借金癖を直す
30の方法

11
6

分割払いは、
金銭感覚を狂わせる原因。

分割払いは、金銭感覚を狂わせる原因。 | 借金癖を直す30の方法

金銭感覚を狂わせる原因の1つ。

それは「分割払い」です。

借金癖を直すなら、特別な事情がないかぎり、分割払いは禁止にしましょう。

ローンやクレジットカードでは、分割払いが用意されています。

分割払いが便利と感じる人も多いでしょう。

30万円の買い物も、10回払いを選択すれば、月々の返済が3万円程度で済みます。

手数料はかかりますが、毎月の返済が小さくなるので負担が軽くなるように思われます。

「とりあえず毎月の返済が軽くなるほうがいいよね」

軽い気持ちで分割払いを選ぶ人もいるかもしれません。

月々の返済を軽くしたいため、分割払いを選択する人が多いでしょう。

手元にお金がなくても、今すぐ欲しい気持ちが大きいと、分割払いで買おうとする人もいるでしょう。

しかし、分割払いには慎重になってください。

分割払いを選択すると、無料でもらったかのような錯覚を引き起こします。

手元にお金がなくても買い物ができる上、月々の返済も小さい。

その場でお金がなくても、高額の商品を買えてしまいます。

毎月の返済も少額なので、大きな借金を背負っている感覚も希薄になります。

「まだ買える」「まだ大丈夫」と余計な買い物を促してしまう。

複数の買い物で分割払いを選ぶと、それぞれは小さな返済でも、重なると大きくなります。

浪費癖・借金癖の人は、分割払いを始めたことで金銭感覚が狂い始めたケースが少なくありません。

また分割払いは、金利や手数料が上乗せされるため、実際に使った金額より多く支払わなくてはなりません。

月々の返済は小さくても、合計金額で見ると、むしろ割高で購入することになります。

これこそまさに浪費です。

気づけば、毎月多額の返済地獄に陥っている。

分割払いは、浪費癖や借金癖の原因になるのです。

ローンやクレジットカードの支払い方法は「分割払い」ではなく「一括払い」を選択しましょう。

一括では購入できないなら、こつこつ貯金を貯めてから買うようにします。

購入時期が遅くなりますが、購入時期が遅くなっても問題ないはずです。

クレジットカードのリボルビング払いにも注意する

クレジットカードのリボルビング払いにも注意が必要です。

リボルビング払いとは、一定額や一定比率で毎月返済していく方式です。

おしゃれな名前が付いていますが、リボルビング払いも、分割払いの1つです。

§

きちんと浪費癖を直したいなら、分割払いは禁止にしておくのが賢明です。

分割払いは便利なサービスですが、便利であるゆえに、金銭感覚も狂いやすくなります。

分割払いは、事情があるときだけ利用する支払い方法と考えてください。

車や一戸建ての購入など、分割にせざるを得ない場合もありますが、あくまで例外です。

浪費癖や借金癖を直したいなら、一部の例外を除き、一括払いを選ぶほうが安心です。

借金癖を直す方法(11)
  • 分割払いはやめて、一括払いにする。
お金の管理に自信がないなら、家族に任せるのも1つの方法。

借金癖を直す30の方法
借金癖を直す30の方法

  1. 借金癖は、待ったなしのトラブル。<br>今すぐ具体的な改善に取りかかろう。
    借金癖は、待ったなしのトラブル。
    今すぐ具体的な改善に取りかかろう。
  2. 借金癖の改善は、自覚することから始まる。
    借金癖の改善は、自覚することから始まる。
  3. 借金癖は、一生直らないのか。
    借金癖は、一生直らないのか。
  4. 宣誓書を書こう。<br>借金癖を直す決意が固まる。
    宣誓書を書こう。
    借金癖を直す決意が固まる。
  5. 借金癖の改善は「きっぱり」が重要。
    借金癖の改善は「きっぱり」が重要。
  6. 小さな金額でも、安易にお金を借りない習慣をつける。
    小さな金額でも、安易にお金を借りない習慣をつける。
  7. 借金癖のある人には「お金が足りないなら、借りればいい」という考え方がある。
    借金癖のある人には「お金が足りないなら、借りればいい」という考え方がある。
  8. 自己管理能力が高いから、掃除をするのではない。<br>掃除をするから、自己管理能力が高まる。
    自己管理能力が高いから、掃除をするのではない。
    掃除をするから、自己管理能力が高まる。
  9. 生活費の内訳を考えることが、借金癖の改善につながる。
    生活費の内訳を考えることが、借金癖の改善につながる。
  10. 必要なものなのか欲しいものなのか、考える癖をつけておこう。
    必要なものなのか欲しいものなのか、考える癖をつけておこう。
  11. 分割払いは、金銭感覚を狂わせる原因。
    分割払いは、金銭感覚を狂わせる原因。
  12. お金の管理に自信がないなら、家族に任せるのも1つの方法。
    お金の管理に自信がないなら、家族に任せるのも1つの方法。
  13. 大きな買い物をするときは、身近な人に相談する習慣をつける。
    大きな買い物をするときは、身近な人に相談する習慣をつける。
  14. 付き合いのいい人になるのではない。<br>付き合いの悪い人になるのだ。
    付き合いのいい人になるのではない。
    付き合いの悪い人になるのだ。
  15. 見栄を張っているかぎり、浪費癖も借金癖も直らない。
    見栄を張っているかぎり、浪費癖も借金癖も直らない。
  16. 臨時収入があっても、すぐ財布に入れないこと。
    臨時収入があっても、すぐ財布に入れないこと。
  17. 趣味がギャンブルであるかぎり、借金癖を直すのは困難。
    趣味がギャンブルであるかぎり、借金癖を直すのは困難。
  18. 期待に応えたくても、大金を使ってまで頑張らない。
    期待に応えたくても、大金を使ってまで頑張らない。
  19. お金のかからないプレゼントの習慣を持とう。
    お金のかからないプレゼントの習慣を持とう。
  20. 朝のうちに、昼食・夕食の支度を済ませておく。
    朝のうちに、昼食・夕食の支度を済ませておく。
  21. ストレスも、借金癖の原因になる。
    ストレスも、借金癖の原因になる。
  22. 給料日の後だから、お金を使いすぎてしまう。<br>給料日の前なら、お金を使いすぎない。
    給料日の後だから、お金を使いすぎてしまう。
    給料日の前なら、お金を使いすぎない。
  23. 借金癖のある人は、借金を推奨する言葉を無視していい。
    借金癖のある人は、借金を推奨する言葉を無視していい。
  24. すでに借金があるなら、借金の現状把握が必須。
    すでに借金があるなら、借金の現状把握が必須。
  25. 大きな借金があるなら、きちんと家族に打ち明けておくほうがいい。
    大きな借金があるなら、きちんと家族に打ち明けておくほうがいい。
  26. ファイナンシャルプランナーは、借金返済の心強い味方。
    ファイナンシャルプランナーは、借金返済の心強い味方。
  27. 借金癖と借金依存症は、似て非なるもの。
    借金癖と借金依存症は、似て非なるもの。
  28. 闇金融に手を出したら、終わり。
    闇金融に手を出したら、終わり。
  29. 借金をすべて返済できた直後が危ない。
    借金をすべて返済できた直後が危ない。
  30. 借金癖を直す最後の手段は、債務整理。
    借金癖を直す最後の手段は、債務整理。

同じカテゴリーの作品

4:07

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION