお金を使っていくことで、貧乏性も治っていきます。 道具にお金を使えば、便利が得られます。 自分磨きにお金を使えば、成長が得られます。 人付き合いにお金を使えば、絆や思い出が得られます。 必要なところにお金を使っていくことで、心も広くなり、精神的な余裕も生まれてくるのです。 しかし、このときよくある誤解があります。 「そうか。貧乏性を治すには節約をやめればいいのか」と思う人がいます。 これは違うのです。 「貧乏性を治す方法」と「節約精神」は分けて考える必要があります。 いくらお金を使うとはいえ、無意味・無価値なお金の使い方は不適切です。 節約をやめれば、無駄な出費が増えます。 不毛なお金の使い方は、無駄遣いにしかなりません。 節約精神を忘れたら、浪費家になるのは時間の問題です。 ゆくゆくは転落人生に発展する可能性もゼロではありません。 貧乏性を治すには、適度にお金を使いますが、節約精神は継続が必要です。 節約精神は、一生役立つ大切な金銭感覚です。 「もったいない」という気持ちは、私たちの節約精神を磨くために必要な美徳です。 貧乏性を治そうと心がけつつも、節約精神は忘れず、ずっと持ち続けていくことが大切です。 貧乏性を治しつつも、引き続き節約精神は心がける。

10
★2

貧乏性を治そうとして、浪費家になってはいけない。

貯金ばかり集中するのはよくありません。 お金は貯まりますが、ストレスもたまります。 節約は成功するかもしれませんが、人生の楽しみが得にくくなります。 貧乏性を治すためには、適度にお金を使っていくことが大切です。 大切なパートナーがいれば、記念日にプレゼントを贈ると喜ばれるでしょう。 時には部下に食事をおごって、良好な人間関係に役立てるのもいいでしょう。 お世話になっている方々がいれば、感謝の気持ちとして、たまには接待をしてみるのもいいでしょう。 趣味や娯楽に使うのもよし。 気分転換やストレス発散に使うのもよし。 お金を貯めるばかりではなく、適度に使うことで、貧乏性を治していけます。 しかし、お金を使うのはいいのですが、使いすぎには注意してください。 「そうか。お金をどんどん使ってしまおう」 お金を使うのはいいですが、油断すると、使いすぎてしまうことが少なくありません。 一度油断すると、節約する緊張感の糸が切れてしまい、歯止めが利かなくなることがあります。 今まで消費活動を抑制していた分、お金を使い始めたとたん、一気に爆発することが少なくありません。 久しぶりにお金を使うので、コントロールを誤って、いつの間にか使いすぎることもあるでしょう。 節約の程度を緩めるつもりが、緩めすぎてしまう。 適度にお金を使うつもりが、過剰になってしまう。 これでは浪費家に向かって一直線です。 お金を使うのはいいですが、湯水のようにお金を使いすぎるのはよくありません。 貧乏性を治そうとして、浪費家になってはいけない。 使いすぎた結果、金銭感覚が壊れてしまうのが一番怖い。 勢い余って浪費家にならないように注意してください。 浪費家になるくらいなら、貧乏性のままでいるほうがまだ堅実です。 貧乏性の人のほうが大事にお金を扱っているため、少なくとも破産することはありません。 貧乏性を治そうとするのはいいですが、あくまで適度の範囲を心がけてください。 「少しお金を使いすぎているかな」と思えば、使いすぎる前に抑制するのが得策です。 お金を使っても、節約精神は引き続き大切にし続けましょう。 貧乏性を治そうとして、浪費家にならないように注意する。

11
★0

無料にがつがつしすぎない。

日常生活では、無料で商品を入手できる場面があります。 デパートの試食コーナー。 街角で配られている試供品や無料サンプル。 カフェに置いてある無料のコーヒーミルク。 広告や販売促進の一環として、無料で提供されているサービスがあります。 こうした場面で貧乏性の人は、がつがつした態度になります。 試食コーナーがあれば、1人でいくつも食べる。 試供品や無料サンプルが配られていたら、一度に何個も受け取る。 カフェに置いてある無料のコーヒーミルクを、こっそり大量にくすねる。 もちろん無料なので経済的なダメージはありません。 「もらえるものならもらっておく」という考え方も一理あります。 また、必要に応じて適量を受け取るくらいならいいでしょう。 食品売り場で気になる食材があるとき、味見として試食コーナーを利用するくらいならいいでしょう。 気になる商品があれば、試供品や無料サンプルなど、1人分をいただくくらいなら許容範囲です。 砂糖やコーヒーミルクなど、味わいの調整に必要な程度なら問題ありません。 しかし、がつがつするのはマナー違反です。 無料とはいえ、その費用は企業側が負担しています。 原価だけでなく、人件費や製造加工費もかかっています。 1人が大量に独占すると、小さな金額とはいえ、企業側の負担を増やすことになります。 1人が多くを独占すると、ほかの人が利用できなくなり、迷惑になります。 なにより上品ではありません。 無料にがつがつするのは、まさしく貧乏性を象徴する姿。 「私はお金に執着心があります」と、恥ずかしげもなく言いふらしているようなものです。 周りからは「卑しい」「みっともない」「みすぼらしい」といった様子に見え、品位の低下につながるでしょう。 「無料でもらえるなら何でも欲しい」という、貧乏性のみすぼらしい考え方が垣間見える瞬間でもあります。 周りの人からは「一緒にいるのが恥ずかしい」と思われ、人が離れていくに違いありません。 無料で入手できるものがあっても、取りすぎるのはよくありません。 心がけたいのは、常識にのっとったマナーです。 必要なときに必要な分だけいただくようにしましょう。 試食するものなら、1口分です。 試供品や無料サンプルなら、1人分。 味を調整するなら、必要最小限です。 「もっと欲しい」という本音があったとしても、常識とマナーを重んじて、我慢するのが適切です。 あらためて考えると、無料商品をたくさん入手したところで、節約効果は微々たる程度のはずです。 小さな損得のために、人としての品位を失ってはいけません。 人から品位を奪ったら、野生の猿と同じです。 無料で入手できるものがあっても、がつがつせず、必要分だけいただくようにしましょう。 無料で入手できるものがあっても、がつがつせず、必要分だけいただくようにする。

