金銭感覚

借金癖を直す
30の方法

2
4

宣誓書を書こう。
借金癖を直す決意が固まる。

宣誓書を書こう。借金癖を直す決意が固まる。 | 借金癖を直す30の方法

本気で借金癖を直すなら、あるものを書いておきましょう。

それは、宣誓書です。

宣誓書とは、誓いや決断の言葉を表した文書です。

もちろん宣誓書は、絶対必要なものではありません。

借金癖を直せるかどうかは、あくまで本人の努力次第。

宣誓書がなくても、借金癖を直すことも可能です。

本人がしっかり意識して、自分を律することができれば、宣誓書がなくても借金癖は直せます。

 

では、なぜ宣誓書が大切なのか。

それは、決意を固める効果があるからです。

宣誓書を書くことは、明確な意思表示をすることになります。

宣誓書を書くと、誓いの言葉が書面に残ります。

頭の中で考えていることが明文化され、はっきり見える形になります。

「思っているだけの状態」と「書面に残した状態」とでは、意味合いが違います。

思っているだけでは、何も証拠が残らず、曖昧な状態になりますが、書面に残すと、きちんと形として残ります。

宣誓書を書くことで「重大なことを決めた」という気持ちが芽生えます。

「もう逃げられない」「前を向いて頑張るしかない」「必ず借金癖を直す!」という気持ちになる。

「堅苦しい」と思うかもしれませんが、だからこそいいのです。

フォーマルな印象が出て、気持ちがきりりと引き締まります。

その結果、適度な緊張感が生まれ、決意が固まるのです。

借金をしたい衝動に駆られても、宣誓書の存在を思い出すと、ぐっと我慢できるようになります。

宣誓書が、借金癖の抑止力として働くのです。

「そこまでする必要はない」と思うかもしれませんが、その油断が後悔を生むかもしれません。

宣誓書を書いたからといって、100パーセント借金癖が直るとは限りませんが、少なくとも無駄にはなりません。

書かないより書いたほうが、決意が固まるのは確実です。

宣誓書の文言に決まりはありませんが、次のような言葉がふさわしいでしょう。

 

 

短い一言であっても立派な宣誓書です。

宣誓文は、プリンター印刷ではなく、直筆が必須です。

書くときは、鉛筆より、筆や万年筆などで書くほうがいいでしょう。

消しゴムで消せない文字のほうが、文字の品格が高まって、より心が引き締まります。

宣誓文ができれば、押印やサインがあれば、完璧です。

 

宣誓書は、見える場所に貼っておく

 

宣誓書を書いたら、その後が大切です。

引き出しや押し入れの奥にしまうのではなく、よく見えるところに貼っておくといいでしょう。

 

たとえば、部屋の壁に貼っておけば、よく目立つため、毎日決意の再認識を行えます。

宣誓書を額縁に入れて飾っておけば、フォーマルな印象が増して、ますます心が引き締まるでしょう。

 

 

宣誓書を家族と共有すると、さらに効果的

 

