金銭感覚

借金癖を直す
30の方法

読んだ お気に入り1
12

お金の管理に自信がないなら、
家族に任せるのも1つの方法。

お金の管理に自信がないなら、家族に任せるのも1つの方法。 | 借金癖を直す30の方法

「借金癖がある」

「お金の管理に自信がない」

「お金を持っていると使いすぎてしまう」

お金を持っていると、うっかり使いすぎてしまうこともあるでしょう。

金銭感覚がないと、気づかないうちに使ってしまうこともあるかもしれません。

お金は、稼ぐのに時間がかかっても、使うのはあっという間です。

まとまったお金ですら、使い方を油断すると、一瞬でなくなってしまいます。

いったんお金を使ってからでは、取り返すのが難しい。

もし借金癖に悩んでいるなら、人にお金の管理を任せるのも1つの方法です。

もちろん人にお金の管理を任せるとはいえ、誰でもいいわけではありません。

お金の管理は大変デリケートです。

任せる相手を間違えると、かえってトラブルが大きくなる可能性もゼロではありません。

そのため、お金の管理を任せるなら、十分信頼できる人でなければいけないため、家族の範囲にしておくのがいいでしょう。

 

たとえば、親です。

言い出しにくい話ではありますが、真剣に借金癖を直したい旨を話せば、親も快く引き受けてくれるでしょう。

愛情にあふれた親なら、わが子の自立に協力してくれるはずです。

 

既婚者なら、パートナーにお金の管理を任せるのも1つの方法です。

カードや通帳を渡して、お金の管理をお願いします。

パートナーにとって自分にも関係する問題ですから、事情を話せば引き受けてくれるでしょう。

お小遣い方式で毎月一定額をもらうようにすれば、お金の使いすぎを防止できます。

 

兄弟姉妹がいるなら、頼ってみるのもいいでしょう。

正直に自分の借金癖を告白して、お金の管理をお願いしてみます。

嫌な顔をされるかもしれませんが、借金癖をこじらせて、取り返しのつかないトラブルに発展するよりは健全です。

 

もちろん恥をさらすことになるため、抵抗感があって、お願いしにくいでしょう。

人にお金の管理をお願いしにくいなら、借金癖を「人生に関わる問題」と置き換えて考えてみてください。

借金が増え続ければ、ゆくゆく家族全体に及びます。

相手に迷惑をかけるかもしれませんが、自分で管理するより、信頼できる家族に任せたほうが賢明と言えることもあります。

借金の被害を最小に抑えたいなら、家族を頼るのが得策です。

たとえ恥をかいたとしても、これ以上借金を増やしたくないなら、恥を承知でお願いするといいでしょう。

まとめ

借金癖を直す方法 その12
  • 自分でお金の管理ができないなら、恥を忍んで、家族に任せてみる。
大きな買い物をするときは、身近な人に相談する習慣をつける。

もくじ
借金癖を直す30の方法
お金の管理に自信がないなら、家族に任せるのも1つの方法。 | 借金癖を直す30の方法

  1. 借金癖は、待ったなしのトラブル。
    今すぐ具体的な改善に取りかかろう。
  2. 借金癖の改善は、自覚することから始まる。
  3. 借金癖は、一生直らないのか。
  4. 宣誓書を書こう。
    借金癖を直す決意が固まる。
  5. 借金癖の改善は「きっぱり」が重要。
  6. 小さな金額でも、安易にお金を借りない習慣をつける。
  7. 借金癖のある人には「お金が足りないなら、借りればいい」という考え方がある。
  8. 自己管理能力が高いから、掃除をするのではない。
    掃除をするから、自己管理能力が高まる。
  9. 生活費の内訳を考えることが、借金癖の改善につながる。
  10. 必要なものなのか欲しいものなのか、考える癖をつけておこう。
  11. 分割払いは、金銭感覚を狂わせる原因。
  12. お金の管理に自信がないなら、家族に任せるのも1つの方法。
  13. 大きな買い物をするときは、身近な人に相談する習慣をつける。
  14. 付き合いのいい人になるのではない。
    付き合いの悪い人になるのだ。
  15. 見栄を張っているかぎり、浪費癖も借金癖も直らない。
  16. 臨時収入があっても、すぐ財布に入れないこと。
  17. 趣味がギャンブルであるかぎり、借金癖を直すのは困難。
  18. 期待に応えたくても、大金を使ってまで頑張らない。
  19. お金のかからないプレゼントの習慣を持とう。
  20. 朝のうちに、昼食・夕食の支度を済ませておく。
  21. ストレスも、借金癖の原因になる。
  22. 給料日の後だから、お金を使いすぎてしまう。
    給料日の前なら、お金を使いすぎない。
  23. 借金癖のある人は、借金を推奨する言葉を無視していい。
  24. すでに借金があるなら、借金の現状把握が必須。
  25. 大きな借金があるなら、きちんと家族に打ち明けておくほうがいい。
  26. ファイナンシャルプランナーは、借金返済の心強い味方。
  27. 借金癖と借金依存症は、似て非なるもの。
  28. 闇金融に手を出したら、終わり。
  29. 借金をすべて返済できた直後が危ない。
  30. 借金癖を直す最後の手段は、債務整理。

同じカテゴリーの作品