12
★0

小さな損得は「ほぼゼロ」として考えよう。

貧乏性の人は、小さな損得にこだわります。 たとえば、広告を見比べたとき、遠くのスーパーのほうが1円安い商品が売っていたとしましょう。 少しでも安いものを入手するために、徒歩・自転車・自動車など、努力と時間をかけて買いに行こうとします。 手間暇をかけた分だけ、ものを安く入手できるでしょう。 「少しでも得をしたい。少しでも損をしたくない」という気持ちがあります。 もちろん努力は立派です。 小さな金額とはいえ、お金はお金です。 1円であっても、節約は節約です。 1円の節約を10回繰り返せば10円になり、100回繰り返せば100円になります。 しかし、そうは言っても、たかだか1円です。 小さな損得のために必死で努力するのは、割に合わないでしょう。 体力と時間をかけている割に、見合った効果が得られていない状態です。 そこで、ある考え方があります。 小さな損得は「ほぼゼロ」として考えてください。 苦労や時間をかけて得した金額が小さい場合は「ほぼゼロ」と考えます。 小さなミスで損をした金額が小さな場合も「ほぼゼロ」と考えます。 厳密にはゼロではありませんが、あえて大まかに考えてみることで、小さなことに動じない心が得られるはずです。 損得の幅が努力の割に小さいなら、無意味・無価値という考え方ができるはずです。 損得の効果が小さなことは、後回しにするか、無視します。 努力や時間をかけるなら、損得の幅が大きいことから着手するのが効率的でしょう。 そうすれば小さな金額に動じなくて済むため、貧乏性の程度も和らぐはずです。 結果として、余裕のある行動ができるようになります。 自分が取り組んでいる節約努力の実態を見直してみてください。 節約できる金額が、労力と時間の割に合っているのか。 遠くのスーパーまで買いに行くことが、本当に得なのか。 1円高い商品を買うことが、本当に損なのか。 小さな金額に振り回されないことです。 あらためて確認すると、小さなことを大げさに考えているのかもしれません。 努力の割に損得の効果が小さいと分かれば、小さなことにけちけちしなくなります。 小さな損得は「ほぼゼロ」として考える。

13
★5

貧乏だから安いものを買うのではない。
安いものを買うから貧乏になる。

貧乏性の人が大好きなもの。 それは、格安商品です。 貧乏性の人にとって、安さは正義。 貧乏性の人は「少しでも安いほうがお得」と考え、少しでも安い商品を求める傾向があります。 とりわけ格安商品になると、目をきらきら輝かせます。 お得感が大きく、節約にもなるので、大きな魅力を感じます。 たしかに安いものなら、出費も小さくて済むでしょう。 買い物に失敗しても、経済的ダメージを小さく抑えることができます。 安いものならお得感もあって、心理的な抵抗も小さいので、購入しやすい。 しかし、ここに落とし穴があります。 少し安い程度の商品ならいいですが、格安商品には注意が必要です。 一般的に安いものほど、品質も低くなる傾向があります。 とりわけ格安商品の場合、品質も保証も最低ラインになるでしょう。 壊れやすくて長持ちせず、買い直さなければいけなくなります。 保証がないものもほとんどです。 節約のために安いものを買っていても、何度も買い直すことになると、浪費につながります。 なにより生活の質も低下します。 安物ばかりで埋め尽くされた生活では、活気に乏しいため、心豊かな充実感が得られにくくなります。 前向きな気持ちを妨げることで、明るい未来を想像しにくい環境になってしまうでしょう。 結果として、貧乏になってしまうのです。 貧乏だから安いものを買うのではありません。 安いものを買うから貧乏になります。 節約のために心がけていることが、結果として貧乏を加速させている現実があるのです。 貧乏性を治したいなら、格安商品に惑わされないことが大切です。 長く使いたいなら、質の高いものを購入しましょう。 質の高いものは、丈夫で長持ちしやすいため、節約になります。 品質の高いものは、機能性やデザイン性に優れているものが多いため、リッチな気分も得られるでしょう。 精神的にも満たされ、心や生活まで豊かな生活を実感できるはずです。 高機能であったり十分な保証があったりなど、多くのメリットを享受できるでしょう。 結果として、生活が実現できるのです。 品質を求めない単純な消耗品なら格安商品も悪くありませんが、長く使いたいものなら高品質が一番です。 高品質のもののほうが、仕事の効率がよくなったり、生活の質が向上したり、精神的な充実感が得られたりします。 安いものには理由があるように、高いものにも理由があります。 価格が高いものは、大きな価値が期待できます。 思いきって高品質のものを買うと、貧乏性から抜け出すきっかけが得られるはずです。 格安商品ばかり追いかけない。 長く使いたいなら、高品質のものを買う。

14
★1

「もったいない」という口癖があると、貧乏性が目立つ。

貧乏性の人によく聞かれる口癖があります。 「もったいない」です。 無駄遣いをしている様子を見つけると「もったいない」という一言で注意します。 「もったいない」という気持ちは大切です。 むしろ素晴らしい一言です。 「もったいない」という言葉は、惜しい気持ちを表した一言です。 無駄を惜しむ気持ちは美徳であり、節約精神の基本でもあります。 ノーベル平和賞を受賞したケニア人女性のワンガリ・マータイさんも「もったいない」という言葉を推奨しています。 もったいない気持ちを大事にすることで、浪費や無駄遣いの注意喚起を促し、お金も貯まりやすくなります。 もちろん必要に応じて「もったいない」と言うのはいいですが、言いすぎには注意してください。 「もったいない」を言いすぎると、貧乏性が目立つからです。 ことあるごとに「もったいない」と言っていると、余裕のない印象が出てしまいます。 ぎりぎりの生活をしている様子が出て、貧乏でなくても、貧乏に見られやすくなります。 また周りに不機嫌な印象を与えてしまうこともあります。 口うるさく「もったいない」と言っていると、いらいらしていなくても、いらいらしているように聞こえます。 「もったいない」という口癖があると、その人の前では無駄が一切許されないため、付き合いにくい雰囲気が出ます。 必要に応じて言う程度ならいいですが、言いすぎには注意したほうがいいでしょう。 節約精神を心がけつつも「もったいない」という口癖に注意する。

15
★3

貧乏性の人は、長期的な考え方が抜けている。

貧乏性を治すなら、長期的な考え方を取り入れましょう。 貧乏性の人は、お金に対して長期的な考え方が欠落していることが目立ちます。 すぐ効果が感じられないお金の使い方は、無駄と考えています。 もちろん完全に無駄なお金の使い方もあります。 ギャンブルでお金をすってしまうと、何も残りません。 衝動買いで不要な買い物をすれば、ごみを増やすだけになるでしょう。 しかし、すぐ効果がない使い方をすべて無駄と決め付けるのは早計です。 ここで必要なのは、長期的な考え方です。 時間軸を広げて考えると、今までとは違った見方や印象が得られるでしょう。 つまり、現在だけでなく、未来を含めて考えるということです。 短期で考えたとき無駄に思えても、長期で考えたとき役立っているなら、無駄とは言えません。 たとえば、贈り物です。 贈り物を贈るだけならお金を失うだけの行為ですが、長期で考えたとき人間関係の向上に役立っているなら、立派な投資です。 おごりについても同じです。 一見すると無駄遣いに思えますが、長期で考えたとき、今後の親交を深めることに役立つなら、有意義な使い方でしょう。 読書についても同じです。 漫画・短編小説・長編小説。 本を読んで視野や世界観を広げることは、今すぐ役立たなくても、余裕や生き方に影響するでしょう。 長期的な考え方を意識して、本当の価値を見極めてください。 長期的な考え方をすると、物事の見方・考え方が変わり、受ける印象も変わります。 今は無駄に思えても、実際は価値があることに気づけば、いらいらすることはありません。 けちけちすると、結局損をすることが分かるため、貧乏性が和らぎます。 長期的な考え方を意識して、本当の価値を見極める。

16
★6

無駄遣いをしたら、後から意味づけをすればいい。
教訓・気分転換・ストレス発散。

日常生活では、無駄遣いをしてしまうことがあります。 人に騙されて、お金を失ってしまった。 レストランで、注文をしすぎてしまった。 本屋で気になる本を見つけて、衝動買いをしてしまった。 ぼんやり買い物をしていると、余計なものまで買ってしまった。 服屋の店員さんにおすすめされて、断り切れなくなり、必要ない服まで買ってしまった。 うっかり無駄遣いをしてしまった経験は、誰にでも一度はあるでしょう。 悪気はなくても、ミスや失敗は誰にでもあります。 後から「買いすぎた」「使いすぎた」と思うと、複雑な気持ちになり、感情のやり場に困ります。 しかし「悔しい」「情けない」「恥ずかしい」とくよくよしていては、ますます気分が落ち込む一方です。 もし無駄遣いをしたら、よい解決法があります。 教訓・気分転換・ストレス発散として、後から意味づけをしましょう。 本来は最初から意味をつけておけばいいですが、後から意味をつけても間に合います。 授業料を支払って、生活上の罠を学べ、教訓が得られました。 お金を使ったおかげで心身の疲れが癒され、ストレスも解消できました。 知恵を身につけ、気力と活力を取り戻せ、また明日から仕事を頑張れそうです。 このように考えると、無駄遣いも無駄ではなくなります。 「貧乏くさいことをしてしまった」と悔やまなくて済み、精神衛生上も平穏になれます。 特に心がけたいのは、しっかり思考に切り替えることです。 「教訓・気分転換・ストレス発散になったかもしれない」という思考の切り替えが中途半端では、くよくよしてしまいます。 「○○かもしれない」ではなく「○○になった」と言い切ること。 一度切り替えたら、完全にそうだと思い込むようにする。 そうすれば、教訓・気分転換・ストレス発散の効果も倍増します。 無駄遣いが、教訓・気分転換・ストレス発散として生かされれば、貧乏性も和らぐでしょう。 無駄遣いをしたら、教訓・気分転換・ストレス発散として、後から意味づけをする。

17
★2

貧乏性の人は、生活費に予備費が設けられていない。

生活費の中で見落としがちな科目があります。 予備費です。 貧乏性の人の場合、生活費の中に予備費が設けられていません。 食費や被服費の予算は設けてあっても、予備費は存在感の薄い科目なので、見落とされる傾向があります。 「予備費は必要ない」「必要になったとき何とかすればいい」と安易に考え、考慮に入れていません。 そもそも予備費という科目すら知らないことも少なくありません。 たしかに予備費は絶対必要なものではありません。 予備費を設けていなくても、そのときの貯金を使ったり変動費を削ったりすれば、事足りることもあります。 「何とかなる」と思えば、たしかにそうかもしれません。 しかし、問題はそこではなく、精神面です。 予備費を設けておかないと、心に余裕がなくなり、貧乏性が加速します。 日常では、予期せぬ出来事が起こることがあります。 たとえば、冠婚葬祭です。 冠婚葬祭では、急な出費が必要になり、金額も大きめです。 急にけがや病気になれば、医療費がかかるでしょう。 けがや病気の程度によっては、医療費が大きくなり、保険ではまかなえきれないこともあります。 こうしたとき、予備費を設けていないと突然の出来事に困惑します。 「お金が足りない!」と焦り、自制心を失いやすくなります。 想定外の急な出費のため、生活費のやりくりが厳しくなり、けちけちしやすいのです。 これでは貧乏性が加速するのも当然です。 こうしたことがないよう、前もって予備費を設けておくのが得策です。 予備費の設置は、貧乏性を治す対策の一環です。 予備費を設けておくと、急な出来事が発生しても、動揺が小さくなります。 「お金の準備はできている」と分かっているだけでも、安心できます。 けちけちすることがなくなり、言葉や態度にゆとりが出てきます。 もちろん予備費は、使わないこともあってもいいのです。 「今月は使う用事がなかった」で済ますことができます。 余ったお金は貯蓄に回せばいいでしょう。 もしくは、余暇や趣味などに使うのもいいでしょう。 予備費を設けておくだけで、貧乏性の程度が改善します。 必要の有無にかかわらず、予備費を設けておくことをおすすめします。 必要の有無にかかわらず、生活費の中に予備費を設けておく。

