金銭感覚

お金持ちになる
30の習慣

読んだ お気に入り45
11

楽観的な性格は、
お金にも愛される。

楽観的な性格は、お金にも愛される。 | お金持ちになる30の習慣

私は基本的に明るいほうです。

これは父と母からの影響を大きく受けているからです。

私の父も母も楽観主義で、明るい性格の持ち主です。

何事もよいほうへ考え、世の中を肯定的にとらえています。

そんな父と母には共通した口癖があります。

「まあ、大丈夫だろう」

「何とかなるだろう」

「そのときは、そのとき」

こうした口癖を幼いころから、耳にタコができるほど聞かされてきたため、私にも伝染してしまっただけです。

楽観的性格は、お金を稼いだり節約したりする際にもよい方向へ傾くことが多いようです。

父が店員さんとの値段の交渉に入ったときに痛感します。

父は、口がうまくて明るい性格なので、値引きをしてもらえることが多くあります。

にやにやしながら「もう少し安くなりませんかね」といいます。

また母は明るい性格から人付き合いがうまく、ほかの人から助けてもらったり、もらいものをしたりすることもしばしばです。

世の中の流れに反しては、自分が苦労するだけです。

できるだけ全体を肯定的に明るく考えていくほうが、物事もうまく進んでいくのです。

徹底的な楽観主義を貫いてしまいましょう。

まとめ

お金持ちになる習慣 その11
  • 楽観主義になる。
健康であるということは「時間」と「お金」を節約しているということ。

もくじ
お金持ちになる30の習慣
楽観的な性格は、お金にも愛される。 | お金持ちになる30の習慣

  1. お金も性の勉強も、全然足りない。
  2. お金持ちには、お金に関する「習慣」がある。
  3. 徹底的な節約は、お金持ちになる基本。
  4. お金持ちになれても、家庭崩壊では意味がない。
  5. お金の節約はしても、人間関係まで節約をしてはいけない。
  6. 見るだけ・聞くだけなら、無料。
  7. 買い物は、できるだけ現金で買うほうがいい。
  8. チャンスはお金をかけないと、生かしきれない。
  9. お金の自慢は、身を滅ぼす習慣。
  10. 状況に応じて、共働きをする。
  11. 楽観的な性格は、お金にも愛される。
  12. 健康であるということは「時間」と「お金」を節約しているということ。
  13. 夫婦仲の良さは、お金を稼ぐための土台になる。
  14. 節約は「一時的」ではなく「習慣」にしておかないと意味がない。
  15. 親の勤勉さは、子に移る。
  16. お金を使った分だけ自分に返ってくる。
    よい影響も、悪い影響も。
  17. 一流に触れるほど「文化度」が高まっていく。
  18. お金と親友。
    どちらが貴い存在なのか。
  19. お金持ちは、楽をして稼ごうとしない。
  20. 成功している人は、好きなことを仕事にしている。
  21. お金の管理は、2人でするより、1人が代表して行うほうがいい。
  22. 自給自足で、健康と節約が手に入る。
  23. お金は、使えば使うほど増える。
  24. 家族旅行でけちってはいけない。
  25. 「長期的な視野」と「短期的な視野」を持って、お金と接すること。
  26. お金が目的になってはいけない。
    お金は単なる手段。
  27. ウインドーショッピングだけなら、お金は必要ない。
  28. お金のかからない習慣を持とう。
  29. 自分から、先に与えること。
    人に与えることで豊かになる。
  30. けちっていいものと、いけないものがある。

同じカテゴリーの作品