金銭感覚

借金癖を直す
30の方法

読んだ お気に入り3
16

臨時収入があっても、
すぐ財布に入れないこと。

臨時収入があっても、すぐ財布に入れないこと。 | 借金癖を直す30の方法

ときどき臨時収入を得ることがあります。

親からのお小遣い。

親戚からのお年玉。

会社の臨時ボーナス。

宝くじに当たり、当選金を得ることもあるでしょう。

思いがけず入ってきた収入があると、気持ちが舞い上がって嬉しくなります。

定期的な収入とは違い、臨時収入は、予期していなかった分だけ喜びも特別大きく感じます。

たとえ臨時収入の額が小さくても、特別感があって興奮するでしょう。

目がきらきらして、気分が高揚して、鼻息も荒くなるはずです。

このときが大切です。

臨時収入があっても、すぐ財布に入れないことです。

「せっかく臨時収入があったのだからすぐ使いたい」と思うかもしれませんが、その気持ちがよくありません。

臨時収入を得た直後は、気持ちが高揚しているため、余計な買い物をしやすくなります。

財布に入れていると、つい使ってしまいます。

衝動買いをしたり、気前よく人におごったり、軽い気持ちで商品を買ったりするでしょう。

せっかく臨時収入があっても、水のような使い方ではもったいない。

「おかしいな。いつの間にお金がなくなったのだろう?」

調子に乗ってお金を使いすぎたことに後悔するのです。

こうしたトラブルを防ぐため、臨時収入があったとき、心がけたいことがあります。

臨時収入は、すぐ財布に入れるのではなく、いったん手元から離しましょう。

できるだけ取り出しにくいところに一時保管するのが賢明です。

 

たとえば、銀行口座です。

銀行口座に入れておけば、ATMや窓口に行かないかぎり、現金を手にすることはできません。

普通口座でもいいですが、貯蓄用口座に入れておくほうが安心です。

会社からの臨時ボーナスが普通口座に振り込まれたなら、貯蓄用口座に移動させておくといいでしょう。

 

自宅の金庫に入れておくのも良い方法です。

金庫に入れておけば、鍵がかかっているので、取り出すのに一手間かかります。

金庫に入れておけば、セキュリティーもしっかりしているので安心です。

§

大切なことは「自分の手元からお金を離しておくこと」です。

自分の手元からお金を離しておけば、すぐお金を使う心配がなくなります。

もちろん口座から引き出したり金庫から取り出したりすれば使えますが、一手間かかるだけでも使いすぎを抑止できます。

お金を使わないわけではありません。

お金を使うタイミングを少し遅らせるだけのこと。

興奮が収まるまでは、ぐっとこらえることです。

冷静な状態になることで、お金の使いすぎを防止できるのです。

臨時収入があっても、興奮が収まるまでは、手元から離しておくことをおすすめします。

まとめ

借金癖を直す方法 その16
  • 臨時収入があったときは、すぐ財布に入れず、いったん手元から離しておく。
趣味がギャンブルであるかぎり、借金癖を直すのは困難。

もくじ
借金癖を直す30の方法
臨時収入があっても、すぐ財布に入れないこと。 | 借金癖を直す30の方法

  1. 借金癖は、待ったなしのトラブル。
    今すぐ具体的な改善に取りかかろう。
  2. 借金癖の改善は、自覚することから始まる。
  3. 借金癖は、一生直らないのか。
  4. 宣誓書を書こう。
    借金癖を直す決意が固まる。
  5. 借金癖の改善は「きっぱり」が重要。
  6. 小さな金額でも、安易にお金を借りない習慣をつける。
  7. 借金癖のある人には「お金が足りないなら、借りればいい」という考え方がある。
  8. 自己管理能力が高いから、掃除をするのではない。
    掃除をするから、自己管理能力が高まる。
  9. 生活費の内訳を考えることが、借金癖の改善につながる。
  10. 必要なものなのか欲しいものなのか、考える癖をつけておこう。
  11. 分割払いは、金銭感覚を狂わせる原因。
  12. お金の管理に自信がないなら、家族に任せるのも1つの方法。
  13. 大きな買い物をするときは、身近な人に相談する習慣をつける。
  14. 付き合いのいい人になるのではない。
    付き合いの悪い人になるのだ。
  15. 見栄を張っているかぎり、浪費癖も借金癖も直らない。
  16. 臨時収入があっても、すぐ財布に入れないこと。
  17. 趣味がギャンブルであるかぎり、借金癖を直すのは困難。
  18. 期待に応えたくても、大金を使ってまで頑張らない。
  19. お金のかからないプレゼントの習慣を持とう。
  20. 朝のうちに、昼食・夕食の支度を済ませておく。
  21. ストレスも、借金癖の原因になる。
  22. 給料日の後だから、お金を使いすぎてしまう。
    給料日の前なら、お金を使いすぎない。
  23. 借金癖のある人は、借金を推奨する言葉を無視していい。
  24. すでに借金があるなら、借金の現状把握が必須。
  25. 大きな借金があるなら、きちんと家族に打ち明けておくほうがいい。
  26. ファイナンシャルプランナーは、借金返済の心強い味方。
  27. 借金癖と借金依存症は、似て非なるもの。
  28. 闇金融に手を出したら、終わり。
  29. 借金をすべて返済できた直後が危ない。
  30. 借金癖を直す最後の手段は、債務整理。

同じカテゴリーの作品