18
★1

貧乏性の人は、貯金の目標金額しかない。
消費の目標金額も決めておこう。

あなたは毎月、いくらずつ貯金をしていますか。 節約精神のある人なら、将来のことを考えて、貯金の目標金額を決めている人も多いのではないでしょうか。 夢を叶えるにはお金が必要です。 不測の事態が発生したときも、お金が頼りになります。 もちろん貯金の目標金額は素晴らしい習慣です。 貯金の目標金額を設定しておけば、モチベーションが向上して、お金も貯まりやすくなります。 貯蓄を促す工夫の一環として、入ってくる給料から、貯蓄用のお金を天引きしている人も多いでしょう。 しかし、節約ばかり考えていると、お金を使わない方向に意識が向きがちです。 貧乏性の人は、貯金の目標金額しかありません。 貯金の目標金額しかないと、節約・倹約の意識だけが強くなり、お金にけちけちしやすくなります。 そこで貯金の目標金額とは別に、もう1つ設定しておきたい目標金額があります。 消費の目標金額です。 「消費をしなければいけない」という目標の金額です。 目標金額の範囲なら、自由に使ってもよいことにします。 たとえば、消費の目標金額として「毎月3万円」を設定したとします。 できるだけ3万円は消費できるよう、外食・映画・温泉など、自由に楽しむようにします。 うっかり無駄遣いをしてしまっても、消費の目標金額の範囲ならよしとします。 悔しい気持ちは、授業料と考えれば、失敗経験も生かされるでしょう。 消費の目標金額を決めておけば、消費に対する抵抗感や罪悪感が減るため、けちけちした性格に苦しまなくて済みます。 同時にお金を使いたいポジティブな気持ちも湧いてくるでしょう。 消費の目標金額に届きそうになければ「もう少し贅沢ができるね」と自分を許すこともできます。 お金を貯めつつ、消費を楽しむことができるのです。 貯金の目標金額だけでなく、消費の目標金額も決めておく。

19
★2

たまには頑張っている自分にご褒美を与えよう。

たまには頑張っている自分にご褒美を与えましょう。 貧乏性の人には「自分にご褒美」という習慣が足りません。 自分にご褒美を与えることすら「もったいない」と思っています。 「もったいない」という一言は、節約精神を促す美徳ですが、限度には注意です。 たしかに節約は大切ですが、節約ばかりでは心まですさんできます。 心がすさんでくると、心の余裕も失われ、卑屈になってしまうでしょう。 心が消耗の生活ばかりでは、何を生きがいにしていいか分かりません。 けちけちした生活ばかりでは、ストレスも多くなります。 お金は貯まっても、ストレスまでたまってはいけません。 負の感情が積み重なっていけば、いつか発狂してしまうでしょう。 そこでご褒美です。 頑張っている自分をねぎらう意味として、たまには自分にご褒美を与えようではありませんか。 ご褒美と言えば「自分から誰かに与えるもの」と思いがちですが、自分から自分に与えてもおかしくありません。 誰かに与えてもらうのを待つのではなく、自分で自分にご褒美を与えればいい。 日頃から仕事を頑張っているなら、たまには自分を優しくいたわっても、文句を言われることはありません。 頑張っている自分のためにご褒美を与えましょう。 たとえば、外食です。 おしゃれなレストランで大好物を食べれば、リッチな気分を楽しめるでしょう。 気分転換やストレス発散になり、心地よいひとときになるでしょう。 おいしい食事によって身も心もエネルギーが充電されれば、やる気や元気も湧いて、次の目標に向かいやすくなるでしょう。 その場でお金が消費されても、心に豊かさをもたらしてくれるなら、有意義なお金の使い方です。 自分にプレゼントを贈ってみるのもよいアイデアです。 前から欲しかったものはありませんか。 物欲を爆発させるなら、こういうときこそチャンスです。 服・バッグ・アクセサリーなど、欲しかったものを自分にプレゼントすれば「頑張ったかいがあった」と思えるでしょう。 物欲を満たせば「また頑張ろう」という気持ちにもなるはずです。 旅行に行くのもよし。 温泉に行くのもよし。 映画を見に行くのもよし。 節約節制の切り詰めた生活ばかりでは、なかなか貧乏性を直せません。 お金は、貯めてばかりではなく、適度に使うことも大切です。 自分へのご褒美は、気分転換・ストレス発散といった意味だけでなく、仕事を区切る意味もあります。 自分にご褒美を与えて、新たな弾みをつけ、次のステップに向かいましょう。 たまには自分にご褒美を与えてみる。

20
★5

お金持ちをイメージするだけで、心に余裕が生まれる。

貧乏性の人は、余裕のあるイメージをしてみましょう。 ずばり、お金持ちのイメージです。 くだらないと思うかもしれません。 ばかばかしいと思うかもしれません。 もちろんまだお金持ちでなくてもかまいません。 しかし、一度騙されたと思って、本気でイメージしてみてください。 今すぐお金持ちになるのは難しくても、お金持ちをイメージするだけなら簡単にできるはずです。 「そんなことは考えられない」と思うかもしれませんが、頭の体操や発想力のトレーニングのつもりならできるはずです。 お金持ちをイメージすると、心に余裕を生む効果があります。 いったん現実を忘れて、お金持ちになったイメージをしてみましょう。 「偉そうなお金持ち」ではなく「謙虚で優しいお金持ち」をイメージするのがポイントです。 できるだけ生々しく具体的に想像してみるといいでしょう。 では、早速イメージしてみてください。 あなたは今、お金持ちです。 たくさんお金を持っていて、あらゆる不安から解放されています。 食べたいものを食べることができ、欲しいものは何でも手に入れることができます。 旅行も行きたいところに行けます。 多くの人から慕われていて、充実した日々を送っています。 何をするにも自由な生活を送っているイメージをします。 いかがでしょうか。 イメージをしているうちに、だんだん心に余裕が生まれてきて、貧乏性の心も消えていくはずです。 お金持ちをイメージするだけで、心に余裕が生まれます。 だんだん寛大な気持ちになり、自然と人には優しくなれるでしょう。 その気持ちを維持したまま、日常生活を送ってみましょう。 いつもより人に優しく接することができたり、余裕のある行動が取れたりするはずです。 このイメージには、現実に近づける効果もあります。 人生には「イメージしたことは現実化しやすい」という法則があります。 お金持ちのふりをした言動を心がけていると、そういう方向に引き寄せられ、いずれ現実になっていきます。 思考が行動に表れ、行動が現実に影響を及ぼしていくからです。 イメージするだけなので、損をすることはありません。 貧乏性を打ち消したいとき、イメージしてみてください。 お金持ちをイメージして、心に余裕を作る。