さらに宣誓書の効果を高めたいなら、家族と共有しておくといいでしょう。

「家族の前で誓ったからには必ず達成する」と、気持ちを引き締めることができます。

「家族をがっかりさせたくない」と思えば、借金癖の抑止力としての効果がいっそう高まります。

家族の前で宣誓書を書けば、応援を得られやすくなるでしょう。

借金癖を直す方法(4)
  • 借金癖を直すための宣誓書を書く。
借金癖の改善は「きっぱり」が重要。

もくじ
借金癖を直す30の方法
宣誓書を書こう。借金癖を直す決意が固まる。 | 借金癖を直す30の方法

  1. 借金癖は、待ったなしのトラブル。<br>今すぐ具体的な改善に取りかかろう。
    借金癖は、待ったなしのトラブル。
    今すぐ具体的な改善に取りかかろう。
  2. 借金癖の改善は、自覚することから始まる。
    借金癖の改善は、自覚することから始まる。
  3. 借金癖は、一生直らないのか。
    借金癖は、一生直らないのか。
  4. 宣誓書を書こう。<br>借金癖を直す決意が固まる。
    宣誓書を書こう。
    借金癖を直す決意が固まる。
  5. 借金癖の改善は「きっぱり」が重要。
    借金癖の改善は「きっぱり」が重要。
  6. 小さな金額でも、安易にお金を借りない習慣をつける。
    小さな金額でも、安易にお金を借りない習慣をつける。
  7. 借金癖のある人には「お金が足りないなら、借りればいい」という考え方がある。
    借金癖のある人には「お金が足りないなら、借りればいい」という考え方がある。
  8. 自己管理能力が高いから、掃除をするのではない。<br>掃除をするから、自己管理能力が高まる。
    自己管理能力が高いから、掃除をするのではない。
    掃除をするから、自己管理能力が高まる。
  9. 生活費の内訳を考えることが、借金癖の改善につながる。
    生活費の内訳を考えることが、借金癖の改善につながる。
  10. 必要なものなのか欲しいものなのか、考える癖をつけておこう。
    必要なものなのか欲しいものなのか、考える癖をつけておこう。
  11. 分割払いは、金銭感覚を狂わせる原因。
    分割払いは、金銭感覚を狂わせる原因。
  12. お金の管理に自信がないなら、家族に任せるのも1つの方法。
    お金の管理に自信がないなら、家族に任せるのも1つの方法。
  13. 大きな買い物をするときは、身近な人に相談する習慣をつける。
    大きな買い物をするときは、身近な人に相談する習慣をつける。
  14. 付き合いのいい人になるのではない。<br>付き合いの悪い人になるのだ。
    付き合いのいい人になるのではない。
    付き合いの悪い人になるのだ。
  15. 見栄を張っているかぎり、浪費癖も借金癖も直らない。
    見栄を張っているかぎり、浪費癖も借金癖も直らない。
  16. 臨時収入があっても、すぐ財布に入れないこと。
    臨時収入があっても、すぐ財布に入れないこと。
  17. 趣味がギャンブルであるかぎり、借金癖を直すのは困難。
    趣味がギャンブルであるかぎり、借金癖を直すのは困難。
  18. 期待に応えたくても、大金を使ってまで頑張らない。
    期待に応えたくても、大金を使ってまで頑張らない。
  19. お金のかからないプレゼントの習慣を持とう。
    お金のかからないプレゼントの習慣を持とう。
  20. 朝のうちに、昼食・夕食の支度を済ませておく。
    朝のうちに、昼食・夕食の支度を済ませておく。
  21. ストレスも、借金癖の原因になる。
    ストレスも、借金癖の原因になる。
  22. 給料日の後だから、お金を使いすぎてしまう。<br>給料日の前なら、お金を使いすぎない。
    給料日の後だから、お金を使いすぎてしまう。
    給料日の前なら、お金を使いすぎない。
  23. 借金癖のある人は、借金を推奨する言葉を無視していい。
    借金癖のある人は、借金を推奨する言葉を無視していい。
  24. すでに借金があるなら、借金の現状把握が必須。
    すでに借金があるなら、借金の現状把握が必須。
  25. 大きな借金があるなら、きちんと家族に打ち明けておくほうがいい。
    大きな借金があるなら、きちんと家族に打ち明けておくほうがいい。
  26. ファイナンシャルプランナーは、借金返済の心強い味方。
    ファイナンシャルプランナーは、借金返済の心強い味方。
  27. 借金癖と借金依存症は、似て非なるもの。
    借金癖と借金依存症は、似て非なるもの。
  28. 闇金融に手を出したら、終わり。
    闇金融に手を出したら、終わり。
  29. 借金をすべて返済できた直後が危ない。
    借金をすべて返済できた直後が危ない。
  30. 借金癖を直す最後の手段は、債務整理。
    借金癖を直す最後の手段は、債務整理。

同じカテゴリーの作品