21
★5

大切な人にプレゼントを贈るあなたは、素晴らしい。

大切な人に贈り物を贈ってみましょう。 贈り物といえば、取引先や職場の人間関係に贈るものというイメージがあります。 もちろん仕事関係の贈り物も大切ですが、その限りではありません。 仕事関係にとらわれず、大切な人にも贈り物を贈りたい。 あなたにとって大切な人は誰ですか。 親・親友・パートナー。 そのほか、お世話になっている先生もいるでしょう。 貧乏性の人には、贈り物の習慣が足りない傾向があります。 貧乏性の人にとって贈り物は「損をするだけの行為」と思うかもしれません。 たしかに出費も手間暇も必要です。 贈り物を贈っても、自分にメリットがない場合も多くあります。 「贈り物にお金を使っても意味がない。価値が感じられない」と思う人も多いのではないでしょうか。 しかし、贈り物は無駄な行為になりません。 贈り物とは、物を通して気持ちを表すための手段です。 贈り物を贈ることで、気持ちが目に見える形で相手に伝わるので、よりインパクトがあります。 自腹で贈り物をすると、感謝の心が伝わりやすくなり、人付き合いが深まりやすいのです。 大切な人がいるなら、チャンスを見つけて、贈り物を贈ってみましょう。 たとえば、誕生日プレゼントです。 大切な人の誕生日には、自腹でプレゼントを買って贈ってみます。 自腹を切って贈るプレゼントは、愛情表現の1つ。 花束を添えてサプライズで贈ってみると、きっと相手を感動させることができるはずです。 愛する人がいるなら、バレンタインデーやクリスマスに、記念の贈り物を贈ってみるのもいいでしょう。 「いつもありがとう」という一言と一緒にプレゼントを贈ると、ますます愛情が深まって、いい思い出になるはずです。 お世話になっている人がいるなら、季節の変わり目にお中元やお歳暮を贈るのもいいでしょう。 ちょっとしたものであっても、優しい気遣いに相手は喜んでくれるでしょう。 贈り物を贈るきっかけは自由です。 愛情表現として、贈り物を贈るのもよし。 日頃の感謝の気持ちとして、贈り物を贈るのもよし。 以前の恩返しとして、贈り物を贈るのもよし。 大切な贈り物は、けちけちするより奮発したほうが、ますます喜ばれるでしょう。 節約ばかりの生活では、心が広くなりません。 貧乏であっても、貧乏性になってはいけません。 大切な人には、仕事関係・損得勘定を忘れて、贈り物を贈りたい。 純粋な気持ちで贈り物を贈るとき、あなたのサービス精神が養われ、心が広くなります。 大切な人にプレゼントを贈るあなたは、素晴らしいのです。 仕事関係・損得勘定にかかわらず、大切な人には、純粋な気持ちで贈り物を贈る。

22
★1

ご祝儀や贈り物でけちると、人付き合いの運が下がる。

日常生活では、金額設定で迷う場面があります。 たとえば、ご祝儀です。 就職祝い・結婚祝い・出産祝いでは、祝福の気持ちを袋に包んで手渡しますが、金額で迷います。 「少し多めに渡そうかな」と思いつつも「少しでも安く済ませたい」という気持ちもあって、判断に苦しむことがあります。 お歳暮やお中元を選ぶ場面でも、迷うことがあります。 贈り物には、値段は高いけど小さいものもあれば、値段は安いけど大きいものもあり、多種多様です。 相場を基準に考えつつも、今後の人間関係を考えると選び方に悩みやすい場面でしょう。 「お世話になっているからよいものを贈りたい」と思いつつも「安くてもいいかな」という気持ちもあります。 こうしたとき貧乏性の人は、決まって安いほうを選びます。 「節約になるから」「もったいないから」という安易な理由でけちってしまいます。 出費を最小限に抑えようとして、出し惜しみするのです。 しかし往々にして、けちると相手に伝わります。 金額や内容など、程度の低いものを受け取ると、相場を知っている相手に見抜かれます。 けちると、せっかくの贈り物の印象が悪くなります。 「けちられたな」 「金額を削られたな」 「大切に思われていないのかな」 思わぬ悪印象・不本意な誤解を招き、人付き合いの運を下げてしまうのです。 貧乏性を治したければ、高価なほうを選ぶのが得策です。 印象は、わずかな金額の大小で変わります。 「けち」と思われて印象を下げるくらいなら「気前がよい」と思われて印象を上げたほうがベターです。 「奮発してくれたのだな」「すてきなものだな」と喜ばれるに違いありません。 余計な見栄を張る必要はありませんが、普段お世話になっている人なら、感謝の気持ちを少し上乗せしても損はないはずです。 出費は増えたとしても、実際は微々たる程度でしょう。 「投資」と考えれば、後から回収できるはずです。 余分に増えた出費は、人付き合いの運に変わります。 「これからもよろしくお願いします」という気持ちを考えれば、少し高いくらいがちょうどいい。 奮発した印象が相手に伝わると、好印象につながったり人間関係が円滑になったりなど、間接的に効果が得られます。 出費は増えても、長期で考えると、損より得のほうが大きくなります。 ご祝儀や贈り物に迷ったとき、高価なものを選んでおくほうが、後々の人間関係は良好です。 ご祝儀や贈り物に迷ったら、高いほうを選ぶ。

23
★0

貧乏性の人は、おもてなしの精神が欠けている。

たまにはお世話になっている人に接待してはいかがですか。 おもてなしです。 貧乏性の人は、おごりは損になると考え、抵抗感があります。 おもてなしの精神が欠けているなら、あらためて意識しておくといいでしょう。 たしかに余計な出費かもしれません。 飲食にお金を使っても、一時的な満腹感・満足感が得られるだけ。 物や形として残るわけではありません。 もっと安い食事で済ませることもできるでしょう。 わざわざ接待をしなくても、人間関係を続けることは可能でしょう。 「食事代がもったいない」「人におごるなんてもってのほか」と考える人も多いのではないでしょうか。 しかし、その考え方こそ貧乏性です。 節約一辺倒では貧乏性は治りません。 節約精神も大事ですが、節約ばかりでは心が卑屈になります。 「もったいない」「無駄遣いになる」という考えに執着していては、けちけちした性格は治りません。 そこで必要なのが「おもてなしの精神」です。 お世話になっている人をもてなす習慣を取り入れたい。 いつもお世話になっている人がいれば、日頃の感謝を込めて、たまにはおもてなしをしましょう。 たとえば、レストランに招待して、日頃の感謝を込めて食事をおごります。 カジュアルなレストランもいいですが、フォーマル寄りのレストランのほうが、もてなしの場としてふさわしいでしょう。 「ありがとう」と伝えるだけでもいいですが、あらためて場を設けたほうが、より感謝の気持ちも伝わりやすくなります。 雰囲気のよいレストランなら会話も弾みやすく、印象深く心地よい時間を送れるはずです。 レストランが堅苦しいなら、手料理を振る舞うのも悪くありません。 お世話になっている人を自宅に招いて、パーティー形式で手料理を振る舞うと、みんなで賑やかに楽しめるでしょう。 少し食費はかかりますが、人間関係を円滑にする、有意義なお金の使い方です。 何か物が手に入るわけではありませんが、思い出ができたり親交を深められたりします。 おもてなしは頻繁ではなく、ときどきでかまいません。 年に数回程度で十分です。 季節の折や区切りのよいタイミングに招待するといいでしょう。 少なくとも思い出として記憶に残るので、無駄な出費にはなりません。 おもてなしの精神を心がけることで、貧乏性も治っていくのです。 お世話になっている人がいれば、たまにはおもてなしをする。

24
★1

見返りを求めた行動をすると、卑屈でけちけちした印象が出てしまう。

貧乏性の人には、見返りを求めた行動が目立ちます。 自分が利益を得たいから、相手と接する。 困っている人がいれば、見返りを求めて助ける。 自分が優しくされたいから、相手に優しくする。 貧乏性の人は、少しでも得したい気持ちがあるため、見返りを求めた行動が習慣になっていることがあります。 本人に悪気はないのかもしれませんが、人間関係に悪影響をもたらす可能性があるため、注意したい習慣です。 たしかに見返りを求めることが必要な場面もあります。 たとえば、ビジネスです。 商業活動では、ギブ・アンド・テイクによって成り立っています。 見返りを求めてお金を払い、それに応じた商品やサービスを受け取ります。 もちろん賄賂や汚職はいけませんが、ギブ・アンド・テイクは商業活動の基本です。 見返りを求めたやりとりがなくなると、ビジネスも成り立たなくなります。 しかし、ビジネスではよくても、プライベートまで見返りを求めるのはよくありません。 プライベートの人間関係で見返りを求めた行動をすると、卑屈でけちけちした印象が出てしまいます。 見返りを求めた協力は、本当の協力ではありません。 表向きは親切に見えても、実際は腹黒い理由が隠されています。 見返りを求めた優しさは、本当の優しさではありません。 表向きは優しそうに見えても、実際は自分勝手です。 見返りを求めていることが伝わった瞬間、相手は「そういうことだったのですね」とがっかりさせるでしょう。 相手は警戒して、逃げていくに違いありません。 見返りを求めた行動には注意しましょう。 見返りばかりを考えていると、いつかしっぺ返しを食らいます。 大切なのは「純粋な気持ち」です。 自分が利益を得たいから、相手と接するのではありません。 「相手のためになりたい」という純粋な気持ちで接します。 困っている人がいれば、見返りを求めて助けるのではありません。 「相手が心配」という純粋な気持ちで助けます。 自分が優しくされたいから、相手に優しくするのではありません。 「もっと仲良くなりたい」という純粋な気持ちで、優しくします。 見返りを求めた行動をやめると、貧乏性の心も消えて、人間関係が円滑になります。 見返りを求めた行動をやめて、純粋な気持ちで接するようにする。

25
★0

1円単位の割り勘は、スマートと言いがたいマナー。

貧乏性の人にありがちな習慣。 それは、1円単位の割り勘です。 たとえば、みんなで一緒に食べる料理を注文した場合です。 それぞれが自分の分を取り分けて食べる食事は、会計の際に割り勘をすることになるでしょう。 このとき貧乏性の人は、1円単位の割り勘をしようとする傾向があります。 もちろん割り勘をするのはいいのですが「1円単位」は注意が必要です。 たしかに1円単位で割り勘をしたほうが、公平で丁寧な印象は受けます。 正確に割り切れば、お互いの金銭的負担も偏りなく公平です。 お金のトラブルを防げると思われますが、現実は少し違います。 本人に悪気はなくても、1円単位の割り勘は、スマートと言いがたいマナーです。 1円単位まで正確に計算して割り切るのは、心が狭い様子に見えます。 テーブルの上に小銭をじゃらじゃら出す様子は、食後の心地よい余韻を妨げます。 もし小銭が足りなければ、両替が必要です。 仲間内で両替をすると、余計な手間暇がかかって面倒でしょう。 両替のためにいちいち店員を呼ぶと、店側に迷惑をかけてしまいます。 1円単位の割り勘は「けちくさい」「せこせこしている」と思われ、貧乏性の悪い部分が表面化します。 金銭的には公平であっても余計なやりとりが発生するため、スマートではないのです。 したがって貧乏性を治すなら、1円単位の両替は控えるのが正解です。 デートなら男性が全額負担、もしくは多めに負担しておくといいでしょう。 接待なら、招待した側が全額負担するのが一般的です。 仲間同士の食事会で、みんなの立場が同じなら、大まかに割るのがいいでしょう。 細かいことは気にしないほうが、会計が楽になります。 雰囲気が許すなら、おごりも悪くありません。 今回は自分がおごり、次回はおごってもらうなら、おおむね公平になるでしょう。 次に会う約束にもなるので一石二鳥です。 割り勘の正解は状況によって異なりますが、少なくとも1円単位の割り勘は避けておくのが無難です。 1円単位の割り勘をやめる。

26
★2

貧乏性の人は、不要になったものでも、捨てられない。

貧乏性の人には、ものが捨てられない特徴があります。 単に捨てられないだけではありません。 不要になったものでも捨てられないのが特徴です。 たしかに物を大切にする姿勢は大切です。 むしろ心がけるべきです。 お金を出して買ったものなら、最後まで使い切りたい気持ちもあるでしょう。 「もったいない」「まだ使える」という気持ちは、節約家の美徳の1つです。 ぎりぎりまで使い続けるのは、素晴らしい節約精神です。 修理やメンテナンスをすれば、資産価値をある程度まで回復できることもあるでしょう。 人生を共に過ごした時間が長ければ長いほど、愛着が出て、捨てにくくなります。 思い出がたくさん詰まったものなら、古くても壊れていても、大事に持ち続けたいと思うのは当然の人情です。 しかし、もったいないとはいえ、限度があります。 貧乏性の人には、不要になったものでも捨てられない習慣が目立ちます。 ぼろぼろで穴の空いた衣類でも「まだ大丈夫」と、使い続ける。 壊れた家具も「もったいない」と、ずっと保管しておく。 動かなくなった家電でも「思い出が詰まっているから」という理由で捨てないでおく。 こうした状態となると、もったいないとはいえ、限度を超えています。 ものを捨てずに取っておいたところで仕方ありません。 ものを捨てない状況が続くと、部屋が倉庫になります。 使い古した衣類を捨てずに着続けていると、身だしなみがみすぼらしくなるでしょう。 使用頻度が一定回数を超えると、汗や垢が取れにくくなって不衛生です。 壊れた家具を使っていると、けがや事故の原因になります。 壊れた家電を使っていると、出火や感電に発展する可能性もあります。 物を大切にする精神は素晴らしいですが、かたくなに執着していると、行動のフットワークも悪くなります。 物を捨てる習慣を身につけましょう。 不要になったものは、潔く捨てる。 物としての寿命を迎えたら、惜しい気持ちを振り払い、潔く捨てることも大切です。 消耗品であるかぎり、いつか物としての寿命を迎えます。 たとえ思い出が詰まっているものであっても、思いきって捨てたほうがいい場合があります。 「今までありがとう」と感謝すれば、手放しやすくなるでしょう。 一度に捨てるのが心苦しいなら、古い順なら捨てやすいのではないでしょうか。 物を捨てることは、幸運を呼び込む作用があります。 不要なものを捨てると、物理的に空きスペースができて広々とします。 捨てるから、新しいものを受け入れやすくなります。 部屋に余裕ができることで、気持ちにもゆとりができるでしょう。 生活が軽くなった分だけ、心も軽くなります。 持ち物が減れば、掃除の手間も減って快適です。 身も心も軽くなれば、行動力が出てくるようになるでしょう。 新たにやって来る幸運をイメージすれば、執着心から解放され、不要になったものを捨てやすくなるはずです。 不要になったものは、もったいないと思っても、潔く捨てる。

27
★2

「いつか使うかもしれない」と思うものに限って、いつまでも使わない。

「いつか使うかもしれない」 そう思って、物を取っておこうとするのは、貧乏性の人に見られる習慣の1つです。 小さな損得に執着する気持ちがあると、念のため、物を取っておきたくなります。 スーパーのレジ袋、飲み終わったペットボトル、お総菜に付いている調味料。 こうしたものを「いつか使うかもしれない」と思って取っておこうとします。 たしかに保管しておけば、新しく買わなくて済むため、経済的です。 考え方によっては「物を大切に扱う習慣」とも言えるでしょう。 保管しておけば、本当にいつか役立つ日がやって来るかもしれません。 しかし、ここに落とし穴があります。 往々にして「いつか使うかもしれない」と思うものに限って、いつまでも使われません。 使う予定がはっきりしているなら別ですが、はっきりしないものは、ずっと出番がありません。 いつか使うかもしれないものを取っていると、どんどん生活が貧乏くさくなります。 仮に必要な場面ができたとしても、保管していることを忘れているのが定番です。 使う予定がはっきりしないもののために、貴重な部屋のスペースが占有されている状態です。 気づくと、いつか使うかもしれないもので、部屋があふれかえっているのです。 貧乏性を治したいなら「いつか使うかもしれない」という気持ちに注意してください。 「いつか使うかもしれない」と思っても、具体的に予定が決まっていないなら、潔く諦めるのが得策です。 もし必要になれば、そのとき買っても間に合うでしょう。 無理やりレジ袋を使うより、お気に入りの袋を買って使ったほうがおしゃれです。 ペットボトルは、自分が持っておくよりリサイクルに回したほうが、エコにつながります。 調味料も、中途半端なもので代用するより、きちんと本体を購入して使ったほうが安全安心です。 どうしても取っておきたいなら、必要最低限にしておきましょう。 「いつか使うかもしれない」という気持ちは大切ですが、執着しすぎるのも問題なのです。 いつか使うかもしれないものであっても、使う予定がはっきりしないなら、潔く捨ててしまう。

28
★3

チャンスをつかむには、お金が必要。

貧乏性の人は、チャンスをつかみ損ねる場面が目立ちます。 チャンスと縁がないのは、お金を出し惜しみしているからです。 「もったいない」 「お金は出したくない」 「お金のかからない方法で何とかしたい」 お金を大切にする姿勢はいいのですが、出費を渋ってばかりでは、なかなかチャンスがつかめません。 チャンスをつかむためには、お金が必要になる場面があります。 たとえば、仕事上の大型契約です。 何もしないで大型契約が取れるなら、誰も苦労しません。 接待なり贈り物なり、交際費を使いながら取引先との信頼関係を積み重ねていくことで、大型契約を結ぶチャンスが得られます。 仕事に必要な勉強にもお金がかかります。 インターネットを使ったり、図書館で本を借りたりなど、お金をかけないで勉強することもできますが、限界もあります。 仕事に必要な本は、借りるより買ったほうが何かと便利です。 しっかり能力を身につけたいなら、きちんと学校や教室に通ったほうが身につきやすいでしょう。 書籍代や授業料など、能力の向上にお金を使っていくことで、ゆくゆく昇給・昇進のチャンスが得られます。 恋のチャンスをつかむためにも、お金が必要です。 出費を制限していると、恋は進展しません。 費用を安く済ませることは可能ですが、恋の可能性も制限されます。 食事代・洋服代・チケット代・プレゼント代。 好きな人のために投資することで、恋愛成就のチャンスが得られます。 チャンスをつかむためにはお金が必要です。 チャンスには金額があって、目に見えない値札がついています。 具体的な金額は、チャンスの種類によって異なりますが、少なくともお金を出さなければ得られません。 お金を出し惜しみしていると、貴重なチャンスまで失うことになります。 世の中を見てください。 大きなチャンスを得ている人は、必ずそのプロセスの途中でお金を使っているはずです。 お金を使ったから、チャンスをつかむこともできているのです。 お金をかけたところで、結果が出るとは限りませんが、お金をかけなければ、確実に結果は出ません。 普段は節約をしつつも、大事な場面では惜しみなくお金を使うことです。 結果として、人生のチャンスをつかんでいけます。 大切な場面では、チャンスをつかむためにお金を使う。

29
★3

貧乏性の人とは距離を置く。
正しい金銭感覚を身につけた人と接するようにする。

知り合いに貧乏性の人がいれば、距離を置くほうがいいでしょう。 貧乏性の人には、お金に執着している、独特の行動パターンがあります。 「無料にがつがつしている」「小さな金額にうるさい」「正確な割り勘を強要する」などです。 他人の行為行動は、自然と自分にも影響を受けます。 貧乏性をむき出しにしている相手を見ていると、それが普通に感じてきて、自分の感覚までおかしくなります。 貧乏性の振る舞いが当然のように感じてくるから怖い。 いくら自分が貧乏性を治したくても、貧乏性の人と付き合っているかぎり、改善するのは難しいでしょう。 そのため、貧乏性の人とは距離を置き、できるだけ悪影響を遮っておくのが得策です。 もちろん縁を切るわけではなく、あくまで距離を置く程度です。 人間関係は保ちながら、付き合う頻度や深さを調整するだけでかまいません。 一方、正しい金銭感覚を身につけた人と付き合うようにしましょう。 あなたの周りに、正しい金銭感覚を身につけた人はいませんか。 節約を心がけつつも、贈り物・自己投資・気分転換などにお金を使っている人です。 「上手にお金をコントロールできている人」と言い換えてもいいでしょう。 つまり、お金を貯めるばかりではなく、上手に使っている人です。 人と付き合うなら、できるだけ正しい金銭感覚を身につけている人と接するのがいいでしょう。 正しい金銭感覚を身につけている人と付き合うのは、優秀な家庭教師から学んでいるようなものです。 その人の態度や行いを通して、正しい金銭感覚を学べます。 言葉で教わるより、実際の様子を見たほうが、早く確実に学べるでしょう。 時には、あなたに正しいアドバイスをしてくれるはずです。 貧乏性からの卒業を早く促してくれるでしょう。 そして豊かな人生の実現が加速します。 できるだけ好影響を受ける人と付き合ったほうが、自分のためになります。 人付き合いは自由です。 自由だからこそ、きちんと意識してコントロールすることが大切です。 付き合う人の選び方は、人生の選び方と同じくらい重要です。 できるだけ素晴らしい人と付き合ったほうが、あなたのためになります。 貧乏性の人とは距離を置き、正しい金銭感覚を身につけた人と接するようにする。

30
★2

心が大きいから、寄付をするのではない。
寄付をするから、心が大きくなる。

支援したい団体があれば、寄付をしてみませんか。 寄付とは、人の仕事を助けるために、お金や品物を無償で提供することを言います。 「自分は貧乏性」 「自分は心の小さい人間」 「人を思いやる気持ちが足りない」 そう思う人ほど、寄付をする価値があります。 寄付といえば、経済的に余裕のある人が行うものと思われがちです。 たしかにお金がないと、寄付をしたくてもできません。 無償でお金を提供するわけですから、一定の経済力がないと難しい場合もあります。 寄付というくらいですから、まとまった金額でなければいけない印象もあるかもしれません。 しかし、寄付はお金持ちだけがするものと思っているなら誤解です。 支援したい気持ちがあれば、経済事情にかかわらず、誰でも寄付ができます。 もちろん経済的に裕福でなくても、寄付は歓迎されます。 寄付は、大きな金額である必要はなく、小さな金額で十分です。 小さな金額でも、寄付は寄付です。 大切なのは「寄付」という行為そのものです。 寄付は素晴らしい取り組みです。 寄付をする心を大切にすれば、上手に利害損得を忘れることができます。 時には支援したい団体に寄付することで、相手も喜び、自分の心も洗われます。 お金を持っているだけでは、精神安定剤にしかなりませんが、寄付をすれば、世の中に役立てることができます。 間接的ではありますが、寄付を通して社会参加ができ、人類と社会の発展に貢献できます。 寄付は、見返りを求めず、純粋に支援したい気持ちがないとできません。 だからこそ、心に訴えかける力があります。 心が大きいから寄付をするのではありません。 寄付をするから、心が大きくなるのです。 貧乏性の人にとって、寄付は難易度の高い挑戦かもしれませんが、だからこそ価値があります。 純粋に支援したい気持ちを大切にして、寄付をしてみませんか。 無理に寄付をする必要はありませんが、少ない金額で十分です。 貧乏性の気持ちを振り払って、純粋に自分が支援したい団体に寄付をするだけです。 寄付に抵抗があるなら、税制上の優遇が得られる寄付なら取り組みやすいでしょう。 たとえば、ふるさと納税なら、寄付金が住民税・所得税の控除の対象になります。 自分にもメリットがあるので、寄付の第一歩として取り組みやすいはずです。 支援したい団体があれば、純粋な気持ちで寄付をする。

同じカテゴリーの作品